[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  2. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  3. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  4. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  5. フレデリック・キッピング Frederic Stanley Ki…
  6. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  7. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  8. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フローリアクターでペプチド連結法を革新する
  2. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  3. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  4. 金よりも価値のある化学者の貢献
  5. 三井化学、機能性ポリマーのウェブサイト始動
  6. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation
  7. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水化学
  8. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation
  9. 一流の化学雑誌をいかにしてつくるか?
  10. ソープ・インゴールド効果 Thorpe-Ingold Effect

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP