[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に

[スポンサーリンク]

?スイスの製薬大手ノバルティスAGは、米医薬品カイロンに発行済み株式の約58%を総額約45億ドル(約5000億円)で買収する提案を行った。ノバルティスはカイロン株の約42%を既に保有しており、完全子会社化する。両社は近く合意する見通し。(引用:日本経済新聞

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞
  2. ガ求愛行動:性フェロモンを解明 東大など
  3. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  4. 化学 2005年7月号
  5. カーボンナノチューブ量産技術を国際会議で発表へ
  6. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  7. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  8. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「糖鎖レセプターに着目したインフルエンザウイルスの進化の解明」ースクリプス研究所Paulson研より
  2. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  3. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  4. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒
  5. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジンの亜リン酸によるエナンチオ選択的非対称化反応
  6. 米ファイザーの第3・四半期決算は52%減益
  7. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III
  8. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
  9. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  10. カプロラクタム (caprolactam)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP