[スポンサーリンク]

一般的な話題

フリー素材の化学イラストを使ってみよう!

[スポンサーリンク]

研究をしていると避けては通れないのが進捗報告や成果発表です。スライドやポスターを作る際に、「この器具の絵があるとわかりやすくなるんだけどな」「でも自分で描くのは難しい…」という経験がある方は多いのではないでしょうか。そんな時に便利なのが、インターネット上で配布されている「フリー素材」の活用です。フリー素材という言葉には厳密な定義が存在していない(と思います)が、一般的には、「その素材(画像や音楽など)の制作者が、第三者が(場合によっては条件付きで)そのコンテンツを利用することを許可している素材」であると筆者は解釈しています。

有名なフリー素材が「かわいいフリー素材集 いらすとや」の各種イラストです。いらすとやwebサイトの「ご利用について」のページには、いらすとやの配布素材は規約の範囲内であれば個人・法人・商用・非商用を問わず無料で利用可能であること、また素材の加工もOKであることが明記されています。ただし、作者の「みふねたかし」さんは著作権の放棄はされていないとのことで、そのことも同じページ内に明記されています。非常に多岐にわたる内容のイラストが老若男女どんな立場の人も使いやすいタッチで描かれて準備されており、いらすとやのイラストを公的な場で見かけることも少なくありません。

本記事のアイキャッチ画像にも、いらすとやの素材を使用させていただきました。

いらすとやwebサイトにも化学に関わるイラストが多数掲載されているのですが、「この器具のイラストを探していたけど見つからなかった…」「この操作のイラストがあったらいいのにな…」ということもあるかと思います。そこで今日は、化学系研究者に役立ちそうな素材サイトを2つご紹介します!

 

化学研究系フリー素材サイトの紹介

1, かがくイラスト 化学の素材屋さん

かがくイラスト 化学の素材屋さん」は、北海道大学の有機系研究室で技術員をされている「おやすみん」さんが制作・運営をされているフリー素材サイトです。化学系ラボに所属する方が作られているだけあって、ガスボンベのイラストであれば各種の気体が揃っていたり、コールドトラップはデュワー瓶の有る無しだけでなくデュワー瓶断面図付きバージョンが用意されていたり…と、かゆいところに手が届くラインナップになっています。割れたガラス器具のイラスト測定装置のイラストなどは、注意喚起用の掲示物を作成する際などにも活用できそうです。また、器具だけでなく分子のイラストや細胞のイラストも用意されています。筆者は、ポルフィリンのイラストがイチオシです。色使いやタッチがポップでとても可愛いです!

本記事のアイキャッチ画像では、左側の3つが「かがくイラスト 化学の素材屋さん」でダウンロードした素材です。

「かがくイラスト 化学の素材屋さん」に掲載されている素材画像は、個人・法人・商用・非商用を問わず基本的には無料で使用可とのことですが、一部禁止事項があるので規約をよく読んで活用しましょう。

なお、おやすみんさんは、化学系ゆるキャラ「そるべんつ」のLINEスタンプも制作・販売されています。こちらも非常に可愛らしいです!(ちなみに、様々な化学系LINEスタンプについて、過去のケムステ記事でも特集をしています!)

 

2. 研究.net 研究イラスト素材

WDB株式会社が運営するwebサイトである「研究.net」のコンテンツのひとつに「研究イラスト素材」があります。やや生物系実験に寄りぎみの内容が多いですが、HPLCのカラムやカラムの内蔵構造など、結構マニアックなイラストが用意されています。ページの先頭にダウンロードの方法を書いてくれているのが親切ですね!画像サイズは小さめですがイラストの印象がシャープで、カッチリした雰囲気の書類の作成時などに本領を発揮しそうです。なお、研究.net の「研究イラスト素材」は、個人・商用を問わず全て無料で使用可能である旨が記載されていますが、素材の再配布はご遠慮くださいとのことです。

本記事のアイキャッチ画像では、右側の3つが「研究.net 研究イラスト素材」でダウンロードした素材です。

おわりに

化学系のフリー素材サイト2つを紹介しました。これら以外にも様々な素材配布サイトがあります。見やすく伝わりやすい資料や掲示物を作成するために上手く活用できるとよいのではと思います。

研究者とイラストは親和性が高く、進捗報告や成果発表だけではなく、論文の表紙やTOCにイラストを使用している場合も多いです。(京都大学は、「プロに依頼する科学イラストのススメ」という資料を制作・公開されています。)描き手によってイラストの持つ雰囲気も大きく変わるので、自分がどんなイラストが好きか(自作する場合には、どんなイラストが得意か)ということを意識することも重要なのかなと思います。イラストは、研究の方法の説明時に役立つだけではなく、肉眼では見えない現象を扱う化学分野にとって研究のコンセプトや成果を伝える際にも強い味方になります。ぜひ、効果的なイラスト活用方法を探ってみてください。

 

関連リンク

かがくイラスト 化学の素材屋さん

研究.net

科学系のLINEスタンプを使おう!!(ケムステ記事)

キムワイプLINEスタンプを使ってみよう!(ケムステ記事)

荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る(ケムステ記事)

個性あふれるTOC大集合!(ケムステ記事)

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!(ケムステ記事)

人工プレゼン動画をつくってみた(ケムステ記事)

 

関連書籍

 

Shirataki

投稿者の記事一覧

目には見えない生き物の仕組みに惹かれ、生体分子の魅力を探っていこうとしています。ポスドクや科学館スタッフ、大学発ベンチャー研究員などを経て放浪中。

関連記事

  1. キラルアニオン相間移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-…
  2. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  3. 研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラムR…
  4. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  5. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  6. 接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介
  7. 環拡大で八員環をバッチリ攻略! pleuromutilinの全合…
  8. 2007年度イグノーベル賞決定

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  2. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  3. 九大発、化学アウトリーチのクラウドファンディング「光化学の面白さを中高生と共有したい!化学の未来をピカリと照らす!」
  4. 第20回次世代を担う有機化学シンポジウム
  5. 「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!
  6. 2021年ノーベル化学賞ケムステ予想当選者発表!
  7. alreadyの使い方
  8. 反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】
  9. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  10. 高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

最新記事

ノーベル化学賞受賞者に会いに行こう!「リンダウ・ノーベル賞受賞者会議」参加者募集中!

ドイツの保養地リンダウで毎年1週間程度の日程で開催される、リンダウ・ノーベル賞受賞者会議(Linda…

ゴードン会議に参加しました【アメリカで Ph.D. を取る: 国際学会の巻】

Gordon Research Conference (GRC, ゴードン研究会議) は、科学の様々…

ノーベル賞受賞者と語り合おう!「第16回HOPEミーティング」参加者募集!

今年もHOPEミーティング の参加者募集の時期がやって来ました。HOPEミーティングは、アジア・…

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP