[スポンサーリンク]

ケムステニュース

米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収

 米製薬大手のファイザーは、感染予防薬に特化した製薬会社、バイキュロン・ファーマシューティカルズを19億ドルで買収すると発表した。バイキュロンの発行済み株式を一株当たり29.10ドルで購入する。今年9月をめどに買収手続きを完了する予定。 (引用:日本経済新聞)

 

買収によって、感染症予防薬を2種類、自社製品に加えるそうです。何処まで大きくなっていくのかファイザー。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  2. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  3. アルツハイマー原因物質、緑茶成分に抑制機能・埼玉医大など
  4. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始
  5. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  6. 化学・バイオつくば財団賞:2研究が受賞 /茨城
  7. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  8. 傷んだ髪にタウリン…東工大などの研究で修復作用判明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. A-Phosパラジウム錯体
  2. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  3. なんだこの黒さは!光触媒効率改善に向け「進撃のチタン」
  4. ネッド・シーマン Nadrian C. Seeman
  5. 理系のための就活ガイド
  6. 室温でアルカンから水素を放出させる紫外光ハイブリッド触媒系
  7. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation
  8. 【悲報】HGS 分子構造模型 入手不能に
  9. 研究室クラウド設立のススメ(導入編)
  10. リンダウ会議に行ってきた③

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP