[スポンサーリンク]

B

ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction

 

概要

エステル類をアルコール溶液中、アルカリ金属を用い還元する手法。対応するアルコールが得られる。

基本文献

  • Bouveault, L.; Blanc, G. Compt. Rend. 1903136, 1676.
  • Bouveault, L.; Blanc, G. Bull. Soc. Chim. France 190431, 666.

 

反応機構

acid-o4.gif

反応例

Naを入れる順番や、コンバージョンの低さが時折問題になるが、シリカゲルに担持したNaを用いると安定して還元反応が進行し高収率でアルコールが得られる[1]

2014-09-08_11-21-39

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Bodnar, B. S.; Vogt,  P. F. J. Org. Chem. 2009, 74, 2598. DOI: 10.1021/jo802778z

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff React…
  2. リーベスカインド・スローグル クロスカップリング Liebesk…
  3. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveaul…
  4. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)…
  5. コンラッド・リンパック キノリン合成 Conrad-Limpac…
  6. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Py…
  7. マイゼンハイマー転位 Meisenheimer Rearrang…
  8. ピナー反応 Pinner Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クリックケミストリー / Click chemistry
  2. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  3. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  4. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  5. メンデレーエフ空港
  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  7. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  8. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  9. 化学系ラボでSlackを使ってみた
  10. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP