[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darren Hamilton教授

[スポンサーリンク]

第24回は米マサチューセッツ州マウント・ホリヨーク・カレッジ化学科のダレン・ハミルトン教授です。ハミルトン教授は有機化学のの授業を多く担当する傍ら、分子認識や超分子化学などの研究にも取り組んでいます。学部教育に特化した大学での研究生活とは如何なるものか、化学教育者として国に何を思うのか、ハミルトン教授のインタビューをどうぞ。(※このカレッジの大学院は、教育学と心理学の修士過程2コースだけで化学科は設置されていないようです。)

Q. あなたが化学者になった理由は?

何か想像を掻き立てるような子供の頃のとっておきの出来事でもあればよかったのですが、そういうことはありません。イギリスの教育システムでは16歳の時に重要なイベント、つまりA-Level(※)の受験がありますが、この3教科のうちの一つに化学を選びました。大学入学までの時点で、化学は面白いということにかなりの確信がありました。そして学部が終わるころにはいくらかのラボワークも経験し、完全にハマっていたのでした。生物をデザインしている化学のしくみを知り、新たな分子を合成することができる、これは(化学者の)特権であると今でも思っています。私の教え子の多くもこれに賛成してくれているようです。

※訳者注:イギリス版センター試験のようなもの。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

私は8年間、このアメリカに住み、働いてきましたが、ここの政治家という連中はイギリスのそれよりもずっと酷い人種です。ロビイストや政治家を裏で支える大手資本の介入無くして、ワシントン(DC)では何も起きません。本当に大切な仕事(雇用)、それを支える政治体制、というものが私に思いつくのであれば、政治家達に本物のサイエンティストとの本物のサイエンスについての話し合いを持たせることは吝か(やぶさか)ではありません。そして彼らがそこから学んだものについて、賢明に行動を起こしてもらいたい。少なくとも政治家達のパブリックアナウンスメントから明らかなのは、彼らの多くはサイエンスを軽んじているということ。これは大変気の滅入ることであり、(国にとって)損害です。たとえほんの僅かでも、政治、あるいは政治家達にサイエンスの重要さを理解させる、サイエンスへの心を開かせるという役目を担うことは、非常に価値のあることだと思います。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

これは全くオリジナリティの無い回答なのですが、サステイナビリティ(※1)、でしょう。今の世代の化学者にとって、サステイナブルな方法で必要なモノを生産する手法の開発以上に急を要するテーマなど無いと思います。もう一歩踏み込めば、エネルギー問題もそうです。これらの分野に投入すべきR&D(※2)予算はさらに増大すべきでしょう。洗練された合成テクノロジー、エネルギーマネージメント、これら世界が求める取り組みの中で、化学者がその中心的役割を担うことでしょう。

 

sustainability_studies

訳者注
※1 持続性。高TON、リサイクル可能な触媒、副生成物の少ない(もしくは無毒な)環境低負荷型の反応など、いわゆるグリーンケミストリーを指向する現代用語。Sustainable Development=持続可能な開発、という用語はビジネス雑誌でよく登場しますね。
※2 Research and development、アールアンドディー。研究開発。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

私はストーンヘンジからそう遠くない場所で育ちましたから、多くの人がそうであるように、あの場所に未だ惹かれています。そういうわけで特に誰という名前を上げることはできませんが、「あのストーンヘンジの石を立てることを思いついた人」です。あの場所は誰かのアイデアによるものに間違いありません。だからこそ当時の人達は、あの驚くべき建築プロジェクトに辿り着いたのです。この誰かなら、現代の我々のリーダー達にもきっと良いレッスンを付けてくれることでしょう。私はウチの母が作ったバタープリンとパンを(この誰かに)差し出して、レッスンがすらすら続くようお手伝いしたいです。

Stonehenge

Stonehenge

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

今日です。ギーク(オタク)なので。割りとシンプルで、対称なジエステルを合成しているところでして、結果待ちです。

 

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

そこにしばらくいることになるのでしょうから、これはちょっと大変ですね。私が今までに読んだ本の中で最も美しい文章で書かれ、しかし痛々しい程の描写をされている本。Charles PalliserのQuincunxです。最後の一文で解ったことは、それまでの800ページ余りも、多くの登場人物たちの相関関係も、私が完全には理解し切れていなかったということです。これは驚くべき本で、数年は暇を持て余すことはないでしょう。CDですが、CDプレイヤーを組み立てて…これはもう持っているのでしょうか?とにかく必要なプレイヤーは持っているとして、新しい一枚。といってもいろんな意味でこれは時間を超越していますが、HemのRabbit Songsにします。聞いたことありません?

 

原文:Reactions – Darren Hamilton
※このインタビューは2007年8月3日に公開されたものです。

せきとも

せきとも

投稿者の記事一覧

他人のお金で海外旅行もとい留学を重ね、現在カナダの某五大湖畔で院生。かつては専ら有機化学がテーマであったが、現在は有機無機ハイブリッドのシリカ材料を扱いつつ、高分子化学に

関連記事

  1. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Gra…
  2. 第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して…
  3. 第42回―「ナノスケールの自己集積化学」David K. Smi…
  4. 第84回―「トップ化学ジャーナルの編集者として」Anne Pic…
  5. 第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost…
  6. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 …
  7. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko…
  8. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2013年就活体験記(1)
  2. 有機合成の進む道~先駆者たちのメッセージ~
  3. 第55回―「イオン性液体と化学反応」Tom Welton教授
  4. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  5. スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜
  6. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Hartl
  7. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  8. 化学系研究室ホームページ作成ガイド
  9. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  10. 被引用回数の多い科学論文top100

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP