[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

専門用語(科学英単語)の発音

 

英単語、特に専門用語の英語発音がわからなくて困ったことはありませんか?

そんなとき意外と便利なサイトがあるんです。

グローバル化の進む科学界。研究者になってしまったからには、英語を勉強せざるを得ません。テレビ会議などで英語のプレゼンテーションをする機会も増えていることでしょう。

そんな時に困るのが、専門単語の発音。「待て、オレの知っている発音で正しいのか?」辞書を調べてもマニアック過ぎて意味すら載ってない。ましてや、発音記号まで書かれている辞書はさらに少ない。困った。困った。

diastereomer:  日本語の教科書にはジアステレオマーって書いてある。でも、ダイアステレオマーが正しいよな・・・。

chiral: キラルと書いて確か、カイラルって発音するんだよな・・・。

 

そんな時の便利サイトがこの  Dictionary.com

 

dic_log.png

 

searchすると、発音してくれます。そこそこマニアックな単語も収録されている模様です。アクセントの位置もしっかりしてます。diastereomerはむしろ発音が良すぎて復唱できない><笑

tetrodotoxin, tetrahydrofuran, cyclopentane, chiral, alkylation, hexane, pyrrolidine, imidazole, triazole, naphthalene, biphenyl, piperidine,kinase, pyrogallol,

など、

是非、自分の知りえるマニアック単語を入力してみてください♪思わずニヤ笑いしてしまいます。

 

 関連書籍

The following two tabs change content below.
matsumoto

matsumoto

修士(工学)。学生時代は有機合成・天然物合成に従事し、現在は某製 薬メーカー合成研究員。

関連記事

  1. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  2. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  3. ホウ素から糖に手渡される宅配便
  4. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう…
  5. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  6. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  7. 「サイエンスアワードエレクトロケミストリー賞」が気になったので調…
  8. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性

コメント

  1. キナーゼとカイネース、ぶたじるととんじる。/なるほど結構幅広いかも。

  2. 使ってみた。科学単語はソートが後のほうの「Science Dictionary」のほうが正確な発音だった。論文書くときは「Thesaurus」も便利ぽい。

  3. ひょっとしたら機械用語もいけるか…?

  4. 日本の化学用語はもともとドイツ発祥のため、原則ローマ字読みが基本だから起こる混乱。

  5. 発音が分からない英単語を発音してくれるサイト。マニアックな単語まで掲載されているそうな

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 太陽電池セル/モジュール封止材料・技術【終了】
  2. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 
  3. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  4. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~
  5. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  6. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡
  7. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  8. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  9. フラーレン /Fullerene
  10. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP