[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ルチッカ大員環合成 Ruzicka Large Ring Synthesis

 

概要

ジカルボン酸からトリウムオキシドなどの金属触媒存在下に環状ケトンを合成する手法。他にもBa, Ca, Ceなどの金属が使用され、300℃近くで熱分解する。

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  2. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  3. グリニャール反応 Grignard Reaction
  4. ヘンリー反応 (ニトロアルドール反応) Henry Reacti…
  5. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  6. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost…
  7. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of …
  8. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  2. リチャード・ラーナー Richard Lerner
  3. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  4. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride
  5. E. J. Corey からの手紙
  6. 三菱化学の合弁計画、中国政府が認可・330億円投資へ
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  9. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  10. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP