[スポンサーリンク]

ケミカルバイオロジー

マーティン・ウィッテ Martin D. Witte

マーティン・D・ウイッテ (Martin D. Witte、1981年x月x日(タンザニア生)-)は、オランダの有機化学者・生化学者である。フローニンゲン大学助教授。(写真: Chemical Biology Group)

経歴

2009 ライデン大学 博士号取得(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2009-2010 ライデン大学 博士研究員(H. S. Overkleeft教授、G. A. van der Marel教授)
2010-2013 Whitehead Institute for Biomedical Research, 博士研究員(Hidde Ploegh教授)
2013- フローニンゲン大学 助教授

受賞歴

2009 KNCV Backer prize

研究概要

タンパク質・糖鎖などの生体分子選択的修飾法の開発、およびそれを用いる活性ベースプロテオミクス研究に取り組んでいる。

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 森田浩介 Kosuke Morita
  2. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauv…
  3. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke…
  4. ブルクハルト・ケーニッヒ Burkhard König
  5. ハリー・グレイ Harry B. Gray
  6. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  7. ディーン・トースト F. Dean Toste
  8. 槌田龍太郎 Ryutaro Tsuchida

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴェンキィ・ラマクリシュナン Venkatraman Ramakrishnan
  2. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう! 編~
  3. Rice cooker
  4. 二酸化セレン Selenium Dioxide
  5. 中性ケイ素触媒でヒドロシリル化
  6. 【追悼企画】水銀そして甘み、ガンへー合成化学、創薬化学への展開ー
  7. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  8. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  9. 化学者の卵に就職活動到来
  10. FM-AFMが実現!”溶ける”を原子レベルで直接観察

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP