[スポンサーリンク]

ケムステニュース

独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却

メルク株式会社(本社東京、社長クラウス ディール)の親会社であるメルクKGaA(本社ドイツ ダルムシュタット市、社長 ベルンハルト ショイブレ)は1月末、同社の世界における電子工業用薬品事業を2億7,000万ユーロでBASFに売却し、医薬品と化成品事業における革新的な事業への集中を更に推進すると発表した。実際の事業売却は当局によるトラスト法関連の審査を経た後の本年第2四半期になる模様である。この決定は、医薬品と化成品分野における革新的な事業に集中し、焦点を絞った多角化を目指すことにより長期的な収益を志向するというメルクのビジネス戦略に沿ったものである。尚、メルクは事業売却後も約3年間同社の本社工場でBASFに供給する電子工業用薬品の生産を継続する。(引用:日本経済新聞

 

メルクの製品といえば私はTLC(薄層クロマトグラフィー)を思い浮かべます。
日本の萬有製薬のバックにいる非常に大きな企業は米メルクです。元は同じでしたが、独メルクから分かれた全く別会社です。ちなみに、メルクという名前の由来は創業者の名前です。

ところで、電子工業用薬品といわれてもなかなか想像できないですね。 高純度の硝酸、アンモニア水などの薬品やエッチング液(不必要な部分の金属等を溶解させて取り去り液体)やレジスト用剥離液、洗浄液などのことを言うそうです。

関連書籍 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  2. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  3. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  4. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  5. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  6. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  7. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進
  8. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アッペル反応 Appel Reaction
  2. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  3. 光触媒ラジカル付加を鍵とするスポンギアンジテルペン型天然物の全合成
  4. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  5. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  6. ナノ粒子で疾病の発生を容易に追跡
  7. 2011年ノーベル化学賞予測―トムソン・ロイター版
  8. チアゾリジンチオン
  9. Wolfram|Alphaでお手軽物性チェック!「Reagent Table Widget」
  10. 前人未踏の超分子構造体を「数学のチカラ」で見つけ出す

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP