[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ハロゲン化アリールとシアン化銅(I)から芳香族ニトリルを合成する手法。高温は必要だが実験操作は簡便。

 

基本文献

 

反応機構

Rosenmund_vonBraun_2.gif

 

反応例

近年では銅を触媒量に減ずる手法も開発されている。[1] Rosenmund_vonBraun_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Zanon, J.; Klapars, A.; Buchwald, S. L. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 2890. DOI: 10.1021/ja0299708

 

関連書籍

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  2. 有機テルル媒介リビングラジカル重合 Organotelluriu…
  3. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  4. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  5. ティシチェンコ反応 Tishchenko Reaction
  6. ステッター反応 Stetter reaction
  7. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  8. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一重項分裂 singlet fission
  2. シクロクラビン cycloclavine
  3. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation
  4. 科研費の審査員を経験して
  5. 超薄型、曲げられるMPU開発 セイコーエプソン
  6. BASFとはどんな会社?-1
  7. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  8. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  9. 「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より
  10. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Products: A Biosynthetic Approach)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

「誰がそのシャツを縫うんだい」~新材料・新製品と廃棄物のはざま~ 2

Tshozoです。前回の続き、②リチウムイオン電池についてです。なおこの関連の技術は進化が非常に早く…

炊きたてご飯の香り成分測定成功、米化学誌に発表 福井大学と福井県農業試験場

 福井大学と福井県農業試験場は、これまで難しいとされていた炊きたてご飯の香り成分の測定に成功したと米…

化学者のためのエレクトロニクス講座~配線技術の変遷編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

基礎材料科学

概要本書では,材料科学を「マルチスケールにわたる物質の階層性を理解し,その特性を人々の生活に…

第45回「天然物合成化学の新展開を目指して」大栗博毅教授

第45回目の研究者インタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者である、東京大学の大栗博毅先生にお…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP