[スポンサーリンク]

H

ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation

アルケン→アルデヒド

概要

一酸化炭素/水素混合ガスを用いてアルケンから一炭素増炭したアルデヒドを合成する反応。
触媒としてはロジウム、コバルト錯体がよく用いられる。コバルト触媒(Co2(CO)8)は安価である一方で、ロジウム錯体は高価ながら触媒活性が高く、実験室での使用に適している。
反応試薬が気体なので、工業プロセスへの展開が容易であり、実用性的観点からも興味深い反応である。

基本文献

  • Evans, D.; Osborn, J. A.; Wilkinson, G. J. Chem. Soc. 196833, 3133. doi:10.1039/J19680003133
  • Ojima, I.; Tsai, C. Y.; Tzamarioudaki, D.; Bonafoux, D. Org. React. 2000, 56, 1.

 

反応機構

ene-al6.gif

反応例

ene-al7.gif
光学活性ホスフィンorホスファイト配位子、特にRh-BINAPHOS錯体を用いると、光学活性な分枝アルデヒドが高エナンチオ選択性で得られる。
hydroformylation_4.gif
(+)-Ambruticin の合成[1] hydroformylation_5.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

挟み角(bite angle)の大きな二座ホスフィン-ロジウム錯体を用いれば、直鎖/分枝比率が改善される。

 

参考文献

[1] Liu, P.; Jacobsen, E. N. J. Am. Chem. Soc. 2001123, 10772. DOI: 10.1021/ja016893s

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コープ転位 Cope Rearrangement
  2. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromi…
  3. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  4. パール・クノール ピロール合成 Paal-Knorr Pyrro…
  5. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  6. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  7. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  8. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Cat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  2. ストーク エナミン Stork Enamine
  3. 酸と塩基のつとめを個別に完遂した反応触媒
  4. インドール一覧
  5. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  6. 化学のうた
  7. 化学研究ライフハック :RSSリーダーで新着情報をチェック!2015年版
  8. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  9. 東レ先端材料シンポジウム2011に行ってきました
  10. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylboration

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP