[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第一稀元素化学工業、燃料電池視野に新工場

ジルコニウム第一稀元素化学工業はファインセラミックスや触媒などに使われるジルコニウム化合物の新工場を福井県に建設する。光通信用コネクター向けなど電子部品関連の需要増に対応するとともに、今後の市場拡大が期待できる燃料電池材料での供給余力を高める狙い。投資額は40億円で2007年秋の稼働を目指す。(引用:日本経済新聞)

ジルコニウムはチタンと同族の元素でチタンと類似した性質を示します。


 

関連リンク

 

ジルコニウムについて

ジルコニウム化合物シリーズ

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  2. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  3. 学士院賞:数論幾何学の加藤和也京大大学院教授ら10人に
  4. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  5. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  6. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  7. ラスカー賞に遠藤章・東京農工大特別栄誉教授
  8. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応
  2. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  3. 二段励起型可視光レドックス触媒を用いる還元反応
  4. 文献管理ソフトを徹底比較!
  5. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  6. 114番元素と116番元素が正式認可される
  7. アメリカ化学留学 ”立志編 ー留学の種類ー”!
  8. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  9. リチウムイオン電池のはなし~1~
  10. 教科書を書き換えるか!?ヘリウムの化合物

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学

この度、関東化学株式会社は水分1ppm以下を保証する脱水溶媒を発売開始致します。この水分保証…

徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)

今年もセンター試験が終わりました。大雪の問題など気象的に厳しかったかも知れませんが、受験生の皆さ…

「関東化学」ってどんな会社?

1944年(昭和19年)の設立以来、研究分野で使われる多種多様の薬品を市場に供給することで社会に貢献…

光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成

2017年、カリフォルニア大学アーヴァイン校・Larry E. Overmanらは、可視光レドックス…

池袋PARCOで「におい展」開催

「カメムシ」「腐豆腐」「シュールストレミング」――普段は嗅ぐ機会はないが、嗅いでみたい臭いを体験でき…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP