[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

[スポンサーリンク]

 

先週末に行われました、センター試験。

筆者自身コレを受験したのはもう10年以上前のことなんで、高校化学かいやはや懐かしいなぁ、なんてことを思いながらニュースを見ておりました。

・・・ふと魔が差したのでしょう。この10年で自分の知識はどこまで違ったものになったんだろう、なーんてことを大人げなくも知りたくなってしまいました。

で、受験終了以来まったく意識の外にあったはずの、センター試験を解くという暴挙にでてしまうことに。さてさて・・・


時間を測って実際やってみたところ、見直し含めて40分で終了(制限時間60分)。
まぁ知識も増えてるハズだし、化学量変換なんて毎日嫌というほどやってる。スピード自体上がってるのは納得。うむ。でも計算は意外と大変だったけど。

で、解答速報を見ながら採点してみると・・・・ナニ!?83点・・・だと??

「わぁオマエ化学の専門家失格!」という声が真っ先に聞こえてきそうなのですが、いえいえ自分の専門は有機化学であって他分野の化学なんかではないのです、うんたらかんたら・・・と専門家たるものちゃんと逃げ道も用意できているのです、大丈夫大丈夫・・・でも有機化学で一つ間違ってるじゃないか!・・・うわぁこりゃもうすんませんすんませんとしか言いようがないぜ。

いやでも問題もアレなんですよちょっと言い訳聞いてくださいよそこの奥さん。

「2-プロパノールの構造異性体はそれを含めていくつあるか選べ」

みたいな問なんですよ。

現場レベルで有機化学に親しんでしまってると、官能基分類するクセがついてしまってて、もうこれは脊髄反射レベルで「1-プロパノールと2-プロパノールだろ!?」なんて思うわけですよ。

でも正解は3つで、エチルメチルエーテルもカウントしないといけないらしいと。

「マジで?ありえねぇ!」と思って構造異性体の定義をWikipediaで調べることまでしてしまいましたよ。うーむこの定義だと確かにそうなるのか・・・高校化学侮れない。っていうかエチルメチルエーテル試薬なんて見たことねぇよ!使える形で存在してんのかそんなもん!?

そして、”2-プロパノール”の部分にしても最初から明示されてるわけではなく、化合物の示性式と化学的性質から穴埋め推定してこなければいけないというシロモノ。それ以前の問が出来てないと後続問題は芋づる式にダメになるわけで・・・確かに解けるようには作られてますが、少々大変なんじゃないのですかこりは・・・予備校の分析でもやはり難問扱いだった模様。

あとこういう問題も。(東進解答速報のページより転載)

center_1.gif こんなの知らねぇ!ぶっちゃけ必要ない知識なんてもう忘れたよ!!金属元素分析にはICPEDXなんかを使うもんなんだよ現代では!確かに高校で習った記憶はあるけどさぁ・・・こんなだから化学は暗記モノでつまんねーとか言われちゃうんじゃねーのか・・・

・・・などと全く大人気ないことを0.5秒で思いましたが、出題されてしまったからには如何ともしがたいワケで。

「そんな理不尽に耐えてこそ、大学入学という栄光は勝ち取れる」ということなのでしょう。まぁ大学卒業したら、こんなのとは比べもようもない「人間社会の理不尽さ」が待っているんですけどね(笑)

今年のセンター化学は著しく難化したという話ですが、先端の現場にいる化学者でもこんな体たらくになるほどと思えば、納得いただけるでしょうか・・・それが受験問題の恐ろしさというものよ!・・・いやほんとヘタレですんません。

まぁ、ぶっちゃけマーク試験ってボクの肌には合わないんですよね!・・・くそぅ。

ちなみにほかの科目は怖くて手をつけてません・・・といいながらアイデンティティにまで関わる「化学」だけ解くのは自爆行為そのものですが。完璧に解けてもそれは当然なので良いこと無いし、解けなくてももっと良いこと無ぇ・・・

・・・まぁ今回の記事のネタになったから、そんで良しとしましょう。

こんなんでも化学の先端でナントカカントカやっていけてるんで、化学を志す若者の皆さんは、センターの点数なんて気にせず、安心して勉強続けてくださいね!(笑)

受験生の皆さんお疲れ様でした!

  • 関連リンク

センター試験解答速報 (東進ハイスクール)

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Natu…
  2. 分子構造を 3D で観察しよう (3):新しい見せ方
  3. 力学的エネルギーで”逆”クリック!
  4. 印象に残った天然物合成 2
  5. スイスの博士課程ってどうなの?2〜ヨーロッパの博士課程に出願する…
  6. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  7. BO triple bond
  8. SciFinder Future Leaders 2017: プ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2011年日本化学会各賞発表-学会賞-
  2. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  3. 1,2-還元と1,4-還元
  4. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ
  5. ピエトロ・ビギネリ Pietro Biginelli
  6. カリオフィレン /caryophyllene
  7. 工学的応用における小分子キラリティーの付加価値: Nature Rev. Chem. 2017-6/7月号
  8. コロナウイルス関連記事 まとめ
  9. ワッカー酸化 Wacker oxidation
  10. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol Oxidative Cleavage

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP