[スポンサーリンク]

日本人化学者インタビュー

第三回 北原武教授ー化学と生物の融合、ものつくり

[スポンサーリンク]

第3回目は第一回目の福山透先生からのご紹介で、帝京平成大学薬学部(東京大学名誉教授)の北原武先生にインタビューを行ないました。北原先生は博士研究員時代のダニシェフスキージエンの開発で有名ですが、東大時代に行われていた植物生理・ホルモン関連物質、植物保護物質を中心とした全合成研究を行って来ました。数々のすばらしい業績で今年度の日本学士院賞も受賞しております。それではご覧ください!

 

Q. あなたが化学者になった理由は?

Q1とQ2は関連していますので、併せて答だと思って下さい。なお、東大教養学部進学情報センター2002年度シンポジウム“わたしが学問に目覚めた時”で話した骨子をまとめた小文“人生は偶然と出会い:私の選んだ道”がセンターニュースに載っており、ネット上(http://park.itc.u-tokyo.ac.jp/agc/news/32/kitahara.html)で公開されておりますので,参照ください。田舎の山奥で育った貧しい時代に,偶然に大学まで進学させてもらえる幸運に恵まれた時、Q2 の答にあるような好きだった国語や歴史では飯が食えない、次ぎに面白いと思った理系の化学をやれば高度成長の波に乗って技術屋として豊かになれるのではという,不純な動機です。

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

子供の頃から本を読むことにかけては、人後に落ちない自信があります。ひ弱だった中学2年の時に風邪を引いて2週間くらい学校を休んだ際、姉が買ってくれた司馬遷の“史記”物語を面白くて繰り返し読み、内容をほぼ完璧に暗記しました。その後、十八史略等を読んで中国史に興味を持った歴史大好き人間です。今なら歴史を選ぶかも知れませんが、中国史に限らず、シルクロードとか、トルコ周辺とか東西交流の要所で興亡の激しい地域も面白そうですね。

 

Q. 現在、どんな研究をしていますか?また、どのように展開していきたいですか?

現在は,定年退官後いくつかの大学で、有機化学や基礎化学の講義をすることが主ですので、第一線からは離れているというのが正直なところです。 唯、どうしても続けていたい研究が二つあり、研究顧問をさせて戴いている企業の研究所で協力してもらっています。 1)不毛なアルカリ土壌での植物育成を目指すムギネ酸関連物質の合成と機能の開発。(植物生理学者との共同研究) 2)山羊の行動(性的も含めた)を支配するフェロモンの同定と機能の探求。(獣医生理学者との共同研究)

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

日本人では江戸時代の“名君、上杉鷹山”外国人ではルネッサンス期の“万能の天才、レオナルド・ダ・ウィンチ”です。 小学生の頃、非常に多くの偉人伝を読み,いずれも感動しました。(当時の本ですから脚色,誇張もあったかも知れない) 中でも,このお二人の伝記には非常に感銘を受けました。私は貧乏農家の子供でしたから,とくに養子であった鷹山(といっても藩の君主ですが)がほとんど破綻した藩財政を立て直していく強烈な苦闘の過程(弱者を犠牲にする現代のリストラとは志が違う)に感動したのです。大人になって、鷹山の伝記小説を色々読み直しましたが(特に藤沢周平著「漆の実のみのる国」が良い)やはり間違いありません。ダヴィンチの絵は本物はモナリザとその他の小品をルーブルで見ただけですが、最後の晩餐(徳島の大塚陶板美術館にある絵はすてきでした)を描く過程での苦悩などを伝記で読んで,会ってみたいと思った次第です。

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

私は50才くらいまで実験をしていました。最後は,キチナーゼ阻害剤である“アロサミジン”の疑似糖部分アロサミゾリンを合成する為に必要な置換ビニルシクロペンタンアルデヒドを、グルコサミン誘導体である6-ヨードメチルアセタールから亜鉛末還元により開裂して合成する反応です。

目的物の大量合成を目指し、先端を共同研究者である大学院生にしてもらい,私が得意とする中間体の大量供給をやりました。ところが、精製した亜鉛とエタノールでは,小スケールでは上手くいきますが、大量化すると極端に収率が低下すると報告を受けました。攪拌とか亜鉛の精製とか溶媒選択とか色々やりましたが、上手くいきません。ついに、業を煮やして、私自身で溶媒を思い切ってTHFにしてプロトン源に水を少し(1.5%;これを見つけ出した経緯が面白いが、ここでは述べません)入れてやったところ少量では80%、2-30グラムでも70%弱で進行することを見つけ、大量供給が可能となりました。

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

本は一つは困りますが、藤沢周平の時代小説が大好きです。彼の死後これに代わる作家がいないのは残念。仕方がないので彼のは全部持って行って読み直します。 他には、史記、論語、十八史略、サマセットモームの全作品、夏目漱石全集を読み直します。一つでなくてまずいですか。 音楽は,昭和二十年代以降のヒット演歌懐メロ全集CDセットおよび永遠のバロック音楽全集CDセットがあれば結構です。両方必要です。

Q. 次にインタビューをして欲しい人を紹介してください。

ピッツバーグ時代からの畏友、生涯のライバル西沢麦夫さんと言いたいけれど,Chem-Stationでもすでに取り上げておられるように逝去されてしまいました。
他にもいっぱい居ますが、私が敬愛する友人、知り合いのお三方を挙げておきます。
奈良坂紘一、香月勗、林民夫の三先生です。

関連リンク

東京大学大学院農学生命科学研究科有機化学研究室:現在渡邊秀典教授。Member内に北原教授の略歴有り。
日本学士院賞の決定について:日本学士院。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第72回―「タンパク質と融合させた高分子材料」Heather M…
  2. 第37回「トリプレットでないと達成できない機能を目指して」楊井 …
  3. 第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教…
  4. 第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nichola…
  5. 第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Car…
  6. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Ma…
  7. 第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Wate…
  8. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和な付加環化反応
  2. 大村 智 Satoshi Omura
  3. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  4. C70の中に水分子を閉じ込める
  5. 紅麹問題に進展。混入物質を「プベルル酸」と特定か!?
  6. スケールアップで失敗しないために 反応前の注意点
  7. 第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授
  8. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  9. C–C, C–F, C–Nを切ってC–N, C–Fを繋げるβ-フルオロアミン合成
  10. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

電子のスピンに基づく新しい「異性体」を提唱―スピン状態を色で見分けられる分子を創製―

第614回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科(松田研究室)の清水大貴 助教にお願い…

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP