[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める

水素が高濃度に含まれているなどとして販売されている「水素水」やその生成器の一部の商品で、販売する会社のホームページや商品パッケージで健康効果をうたうものがあり、健康増進法や景品表示法に抵触する恐れがあるとして、国民生活センターが業者に文言の改善を要望したと15日、発表した。 (引用:産経新聞12月16日)

水素は水に最大1.57 ppmしか溶けず、人体への劇的な効果は到底期待できないにもかかわらず、大手メーカーをも巻き込んで一大ブームとなった水素水ですが、ついに国民生活センターからお達しが出たようです。この決定に際し、同センターでは調査を行ったようで、下記のような結果が報告されています。

  • パッケージに水素濃度が書かれている5商品のうち、3商品は記載より濃度が低かった。水素濃度が表示されていない5商品のうち、2商品からは水素ガスが検出されなかった。
  • 商品を開封すると24時間後には、水素濃度は10%になった。開封していなくても一か月後には、水素濃度がやや低下した。
  • ほとんどの商品パッケージには、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するような表現で効能の記載があった。
  • 事業者へのアンケートで生成器で水素を生成させると、水素以外にも酸素、遊離塩素、水酸化物イオン、プラチナコロイドが生成するとの回答があった!
  • 事業者へのアンケートで水素水の飲用により期待できる効果は、「水分補給」が最も多い回答だった!

お前は何を言っているんだ!

ぜひ消費者の方々には正しい化学の知識を持ち、商品パッケージの甘い言葉に騙されず、怪しいものに無駄なお金をかけないようにしてほしいものです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  2. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  3. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学
  4. 第32回生体分子科学討論会 
  5. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  6. ピンポン玉で分子模型
  7. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  8. 第15回光学活性シンポジウム

コメント

    • 通りすがりの高校生です。
    • 2016年 12月 17日

    国民生活センターの原文の14ページに、「表7.水素以外に生成される物質」があったのですが、そのなかの、酸素、遊離塩素、水酸化物イオンは電気分解しているのだろうと推測出来るのですが、プラチナコロイドができる旨の回答があったことが示されており、わけがわかりませんでした。詳しい説明を与えることができればお願いします。

    • Zeolinite
      • Zeolinite
      • 2016年 12月 18日

      コメントありがとうございます。水素以外の生成物に関して、本文を修正させていただきました。
      プラチナコロイドですが、電極にプラチナを使っていて、電気分解中にごく微量が溶出するという考えなのではないでしょうか。もちろん、ほぼ溶出しないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 多才な補酵素:PLP
  2. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  3. 「引っ張って」光学分割
  4. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」
  5. 寺崎 治 Osamu Terasaki
  6. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  7. あなたの天秤、正確ですか?
  8. ストックホルム市庁舎
  9. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  10. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応

今回は、Mannich 反応を出発として、Borch 還元的アミノ化反応や Strecker アミノ…

ガン細胞を掴んで離さない分子の開発

第88回目のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)の生体模倣ソフトマターユニッ…

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウム

第5回慶應有機合成化学若手シンポジウムの御案内   有機合成・反応化学、天然物化学・ケミカルバイ…

Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践レシピ

キッチンへ足を踏み入れたそのときから、あなたは知らず知らずのうちに物理学者となり、化学者ともなっ…

光触媒が可能にする新規C-H/N-Hカップリング

こんにちは、ケムステ読者の皆様はいかがお過ごしでしょうか。筆者はこの時期、化学会年会の終わりで一年の…

元素紀行

先日、こんな記事を読みました。内容を一言で申せば、筆者の前川ヤスタカさんご自身の著書タイトルである「…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP