[スポンサーリンク]

ケムステニュース

クラレ 新たに水溶性「ミントバール」

クラレはPVA系ポリマーによる新素材「ミントバール」を開発した。他素材と複合してテキスタイルを製造した後、染色加工工程を通すと「ミントバール」が溶出してしまうため、その部分に空隙が生じ、軽さ、膨らみ感に富んだTXを企画することができる。30~150Dの長繊維を投入する。刺繍や無撚タオルの用途にアプローチ。すでにヨーロッパや中国から引き合いが舞い込んでおり当面、輸出市場への糸売りを先行させる。(引用:日本繊維新聞)

クラレが世界で初めて開発に成功した熱水溶解性ポリマー「エクセバール」(生分解性)を溶融紡糸しています。熱水処理で<ミントバール>が溶解すると、残った糸と糸の間に隙間が出来ます。それがふくらみとなり、嵩高性を増し、ふんわりとした風合い、軽さ、通気性を持った仕上がりとなるらしいです。

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノバルティス、後発薬品世界最大手に・米独社を買収
  2. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し
  3. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  4. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  5. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  6. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  7. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ20…
  8. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イトムカ鉱山
  2. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  3. 三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ
  4. 水入りフラーレンの合成
  5. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発
  6. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  7. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  8. 化学工場で膀胱がん、20人に…労災認定議論へ
  9. ホストとゲスト?
  10. アゾ化合物シストランス光異性化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP