[スポンサーリンク]

A

アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction

 

概要

トリフェニルホスフィンなどのリン試薬とアジドを反応させると、Staudinger反応によってアザリンイリド中間体が生じる。これはカルボニル化合物と反応してとイミンを生成する。Wittig反応の窒素バージョンと考えられる。

基本文献

Review

 

開発の歴史

1919年にStaudingerとMyersらがアジドにホスフィンによりアザリンイリド中間体(aza-wittig反応剤)が生じることを報告した。アザリンイリド中間体を加水分解すると対応するアミンが得られる(Staudinger Reaction)。おおよそ30年後がカルボニル化合物と反応させることで、イミンを合成することに成功した。本反応および関連反応をAza-Wittig反応と呼ぶ。

 

反応機構

aza_wittig_2.gif

反応例

アザリンイリドは様々な試薬と反応し、それぞれ異なる生成物を与える。以下に例をまとめる。
aza_wittig_3.gif
二級アミン合成への応用
aza_wittig_4.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation…
  2. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  3. 一重項酸素 Singlet Oxygen
  4. ショッテン・バウマン反応 Schotten-Baumann Re…
  5. カチオン重合 Cationic Polymerization
  6. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Al…
  7. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition
  8. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  2. 脱離反応 Elimination Reaction
  3. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長
  4. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  5. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成
  7. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  8. アニオン重合 Anionic Polymerization
  9. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  10. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP