[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善求める

水素が高濃度に含まれているなどとして販売されている「水素水」やその生成器の一部の商品で、販売する会社のホームページや商品パッケージで健康効果をうたうものがあり、健康増進法や景品表示法に抵触する恐れがあるとして、国民生活センターが業者に文言の改善を要望したと15日、発表した。 (引用:産経新聞12月16日)

水素は水に最大1.57 ppmしか溶けず、人体への劇的な効果は到底期待できないにもかかわらず、大手メーカーをも巻き込んで一大ブームとなった水素水ですが、ついに国民生活センターからお達しが出たようです。この決定に際し、同センターでは調査を行ったようで、下記のような結果が報告されています。

  • パッケージに水素濃度が書かれている5商品のうち、3商品は記載より濃度が低かった。水素濃度が表示されていない5商品のうち、2商品からは水素ガスが検出されなかった。
  • 商品を開封すると24時間後には、水素濃度は10%になった。開封していなくても一か月後には、水素濃度がやや低下した。
  • ほとんどの商品パッケージには、医薬品医療機器等法や健康増進法や景品表示法に抵触するような表現で効能の記載があった。
  • 事業者へのアンケートで生成器で水素を生成させると、水素以外にも酸素、遊離塩素、水酸化物イオン、プラチナコロイドが生成するとの回答があった!
  • 事業者へのアンケートで水素水の飲用により期待できる効果は、「水分補給」が最も多い回答だった!

お前は何を言っているんだ!

ぜひ消費者の方々には正しい化学の知識を持ち、商品パッケージの甘い言葉に騙されず、怪しいものに無駄なお金をかけないようにしてほしいものです。

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  4. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  5. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  6. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  7. 「さびない鉄」産業界熱視線
  8. 藤沢の野鳥変死、胃から農薬成分検出

コメント

    • 通りすがりの高校生です。
    • 2016年 12月 17日

    国民生活センターの原文の14ページに、「表7.水素以外に生成される物質」があったのですが、そのなかの、酸素、遊離塩素、水酸化物イオンは電気分解しているのだろうと推測出来るのですが、プラチナコロイドができる旨の回答があったことが示されており、わけがわかりませんでした。詳しい説明を与えることができればお願いします。

    • Zeolinite
      • Zeolinite
      • 2016年 12月 18日

      コメントありがとうございます。水素以外の生成物に関して、本文を修正させていただきました。
      プラチナコロイドですが、電極にプラチナを使っていて、電気分解中にごく微量が溶出するという考えなのではないでしょうか。もちろん、ほぼ溶出しないと思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線
  2. サリドマイド、がん治療薬に
  3. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Protein (GFP)
  4. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  5. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  6. 配位子で保護された金クラスターの結合階層性の解明
  7. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  8. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  9. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  10. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

研究室でDIY!~光反応装置をつくろう~

有機反応開発の世界では、可視光レドックス触媒反応が大ブームです。筆者のグループも例外ではなく、毎日容…

シアノスター Cyanostar

シアノスター  (Cyanostar)は、tert-butylbenzeneとacrylonitri…

スルホニルアミノ酸を含むペプチドフォルダマーの創製

南フロリダ大学・Jianfeng Caiらのグループは、L-アミノ酸とD-sulfono-γ-AAp…

布施 新一郎 Shinichiro Fuse

布施 新一郎 (ふせ しんいちろう、1977年12月27日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大…

ニッケル触媒による縮合三環式化合物の迅速不斉合成

第108回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科生越研究室PDのRavindra Ku…

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP