[スポンサーリンク]

ケムステニュース

有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城

12日午後11時25分ごろ、仙台市青葉区荒巻、理化学研究所フォトダイナミクス研究センターから出火、鉄筋3階建ての2階部分にある「合成実験室」の内部約75平方メートルを焼いた。けが人はなかった。ポンプ車のほか救助車や化学消防車など計10台が出動し、13日午前0時半ごろ鎮火した。

 仙台中央署や同実験室の研究員によると、カリウムを使った合成実験に取り組んでおり、水と反応して出火した可能性があるという。当時、同実験室は無人だったが、同センターに居残っていた研究員が煙に気づき通報した。(引用:毎日新聞)


カリウムと水は激しく反応して火が出ます。合成にたけている人でもこういうことやってしまうんですね。気をつけてたいものです

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  2. 保護により不斉を創る
  3. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  4. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  5. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  6. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  7. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  8. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年は共有結合100周年ールイスの構造式の物語
  2. ルイス塩基触媒によるボロン酸の活性化:可視光レドックス触媒系への適用
  3. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  4. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  5. イヴァン・フック Ivan Huc
  6. タミフルの新規合成法
  7. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  8. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  9. Happy Friday?
  10. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP