[スポンサーリンク]

archives

SelectfluorR

mfcd00142607.gif

【Aldrich 】
 
SelectfluorR:1-Chloromethyl-4-fluoro-1,4-diazoniabicyclo[2.2.2]octane bis(tetrafluoroborate)
分子量:354.26
CAS: 140681-55-6
製品コード: 439479
値段:  5g  4,700円(2008.10.22 現在)
用途:求電子的フッ素化剤
説明: 空気や湿気に対しても安定で揮発性が低く、非常に使いやすい求電子的なフッ素化試薬。様々な有機化合物をワンステップでフッ素化することができ、しかも多くの場合に優れた立体選択性を示す。
文献:  For a review of recent highlights: Singh, R. P. and Shreeve, J. M. Acc. Chem. Res. 2004, 37, 31.
その他の求電子的試薬試薬: 酸化反応、フッ素化剤(Aldrichカタログ, PDFファイル)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  2. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸ベンゾイル:Benzoyl Trif…
  4. セミナーチャンネルを開設
  5. エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  7. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  8. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  2. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  3. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  4. 植物生合成の謎を解明!?Heteroyohimbine の立体制御
  5. 2016年9月の注目化学書籍
  6. 製薬業界における複雑な医薬品候補の合成の設計について: Nature Rev. Chem. 2017-2/3月号
  7. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  8. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  9. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  10. TBSの「未来の起源」が熱い!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira

エリック・M・フェレイラ(Eric M. Ferreira、19xx年x月x日-)は、アメリカの有機…

第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授

第36回の海外化学者インタビューは、サイモン・ウェブ教授です。イギリスのマンチェスター大学の化学科に…

生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発

第93回のスポットライトリサーチは、筑波大学大学院 数理物質系物質工学域(山本 洋平研)出身の水垂司…

アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin

アンドレイ・K・ユーディン(Andrei K. Yudin、19xx年x月x日-)は、カナダの有機化…

香料:香りの化学3

海外にいると通年採用なので、日本の就活の時期を忘れてしまいます。今年は面接解禁が6月だそうですね(そ…

ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!

まだまだ続くよニホニウムフィーバー!ということで、色々な書籍などは巷にあふれてますね。先日当…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP