[スポンサーリンク]

ケムステニュース

凸版印刷、有機ELパネル開発

[スポンサーリンク]

凸版印刷は印刷製法を使ったカラー有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルを開発した。材料を真空蒸着し、発光層を形成する現在主流の方法に比べ、大型化やコスト削減が容易になるという。

 凸版が開発したパネルの大きさは5インチで解像度は320×240ドット。高分子型の材料を使用して印刷製法により薄い発光膜を均一な厚さで形成することに成功した。印刷技術の詳細は明らかにしていないが、インクジェットなど他の方式に比べ膜圧のばらつきが少なく、画素欠けのないパネルをつくりやすいという。(引用:日本経済新聞

【追記:2008年5月】 照明用の有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネルの事業性検証会社「Lumiotec(ルミオテック)株式会社」を三菱重工業株式会社、ローム株式会社、凸版印刷株式会社、三井物産株式会社とともに設立しています。

 

関連動画

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  2. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  3. 分子素子の働き せっけんで確認
  4. トムソン:2007年ノーベル賞の有力候補者を発表
  5. 夏本番なのに「冷たい炭酸」危機?液炭・ドライアイスの需給不安膨ら…
  6. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  7. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  8. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ランタノイド Lanthanoid
  2. 仙台の高校生だって負けてません!
  3. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek
  4. 「日本化学連合」が発足、化学系学協会18団体加盟
  5. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  6. 銅触媒によるアニリン類からの直接的芳香族アゾ化合物生成反応
  7. なれない人たちの言い訳(?)-研究者版-
  8. ウェルチ化学賞・受賞者一覧
  9. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  10. 治療薬誕生なるか?ジカウイルスのアロステリック阻害剤開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP