[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

アーウィン・ローズ Irwin A. Rose

irwin_rose.jpg

(写真:www.chem.uci.edu)

 アーウィン・ローズ (Irwin A. Rose、1926年7月16日 -)は、アメリカの生化学者である。
カリフォルニア大学アーバイン校教授。
 「ユビキチン介在型タンパク質分解過程の発見」によって、2004年ノーベル化学賞をアーロン・チカノーヴァー、アブラハム・ハーシュコと共同受賞。

  • 経歴

19xx ワシントン大学
1948 シカゴ大学 学士号取得
1952 シカゴ大学 博士号取得
19xx フォックスチェース癌センター
19xx カリフォルニア大学アーバイン校

  • 受賞歴

2004 ノーベル化学賞

  • 研究概要

ユビキチン・プロテアソーム系を介するタンパク質分解過程の発見

  • 関連動画

  • 名言集

  • 関連文献
[1] Hershko, A.; Ciechanover, A.; Rose, I. A. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 1979, 76, 3107.

  • 関連書籍
  • 関連リンク

アーウィン・ローズ – Wikipedia

Irwin Rose – Wikipedia

Irwin Rose Autobiography (nobelprize.org)

2004年ノーベル化学賞 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 新海征治 Seiji Shinkai
  2. クリストフ・マチャゼウスキー Krzysztof Matyjas…
  3. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  4. トーマス・ホイ Thomas R. Hoye
  5. 山本 尚 Hisashi Yamamoto
  6. ベン・シェンBen Shen
  7. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  8. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 05日
    トラックバック:2015年化学10大新闻荟萃

注目情報

ピックアップ記事

  1. どっちをつかう?:cooperateとcollaborate
  2. 1,3-ビス[(2,2-ジメチル-1,3-ジオキサン-5-イル)オキシ]-2-プロパノール : 1,3-Bis[(2,2-dimethyl-1,3-dioxan-5-yl)oxy]-2-propanol
  3. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  4. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  5. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  6. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  7. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋
  8. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  9. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  10. アスパルテーム /aspartame

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP