[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction

 

概要

クロロホルムとアルカリを用いて、フェノール誘導体にホルミル基を導入する反応。一般に、オルト位が反応したサリチルアルデヒド誘導体が主生成物となる。

基本文献

  • Reimer, K.; Tiemann, F. Ber. 1876, 9, 824, 1268, 1285.
  • Wynberg, H. Chem. Rev. 1960, 60, 169. DOI: 10.1021/cr60204a003
  • Wynberg, H.; Meijer, E. W. Org. React. 198228, 2.
  • Wynberg, H. Comprehensive Organic Synthesis 19912, 769.

 

反応機構

クロロホルムを塩基で処理するとα-脱離を経てジクロロカルベン種が生成する。これがフェノキシドと求電子的に反応する。
ar-al-1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  2. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  3. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  4. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  5. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovs…
  6. フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  7. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  8. コーリー・ニコラウ マクロラクトン化 Corey-Nicolao…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  2. 【書籍】「ルールを変える思考法」から化学的ビジネス理論を学ぶ
  3. ニコラス反応 Nicholas Reaction
  4. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  5. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  6. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  7. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  8. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  9. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  10. 4,7-ジブロモ-2,1,3-ベンゾチアジアゾール:4,7-Dibromo-2,1,3-benzothiadiazole

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP