[スポンサーリンク]

B

ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction

[スポンサーリンク]

 

概要

エステル類をアルコール溶液中、アルカリ金属を用い還元する手法。対応するアルコールが得られる。

基本文献

  • Bouveault, L.; Blanc, G. Compt. Rend. 1903136, 1676.
  • Bouveault, L.; Blanc, G. Bull. Soc. Chim. France 190431, 666.

 

反応機構

acid-o4.gif

反応例

Naを入れる順番や、コンバージョンの低さが時折問題になるが、シリカゲルに担持したNaを用いると安定して還元反応が進行し高収率でアルコールが得られる[1]

2014-09-08_11-21-39

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Bodnar, B. S.; Vogt,  P. F. J. Org. Chem. 2009, 74, 2598. DOI: 10.1021/jo802778z

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  2. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  3. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  4. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition
  5. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  6. 不均一系接触水素化 Heterogeneous Hydrogen…
  7. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Steve…
  8. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddit…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 千田憲孝 Noritaka Chida
  2. デュアルディスプレイDNAコード化化合物ライブラリーの改良法
  3. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  4. アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました
  5. チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー
  6. NECら、データセンターの空調消費電力を半減できる新冷媒採用システムを開発
  7. クレブス回路代謝物と水素でエネルギー炭素資源を創出
  8. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  9. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  10. 生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【書籍】ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学

今月発売された『ゼロからの最速理解 プラスチック材料化学』(佐々木 健夫 著,コロナ社)という書籍を…

重水は甘い!?

同位体はある元素、すなわち同一の原子番号をもつ原子核において、中性子数の異なる核種のことをいいますね…

人物でよみとく化学

概要化学の歴史をつくった約50人を収録。高校・大学の化学の勉強に役立つ16テーマをあつかい、…

金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)

概要金属ナトリウム分散体(SD Super Fine ™)は、金属ナトリウムの微粒…

アクセラレーションプログラム 「BRAVE 2021 Spring」 参加チームのエントリー受付中!(5/10〆切)

Beyond Next Ventures株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:伊藤毅、以下「…

赤キャベツから新しい青色天然着色料を発見 -青色1号に代わる美しく安定なアントシアニン色素-

青の食品着色料として広く使われる化学合成の「青色1号」とほぼ同じ色で、長期保存時の安定性に優れた天然…

砂塚 敏明 Toshiaki Sunazuka

砂塚 敏明 (すなづか としあき)は、日本の有機化学者である。学校法人北里研究所 理事、北里大学大村…

【ケムステSlackに訊いてみた】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackを立ち上げてもうすぐ2年が経ちます。かな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP