[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction

 

概要

ハロゲン化アリールとシアン化銅(I)から芳香族ニトリルを合成する手法。高温は必要だが実験操作は簡便。

 

基本文献

 

反応機構

Rosenmund_vonBraun_2.gif

 

反応例

近年では銅を触媒量に減ずる手法も開発されている。[1] Rosenmund_vonBraun_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Zanon, J.; Klapars, A.; Buchwald, S. L. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 2890. DOI: 10.1021/ja0299708

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 水素化トリ(sec-ブチル)ホウ素リチウム/ナトリウム/カリウム…
  2. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photored…
  3. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Py…
  4. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  5. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  6. バーチ還元 Birch Reduction
  7. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylatio…
  8. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  2. ヒドラジン
  3. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  4. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  5. 学会会場でiPadを活用する①~手書きの講演ノートを取ろう!~
  6. ボリルヘック反応の開発
  7. 2012年分子生物学会/生化学会 ケムステキャンペーン
  8. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  9. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  10. Gabriel試薬類縁体

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP