[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  2. 福山透 Tohru Fukuyama
  3. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  4. 大村 智 Satoshi Omura
  5. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  6. ジョナス・ピータース Jonas C. Peters
  7. カール・ダイセロス Karl Deisseroth
  8. エミリー・バルスカス Emily P. Balskus

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トリメチルロック trimethyl lock
  2. ハニートラップに対抗する薬が発見される?
  3. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bis(triphenylphosphine)palladium(II) Dichloride
  4. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉有機触媒
  5. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxirane
  6. マット・シェア Matthew D. Shair
  7. サイエンスアゴラの魅力を聞くー「日本蛋白質構造データバンク」工藤先生
  8. 硫黄配位子に安定化されたカルボンの合成
  9. アレクサンダー・リッチ Alexander Rich
  10. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP