[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von Braun Reaction

[スポンサーリンク]

 

概要

ハロゲン化アリールとシアン化銅(I)から芳香族ニトリルを合成する手法。高温は必要だが実験操作は簡便。

 

基本文献

 

反応機構

Rosenmund_vonBraun_2.gif

 

反応例

近年では銅を触媒量に減ずる手法も開発されている。[1] Rosenmund_vonBraun_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Zanon, J.; Klapars, A.; Buchwald, S. L. J. Am. Chem. Soc. 2003, 125, 2890. DOI: 10.1021/ja0299708

 

関連書籍

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxind…
  2. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  3. フェントン反応 Fenton Reaction
  4. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  5. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadswor…
  6. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  7. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporati…
  8. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-A…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シンポジウム・向山先生の思い出を語る会
  2. ピセン:Picene
  3. 第10回次世代を担う有機化学シンポジウムに参加してきました
  4. 第25回ケムステVシンポ「データサイエンスが導く化学の最先端」を開催します!
  5. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  6. (+)-フォーセチミンの全合成
  7. 第114回―「水生システムにおける化学反応と環境化学」Kristopher McNeill教授
  8. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF
  9. イヴァン・フック Ivan Huc
  10. Pure science

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2014年3月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

SNS予想で盛り上がれ!2022年ノーベル化学賞は誰の手に?

さてことしも9月半ば、ノーベル賞シーズンが到来します!化学賞は日本時間 10月5日(水) 18時45…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける予測モデルの解釈性を上げるには?

開催日:2022/09/28 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2022」を発表!

ノーベル賞発表時期が近づき、例年同様、クラリベイト・アナリティクス社から2022年の引用栄誉賞が発表…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R4

開講期間令和4(2022)年  9月28日(水)、29日(木)(計2日間)募集人員15名…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!

こんにちは、今回第31回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

理化学機器のリユースマーケット「ZAI」

不要になった理化学機器どうしていますか?大学だと資産や予算上の関係でなかなか処分に困るところ…

『主鎖むき出し』の芳香族ポリマーの合成に成功 ~長年の難溶性問題を解決~

第420回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院理学研究科理学専攻 物質・生命化学領域 有機化…

研究費総額100万円!30年後のミライをつくる若手研究者を募集します【academist】

みなさんの隣の研究室では、どのような研究者が、何の研究を進めているかご存知でしょうか。隣の研究室なら…

イグノーベル賞2022が発表:化学賞は無かったけどユニークな研究が盛りだくさん

今年もノーベル賞の季節がやってきました。今年の受賞者の予想に一部ではすでに盛り上がりを見せていますが…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP