[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める

水素が高濃度に含まれているなどとして販売されている「水素水」やその生成器の一部の商品で、販売する会社のホームページや商品パッケージで健康効果をうたうものがあり、健康増進法や景品表示法に抵触する恐れがあるとして、国民生活センターが業者に文言の改善を要望したと15日、発表した。 (引用:産経新聞12月16日)

水素は水に最大1.57 ppmしか溶けず、人体への劇的な効果は到底期待できないにもかかわらず、大手メーカーをも巻き込んで一大ブームとなった水素水ですが、ついに国民生活センターからお達しが出たようです。この決定に際し、同センターでは調査を行ったようで、下記のような結果が報告されています。

  • パッケージに水素濃度が書かれている5商品のうち、3商品は記載より濃度が低かった。水素濃度が表示されていない5商品のうち、2商品からは水素ガスが検出されなかった。
  • 商品を開封すると24時間後には、水素濃度は10%になった。開封していなくても一か月後には、水素濃度がやや低下した。
  • ほとんどの商品パッケージには、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するような表現で効能の記載があった。
  • 事業者へのアンケートで生成器で水素を生成させると、水素以外にも酸素、遊離塩素、水酸化物イオン、プラチナコロイドが生成するとの回答があった!
  • 事業者へのアンケートで水素水の飲用により期待できる効果は、「水分補給」が最も多い回答だった!

お前は何を言っているんだ!

ぜひ消費者の方々には正しい化学の知識を持ち、商品パッケージの甘い言葉に騙されず、怪しいものに無駄なお金をかけないようにしてほしいものです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォ…
  2. 日本コンピュータ化学会2005秋季年会
  3. 日本化学会、論文無料公開へ新方式
  4. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  5. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏…
  6. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  7. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  8. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見

コメント

    • 通りすがりの高校生です。
    • 2016年 12月 17日

    国民生活センターの原文の14ページに、「表7.水素以外に生成される物質」があったのですが、そのなかの、酸素、遊離塩素、水酸化物イオンは電気分解しているのだろうと推測出来るのですが、プラチナコロイドができる旨の回答があったことが示されており、わけがわかりませんでした。詳しい説明を与えることができればお願いします。

    • Zeolinite
      • Zeolinite
      • 2016年 12月 18日

      コメントありがとうございます。水素以外の生成物に関して、本文を修正させていただきました。
      プラチナコロイドですが、電極にプラチナを使っていて、電気分解中にごく微量が溶出するという考えなのではないでしょうか。もちろん、ほぼ溶出しないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  2. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  3. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  4. 論文執筆ABC
  5. 重いキノン
  6. 2012年ケムステ人気記事ランキング
  7. 近況報告PartI
  8. アレーン類の直接的クロスカップリング
  9. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  10. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

今回は、Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位といった反応を取り上げま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP