[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction

 

概要

ハロゲン化アリールとシアン化銅(I)から芳香族ニトリルを合成する手法。高温は必要だが実験操作は簡便。

 

基本文献

 

反応機構

Rosenmund_vonBraun_2.gif

 

反応例

近年では銅を触媒量に減ずる手法も開発されている。[1] Rosenmund_vonBraun_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Zanon, J.; Klapars, A.; Buchwald, S. L. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 2890. DOI: 10.1021/ja0299708

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  2. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  3. コーンブルム酸化 Kornblum Oxidation
  4. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  5. メーヤワイン アリール化反応 Meerwein Arylatio…
  6. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…
  7. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidati…
  8. MT-スルホン MT-Sulfone

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー3
  3. アメリカ化学留学 ”実践編 ー英会話の勉強ー”!
  4. オカモト株式会社茨城工場
  5. 金属カルベノイドを用いるシクロプロパン化 Cyclopropanation with Metal Carbenoid
  6. N-ヘテロ環状カルベン / N-Heterocyclic Carbene (NHC)
  7. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  8. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・前編]
  9. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  10. 日本にノーベル賞が来る理由

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

PAGE TOP