[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノバルティス、米カイロンを5000億円で完全子会社に

?スイスの製薬大手ノバルティスAGは、米医薬品カイロンに発行済み株式の約58%を総額約45億ドル(約5000億円)で買収する提案を行った。ノバルティスはカイロン株の約42%を既に保有しており、完全子会社化する。両社は近く合意する見通し。(引用:日本経済新聞

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  2. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  3. 富山化学 「YP-18 」の開発を開始
  4. 富士写、化学材料を事業化
  5. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  6. ドミノ遊びのように炭素結合をつくる!?
  7. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  8. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 茨城の女子高生が快挙!
  2. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  3. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  4. ポロノフスキー開裂 Polonovski Fragmentation
  5. Reaction Plus:生成物と反応物から反応経路がわかる
  6. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  7. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  8. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  9. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  10. 英会話とプログラミングの話

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP