[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

[スポンサーリンク]

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 北川 進 Susumu Kitagawa
  2. ベン・シェンBen Shen
  3. エリック・ジェイコブセン Eric N. Jacobsen
  4. レザ・ガディリ M. Reza Ghadiri
  5. イー・タン Yi Tang
  6. ウィリアム・モーナー William E. Moerner
  7. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  8. 浜地 格 Itaru Hamachi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  2. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  3. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentafluorophenyl) Carbonate
  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  5. テオ・グレイ Theodore Gray
  6. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  7. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  8. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  9. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  10. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP