[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収

 米製薬大手のファイザーは、感染予防薬に特化した製薬会社、バイキュロン・ファーマシューティカルズを19億ドルで買収すると発表した。バイキュロンの発行済み株式を一株当たり29.10ドルで購入する。今年9月をめどに買収手続きを完了する予定。 (引用:日本経済新聞)

 

買収によって、感染症予防薬を2種類、自社製品に加えるそうです。何処まで大きくなっていくのかファイザー。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 天然物化学談話会
  2. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  3. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の…
  4. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  5. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ
  6. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  7. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  8. 分子素子の働き せっけんで確認

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アステラス製薬、抗うつ剤の社会不安障害での効能・効果取得
  2. 亜鉛挿入反応へのLi塩の効果
  3. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成
  4. オルガテクノ大賞2005受賞者決定!
  5. Chemistry Reference Resolverをさらに便利に!
  6. 特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発
  7. ミッドランド還元 Midland Reduction
  8. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  9. 【速報】2015年ノーベル化学賞は「DNA修復機構の解明」に!
  10. ナイトレンの求電子性を利用して中員環ラクタムを合成する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP