[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた

[スポンサーリンク]

 

先週末に行われました、センター試験。

筆者自身コレを受験したのはもう10年以上前のことなんで、高校化学かいやはや懐かしいなぁ、なんてことを思いながらニュースを見ておりました。

・・・ふと魔が差したのでしょう。この10年で自分の知識はどこまで違ったものになったんだろう、なーんてことを大人げなくも知りたくなってしまいました。

で、受験終了以来まったく意識の外にあったはずの、センター試験を解くという暴挙にでてしまうことに。さてさて・・・


時間を測って実際やってみたところ、見直し含めて40分で終了(制限時間60分)。
まぁ知識も増えてるハズだし、化学量変換なんて毎日嫌というほどやってる。スピード自体上がってるのは納得。うむ。でも計算は意外と大変だったけど。

で、解答速報を見ながら採点してみると・・・・ナニ!?83点・・・だと??

「わぁオマエ化学の専門家失格!」という声が真っ先に聞こえてきそうなのですが、いえいえ自分の専門は有機化学であって他分野の化学なんかではないのです、うんたらかんたら・・・と専門家たるものちゃんと逃げ道も用意できているのです、大丈夫大丈夫・・・でも有機化学で一つ間違ってるじゃないか!・・・うわぁこりゃもうすんませんすんませんとしか言いようがないぜ。

いやでも問題もアレなんですよちょっと言い訳聞いてくださいよそこの奥さん。

「2-プロパノールの構造異性体はそれを含めていくつあるか選べ」

みたいな問なんですよ。

現場レベルで有機化学に親しんでしまってると、官能基分類するクセがついてしまってて、もうこれは脊髄反射レベルで「1-プロパノールと2-プロパノールだろ!?」なんて思うわけですよ。

でも正解は3つで、エチルメチルエーテルもカウントしないといけないらしいと。

「マジで?ありえねぇ!」と思って構造異性体の定義をWikipediaで調べることまでしてしまいましたよ。うーむこの定義だと確かにそうなるのか・・・高校化学侮れない。っていうかエチルメチルエーテル試薬なんて見たことねぇよ!使える形で存在してんのかそんなもん!?

そして、”2-プロパノール”の部分にしても最初から明示されてるわけではなく、化合物の示性式と化学的性質から穴埋め推定してこなければいけないというシロモノ。それ以前の問が出来てないと後続問題は芋づる式にダメになるわけで・・・確かに解けるようには作られてますが、少々大変なんじゃないのですかこりは・・・予備校の分析でもやはり難問扱いだった模様。

あとこういう問題も。(東進解答速報のページより転載)

center_1.gif こんなの知らねぇ!ぶっちゃけ必要ない知識なんてもう忘れたよ!!金属元素分析にはICPEDXなんかを使うもんなんだよ現代では!確かに高校で習った記憶はあるけどさぁ・・・こんなだから化学は暗記モノでつまんねーとか言われちゃうんじゃねーのか・・・

・・・などと全く大人気ないことを0.5秒で思いましたが、出題されてしまったからには如何ともしがたいワケで。

「そんな理不尽に耐えてこそ、大学入学という栄光は勝ち取れる」ということなのでしょう。まぁ大学卒業したら、こんなのとは比べもようもない「人間社会の理不尽さ」が待っているんですけどね(笑)

今年のセンター化学は著しく難化したという話ですが、先端の現場にいる化学者でもこんな体たらくになるほどと思えば、納得いただけるでしょうか・・・それが受験問題の恐ろしさというものよ!・・・いやほんとヘタレですんません。

まぁ、ぶっちゃけマーク試験ってボクの肌には合わないんですよね!・・・くそぅ。

ちなみにほかの科目は怖くて手をつけてません・・・といいながらアイデンティティにまで関わる「化学」だけ解くのは自爆行為そのものですが。完璧に解けてもそれは当然なので良いこと無いし、解けなくてももっと良いこと無ぇ・・・

・・・まぁ今回の記事のネタになったから、そんで良しとしましょう。

こんなんでも化学の先端でナントカカントカやっていけてるんで、化学を志す若者の皆さんは、センターの点数なんて気にせず、安心して勉強続けてくださいね!(笑)

受験生の皆さんお疲れ様でした!

  • 関連リンク

センター試験解答速報 (東進ハイスクール)

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ニセ試薬のサプライチェーン
  2. タンパクの「進化分子工学」とは
  3. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  4. ダイアモンドの双子:「神話」上の物質を手のひらに
  5. 【日本精化】化粧品・医薬品の原料開発~「キレイ」のチカラでみんな…
  6. 化学のあるある誤変換
  7. 反芳香族性を示すπ拡張アザコロネン類の合成に成功
  8. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルキンメタセシスで誕生!HPB to γ-グラフィン!
  2. ウギ反応 Ugi Reaction
  3. 薬剤師国家試験にチャレンジ!【有機化学編その2】
  4. アブノーマルNHC
  5. サム・ゲルマン Samuel H. Gellman
  6. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  7. 第28回光学活性化合物シンポジウム
  8. IRの基礎知識
  9. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  10. 第118回―「糖鎖のケミカルバイオロジーを追究する」Carolyn Bertozzi教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年1月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

注目情報

最新記事

【9月開催】第1回 マツモトファインケミカル技術セミナー 有機チタン、ジルコニウムが使用されている世界は?-オルガチックスの用途例紹介-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

超分子ランダム共重合を利用して、二つの”かたち”が調和されたような超分子コポリマーを造り、さらに光反応を利用して別々の”かたち”に分ける

第407回のスポットライトリサーチは、千葉大学大学院 融合理工学府 先進理化学専攻 共生応用化学コー…

セレンディピティ:思いがけない発見・発明のドラマ

hodaです。今回は1993年に刊行され、2022年7月に文庫化された書籍について書いていき…

第29回 ケムステVシンポ「論文を書こう!そして…」を開催します

コロナ禍による規制も少しずつ緩和されてきて、逆にオンライン会議が逆に少し恋しくなっている今日この頃か…

マテリアルズ・インフォマティクス活用検討・テーマ発掘の進め方 -社内促進でつまずやすいポイントや解決策を解説-

開催日:2022/08/24 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

高分子固体電解質をAIで自動設計

第406回のスポットライトリサーチは、早稲田大学 先進理工学部 応用化学科 小柳津・須賀研究室の畠山…

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP