[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城

[スポンサーリンク]

12日午後11時25分ごろ、仙台市青葉区荒巻、理化学研究所フォトダイナミクス研究センターから出火、鉄筋3階建ての2階部分にある「合成実験室」の内部約75平方メートルを焼いた。けが人はなかった。ポンプ車のほか救助車や化学消防車など計10台が出動し、13日午前0時半ごろ鎮火した。

 仙台中央署や同実験室の研究員によると、カリウムを使った合成実験に取り組んでおり、水と反応して出火した可能性があるという。当時、同実験室は無人だったが、同センターに居残っていた研究員が煙に気づき通報した。(引用:毎日新聞)


カリウムと水は激しく反応して火が出ます。合成にたけている人でもこういうことやってしまうんですね。気をつけてたいものです

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  2. 富士写、化学材料を事業化
  3. 光触媒による水素生成効率が3%に
  4. 宇部興産、MCPTや京大と共同でスワン酸化反応を室温で反応させる…
  5. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  6. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  7. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与…
  8. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スタニルリチウム調製の新手法
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)
  3. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  4. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  5. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  6. その電子、私が引き受けよう
  7. 実験化学のピアレビューブログ: Blog Syn
  8. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  9. Essential細胞生物学
  10. SciFinderマイスター決定!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP