[スポンサーリンク]

危険物取扱者

危険物データベース:第4類(引火性液体)

[スポンサーリンク]

【目次】

  • 共通する特徴
  • 物質別:特殊引火物
  • 物質別:第一石油類(非水溶性)
  • 物質別:第一石油類(水溶性)
  • 物質別:アルコール類
  • 物質別:第二石油類(非水溶性)
  • 物質別:第二石油類(水溶性)
  • 物質別:第三石油類(非水溶性)
  • 物質別:第三石油類(水溶性)
  • 物質別:第四石油類

共通する特徴

■特性
  • 液比重は1よりも小さく、水に溶けないものが多い。
  • いずれも有機化合物である
  • 特定のものを除いて、蒸気密度は空気より大きい
  • 常温(20℃)で液状の可燃性液体である。
  • 引火性の物質で、引火点、発火点の低いものほど危険である
  • 燃焼範囲(爆発限界)の広いもの又は下限値が低いものほど危険性が大きい
  • 電気の不良導体で静電気を蓄積しやすい。
  • 流動液体は火災拡大の危険がある。
■貯蔵・取扱の注意
  • 火気又は加熱を避け、高温体との接近を避ける。
  • 温度の低い場所に貯蔵する。
  • 通風をよくし、蒸気濃度を薄くする。
  • 容器を密閉する
  • 蒸気が低所に滞留するので、取扱に注意する。
  • 川、下水溝には流出させない。
■消火方法
  •  水に溶けにくく、水より軽いため、注水しても火面を広げ、冷却効果がなく、一般の火災に対しては原則として注水効果は適当でない。特に水溶性の泡を利用すると消泡されて、その効果が薄いので、対アルコール泡剤を利用する。
  •  一般には泡、粉末、二酸化炭素、ハロゲン化物の消化剤が適当である。

特殊引火物

指定数量:50L

ジエチルエーテル
  • 引火点-45℃で最も低い
  • 発火点160℃
  • 沸点35℃
  • 水より軽い(比重0.7)
  • 蒸気は麻酔性がある
  • 燃焼範囲1.3~50%
  • 日光にさらしたり、空気と長く接触すると過酸化物を生じ、加熱、衝撃等により爆発の危険がある。
二硫化炭素
  • 発火点90℃で最も低い
  • 水より重い(比重1.3)
  • 蒸気は有毒
  • 燃焼範囲1.9~48%
  • 水には溶けない
アセトアルデヒド
  • 沸点が低く(21℃)、引火しやすい(引火点-39℃)
  • 熱又は光で分解するとメタンと一酸化炭素になる。
酸化プロピレン
  • 水に溶ける
  • 重合する性質があり、銀、銅等の金属に触れると重合が促進されやすい。

第一石油類(非水溶性液体)

指定数量:200L

ガソリン
  • 炭化水素の混合物で、沸点が約40~200℃留分のものである
  • 用途により、自動車ガソリン、航空ガソリン、工業ガソリンに大別される。
  • 無色、特臭ある揮発しやすい液体で、水に溶けない。
  • 比重は1以下で、電気の不良導体である。
  • 発熱量は10000~12000 kcal/kgである
ベンゼン
  • 蒸気は有毒である
  • 電気の不良導体で、流動などの際に静電気を発生
トルエン
メチルエチルケトン
  • 引火点-9℃
  • 無色の特臭ある揮発性の液体
  • 窒息消火する。一般の泡はX
酢酸エチル
  • 沸点77℃
  • 引火点-4℃
  • 窒息消火
バリウム Ba

第一石油類(水溶性液体)

指定数量:400L

アセトン
ピリジン
  • 発火点482℃ 引火点20℃
  • 比重0.98
  • 燃焼範囲1.8~12.4%

アルコール類

指定数量:400L

メチルアルコール
  • 毒性がある
  • 発火点385℃ 引火点11℃
  • 比重0.8
  • 燃焼範囲6.0~36%
エチルアルコール
  • 引火点13℃
  • 酸と反応してエステルを生ずる
  • 酸化されると、アルデヒド又はカルボン酸になる。
  • 水の含有量によって引火点が異なる。
プロピルアルコール
イソプロピルアルコール

第二石油類(非水溶性液体)

指定数量:1000L

灯油
軽油
キシレン
クロロベンゼン

第二石油類(水溶性液体)

指定数量:2000L

酢酸

第三石油類(非水溶性液体)

指定数量:2000L

重油
クレソート油
アニリン
ニトロベンゼン
  • 発火点482℃ 引火点88℃
  • 比重1.2
  • 燃焼範囲1.8%以上

第三石油類(水溶性液体)

指定数量:4000L

エチレングリコール
グリセリン

第四石油類

指定数量:6000L

ギヤー油
シリンダー油

特徴のまとめ

第四類は特に引火点や発火点、比重なども試験で出題されます。そこで、その特徴まとめてみました。せめてこれくらいは覚えましょう(できれば値も)。

  • 引火点が最も小さいもの ジエチルエーテル -45℃
  • 発火点が最も小さいもの:二硫化炭素 90℃
  • 沸点が最も小さいもの:アセトアルデヒド 21℃
  • 燃焼範囲の最も広いもの:アセトアルデヒド 4.0~60%
  • 比重が最も小さいもの:ジエチルエーテル 0.7
  • 比重が最も大きいもの:二硫化炭素、グリセリン 1.3
  • 麻酔性があるもの:ジエチルエーテル、エチルアルコール
  • 蒸気に毒性のあるもの:二硫化炭素、アセトアルデヒド、ベンゼン(中毒)、メチルアルコール、ピリジン、トルエン(少毒性)、酸化プロピレン(有害)
  • 皮膚につくと凍傷を起こすもの:氷酢酸(炎症)
  • 水中保存するもの:二硫化炭素
  • 水に溶けるもの:アセトアルデヒド、酸化プロピレン、アセトン、ピリジン、アルコール類、氷酢酸、エチレングリコール、グリセリン等
cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 乙種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編
  2. 甲種危険物取扱者・合格体験記~cosine編
  3. 乙種危険物取扱者・合格体験記~Webmaster編
  4. 危険物データベース:第1類(酸化性固体)
  5. 危険物データベース:危険物に関する基礎知識
  6. 危険物データベース:第3類(自然発火性物質および禁水性物質)
  7. 危険物に関する法令:行政手続き、許可取り消し
  8. 甲種危険物取扱者・合格体験記~読者の皆さん編

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe
  2. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!
  3. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ
  4. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  5. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  6. ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew
  7. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  8. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  9. ボンビコール /bombykol
  10. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

三井化学はこのほど、岩国大竹工場(山口県和木町)にあるポリエチレン製造装置が、国立科学博物館により、…

【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

相対性理論は、光速近くで運動する物体で顕著になる現象を表した理論です。電子や原子などのミクロな物質を…

gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法

トリフロンにグリニャール試薬を作用させるだけで多置換gem-ジフルオロアルケンの合成に成功した。フッ…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見

第277回のスポットライトリサーチは、筑波大学 数理物質系 山本研究室 助教の山岸 洋(やまぎし ひ…

【書籍】機器分析ハンドブック1 有機・分光分析編

kindle版↓概要はじめて機器を使う学生にもわかるよう,代表的な分析機器の…

第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授

第46回目の研究者インタビューです。今回のインタビューは第10回目のケムステVシンポ講演者の一人であ…

【山口代表も登壇!!】10/19-11/18ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINE-

「ケミカルマテリアルJapan2020-ONLINEー(主催:株式会社化学工業日報社)」は、未来に向…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP