[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

[スポンサーリンク]

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カルロス・バーバス Carlos F. Barbas III
  2. スティーブン・レイ Steven V. Ley
  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  4. アビシェック・チャッタージー Abhishek Chatterj…
  5. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  6. 原田 明 Akira Harada
  7. スコット・デンマーク Scott E. Denmark
  8. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・スティル John K. Stille
  2. 学会風景2001
  3. 中西香爾 Koji Nakanishi
  4. 学振申請書の書き方とコツ
  5. Reaction and Synthesis: In the Organic Chemistry Laboratory
  6. ケムステイブニングミキサー2018ー報告
  7. 有機合成化学協会誌2018年2月号:全アリール置換芳香族化合物・ペルフルオロアルキル化・ビアリール型人工アミノ酸・キラルグアニジン触媒・[1,2]-ホスファ-ブルック転位
  8. 深共晶溶媒 Deep Eutectic Solvent
  9. 動画で見れる!アメリカ博士留学生の一日
  10. ホストとゲスト?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

経営戦略を成功に導く知財戦略【実践事例集】

知財の力を使って経営戦略を成功に導くためのプロセスを詳細に記載した文献です。イノベーションの創出、事…

最新プリント配線板技術ロードマップセミナー開催発表!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行拡大に伴い、国内でも多くの学会やシンポジウムが中止…

荘司 長三 Osami Shoji

荘司 長三(しょうじ おさみ)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。名古屋大学理学部教授。…

合成化学者のための固体DNP-NMR

先日、2020年7月7日の第5回ケムステVシンポで山東先生による溶液DNP-NMRの利用に関するご講…

第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

第104回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・カーヘン教授です。ワイツマン研究所化学科・マテリア…

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP