[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  2. トーマス・レクタ Thomas Lectka
  3. ペッカ・ピューッコ Pekka Pyykkö
  4. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  5. 野依 良治 Ryoji Noyori
  6. リチャード・ヘンダーソン Richard Henderson 
  7. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  8. カール・ジェラッシ Carl Djerassi

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  2. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見
  3. ティフェノー・デミヤノフ転位 Tiffeneau-Demjanov Rearrangement
  4. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  5. ヒスチジン近傍選択的なタンパク質主鎖修飾法
  6. ウィリアム・ノールズ William S. Knowles
  7. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  8. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  9. 結晶構造に基づいた酵素機能の解明ーロバスタチン生合成に関わる還元酵素LovCー
  10. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

海外留学記第23回目は、前回22回目の研究記を掲載させていただいた小嶋良輔さんからの紹介で、Base…

太陽ホールディングスインターシップ

経営理念に共感し、自ら考え行動できる自律した人材と働きたい私たちは、楽しい社会を実現するという経…

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP