[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル賞・田中さん愛大で講義

[スポンサーリンク]

 

SSC合格の高校生
「発想力すごい」目を輝かせ受講

ノーベル化学賞受賞者で、愛媛大客員教授でもある田中耕一さん(45) が15日、松山市文京町の同大学で研究員らに向けて講義をした。 4月から開講する「スーパーサイエンス特別コース(SSC)」 に合格している高校生も参加。 「発想力がすごい。 目標になります」 と目を輝かせた。

SSCは、世界で通用する科学者を育てようと学部から大学院博士課程まで一貫して学ぶ特別コース。 県内をはじめ、徳島や岡山から12人が合格している。 受講したのはSSCの合格者のほか、無細胞生命科学工学研究センターの教員や大学院生ら計約40人。

田中さんは、ノーベル賞を受賞した「たんぱく質の質量分析法」 を解説。 新しいたんぱく質の研究方法などについて持論を展開した。(引用:朝日新聞ー愛媛

 

 

関連書籍

 


田中耕一の「自分を活かす」術

 

50の視点から描く世界一有名な変人の仕事。「自分を企業で活かす」ために、出世は望まず、日々研究を続けてノーベル化学賞受賞。サラリーマン技術者が社外から認められ、「控えめ」な個性を輝かせるまで!

 


理科室から生まれたノーベル賞―田中耕一ものがたり

 

小学校の理科の実験が「ノーベル賞」の出発点だった! 2002年10月、ノーベル化学賞を受賞した田中耕一の少年時代からノーベル化学賞受賞までをあざやかにえがいた、感動のノンフィクション。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 保護により不斉を創る
  2. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  3. 自動車のスリ傷を高熱で自己修復する塗料
  4. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  5. 台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕
  6. 相次ぐ”業務用洗剤”による事故
  7. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  8. メガネが不要になる目薬「Nanodrops(ナノドロップス)」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ステープルペプチド Stapled Peptide
  2. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  3. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  4. ロイカート・ヴァラッハ反応 Leuckart-Wallach Reaction
  5. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde
  6. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  7. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  8. どっちをつかう?:adequateとappropriate
  9. アメリカで Ph.D. を取る -Visiting Weekend 参加報告 (前編)-
  10. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP