[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める

水素が高濃度に含まれているなどとして販売されている「水素水」やその生成器の一部の商品で、販売する会社のホームページや商品パッケージで健康効果をうたうものがあり、健康増進法や景品表示法に抵触する恐れがあるとして、国民生活センターが業者に文言の改善を要望したと15日、発表した。 (引用:産経新聞12月16日)

水素は水に最大1.57 ppmしか溶けず、人体への劇的な効果は到底期待できないにもかかわらず、大手メーカーをも巻き込んで一大ブームとなった水素水ですが、ついに国民生活センターからお達しが出たようです。この決定に際し、同センターでは調査を行ったようで、下記のような結果が報告されています。

  • パッケージに水素濃度が書かれている5商品のうち、3商品は記載より濃度が低かった。水素濃度が表示されていない5商品のうち、2商品からは水素ガスが検出されなかった。
  • 商品を開封すると24時間後には、水素濃度は10%になった。開封していなくても一か月後には、水素濃度がやや低下した。
  • ほとんどの商品パッケージには、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するような表現で効能の記載があった。
  • 事業者へのアンケートで生成器で水素を生成させると、水素以外にも酸素、遊離塩素、水酸化物イオン、プラチナコロイドが生成するとの回答があった!
  • 事業者へのアンケートで水素水の飲用により期待できる効果は、「水分補給」が最も多い回答だった!

お前は何を言っているんだ!

ぜひ消費者の方々には正しい化学の知識を持ち、商品パッケージの甘い言葉に騙されず、怪しいものに無駄なお金をかけないようにしてほしいものです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 新薬と併用、高い効果
  2. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  3. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  4. レッドブルから微量のコカインが検出される
  5. 名大・山本名誉教授に 「テトラへドロン賞」 有機化学分野で業績
  6. 第六回サイエンス・インカレの募集要項が発表
  7. 実現思いワクワク 夢語る日本の化学者
  8. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

コメント

    • 通りすがりの高校生です。
    • 2016年 12月 17日

    国民生活センターの原文の14ページに、「表7.水素以外に生成される物質」があったのですが、そのなかの、酸素、遊離塩素、水酸化物イオンは電気分解しているのだろうと推測出来るのですが、プラチナコロイドができる旨の回答があったことが示されており、わけがわかりませんでした。詳しい説明を与えることができればお願いします。

    • Zeolinite
      • Zeolinite
      • 2016年 12月 18日

      コメントありがとうございます。水素以外の生成物に関して、本文を修正させていただきました。
      プラチナコロイドですが、電極にプラチナを使っていて、電気分解中にごく微量が溶出するという考えなのではないでしょうか。もちろん、ほぼ溶出しないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. セレノネイン selenoneine
  2. 目指せ!! SciFinderマイスター
  3. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanum(III) Trifluoromethanesulfonate
  4. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  5. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annulation
  6. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  7. 次世代の放射光施設で何が出来るでしょうか?
  8. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  9. 日本化学会第85回春季年会
  10. 最新ペプチド合成技術とその創薬研究への応用

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

「電子の動きを視る」ーマックス・プランク研究所・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

キラルアニオン相関移動-パラジウム触媒系による触媒的不斉1,1-ジアリール化反応

2016年、ユタ大学・Matthew S. Sigmanらは、電子不足末端アルケンのエナンチオ選択的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP