[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction

 

概要

クロロホルムとアルカリを用いて、フェノール誘導体にホルミル基を導入する反応。一般に、オルト位が反応したサリチルアルデヒド誘導体が主生成物となる。

基本文献

  • Reimer, K.; Tiemann, F. Ber. 1876, 9, 824, 1268, 1285.
  • Wynberg, H. Chem. Rev. 1960, 60, 169. DOI: 10.1021/cr60204a003
  • Wynberg, H.; Meijer, E. W. Org. React. 198228, 2.
  • Wynberg, H. Comprehensive Organic Synthesis 19912, 769.

 

反応機構

クロロホルムを塩基で処理するとα-脱離を経てジクロロカルベン種が生成する。これがフェノキシドと求電子的に反応する。
ar-al-1.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  2. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  3. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  4. ジアゾメタン diazomethane
  5. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki G…
  6. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  7. カンプス キノリン合成 Camps Quinoline Synt…
  8. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidati…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 光で形を変える結晶
  2. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  3. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩前駆体
  4. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  5. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  6. MUKAIYAMA AWARD講演会
  7. ナノチューブを引き裂け! ~物理的な意味で~
  8. 円偏光スピンLEDの創製
  9. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  10. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP