[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

研究室でDIY! ~明るい棚を作ろう~

現場で日々研究をしていると、設備について「うーん使いづらい、上手く出来てないなぁ」「ここは何とかならんかなー」と感じることは多いと思います。もちろん大枠は業者に整えて貰うものですが、出来合いのものはその環境に合わせて作られてはいないですし、用途次第でカスタマイズが必要になったりします。とくに立ち上がったばかりのラボで働くことになった方や、別ラボに異動してきた直後の方であれば、「あるある!」と分かって貰えることでしょう。

小さなカスタマイズであっても、業者に頼むと結構なお金がかかってしまいます。自分でできる「ちょっとした工夫」で不便が改善できるなら素晴らしい。とはいえそういった現場ノウハウはなかなか表だって共有されないのも事実。

しかしいまは「Webと化学の時代」です。情報のやりとりが遥かに簡単になっているにもかかわらず、これでは勿体ない!

というわけで今回の記事では、どこのラボでも使えそうな「現場ラボのDIY」を紹介したいと思います。(筑波大学の斉藤毅先生からご寄稿頂きました。御礼申し上げます。)

「明るい棚」を作りたい

新しい研究室に移動して、思ってもいないことで「これは違ったなー」って思うことは多いと思います。

うちの研究室で起きた問題のひとつは、実験台に備え付けの棚の中が暗いってことです。

真空ラインや消耗品を起きたかったのですが、なかなかに暗い。夜だともっと暗い。

暗い棚。手暗がりは危ない。

実験装置もあるので、これではさすがに学生があぶない

てな訳で、簡単に明るく出来ないかを考えた末、LEDテープという商品を購入することに。

LEDテープ

LEDテープ

車の電飾なんかにも使われるあれです (注:私の車は電飾されてません)。

買ったのは「AKIBAピカリ館」。Amazonでも買えますよ。

買ったのは、棚1つに対し

1mLEDテープ・・・3個(¥1,180×3)

5AのAC電源・・・1個(¥1,750)

コネクターコード・・・1個(¥200)

計¥5,490

高いのか安いのかよくわからん。しかし、業者に頼むよりはやすいでしょ。たぶん。これを棚板の裏に貼り付けて・・・・

はりはり

はりはり

コネクタでつないで・・・

電源にさすだけ。超簡単。ものぐさDIY。

電気を入れると・・・・

ピカァー!


これが

暗い棚。手暗がりは危ない。

こう!

これが!こうっ!!

これで明るく安全に実験出来るようになりました

めでたし、めでたし。

※LEDといえど電化製品ですから、回路は多少の熱を持ちます。有機溶媒を使用する場所や火気厳禁な場所での施工にはご注意ください。

貴方のラボの「DIY」を教えてください!

いかがでしたか?

このように「ちょっとしたアイデア」で日々の研究が快適になったり、安全問題などが解決されること、沢山有ると思います。それぞれのラボ毎に一つ二つはあると思いますので、皆さんの周りで行われている「研究室のお役立ちDIY」をご寄稿頂ければ嬉しいです。面白い例・優れたやり方は、本ブログで積極的に紹介してみたいと思います。

「寄稿依頼」の旨が分かるような文面にて、下記お問い合わせフォームからご連絡ください!お待ちしています!

お問い合わせフォームはこちら
The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. (+)-マンザミンAの全合成
  2. 赤絵磁器を彩る絵具:その特性解明と改良
  3. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  4. 炭素をBNに置き換えると…
  5. 酸化反応条件で抗酸化物質を効率的につくる
  6. 異分野交流のすゝめ
  7. ハッピー・ハロウィーン・リアクション
  8. プロワイプ:実験室を安価できれいに!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得
  2. ワイス反応 Weiss Reaction
  3. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  4. メラニー・サンフォード Melanie S. Sanford
  5. 出発原料から学ぶ「Design and Strategy in Organic Synthesis」
  6. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例
  7. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  8. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  9. 大塚国際美術館
  10. 菅沢反応 Sugasawa Reaction

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

A transformation is happening in global energy mar…

有機反応を俯瞰する ー挿入的 [1,2] 転位

今回は、Wolff 転位、Curtius 転位あるいは Hofmann 転位といった反応を取り上げま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP