[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収

 米製薬大手のファイザーは、感染予防薬に特化した製薬会社、バイキュロン・ファーマシューティカルズを19億ドルで買収すると発表した。バイキュロンの発行済み株式を一株当たり29.10ドルで購入する。今年9月をめどに買収手続きを完了する予定。 (引用:日本経済新聞)

 

買収によって、感染症予防薬を2種類、自社製品に加えるそうです。何処まで大きくなっていくのかファイザー。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  2. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  3. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  4. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  5. 光で動くモーター 世界初、東工大教授ら開発
  6. 「花粉のつきにくいスーツ」登場
  7. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  8. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イリジウム錯体:Iridium-complex
  2. 採用面接で 「今年の日本化学会では発表をしますか?」と聞けば
  3. 第20回「転んだ方がベストと思える人生を」ー藤田 誠教授
  4. アッペル反応 Appel Reaction
  5. ピンポン玉で分子模型
  6. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  7. ハネウェル社、アルドリッチ社の溶媒・無機試薬を販売へ
  8. トレハロースが癒着防止 手術に有効、東大など発表
  9. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  10. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP