[スポンサーリンク]

一般的な話題

ついったー化学部

twitter_kagakubu.gif
化学系ついったらーの皆さんこんにちは!

今回はTwitterユーザ@chap_pyさんが立ち上げておられる「ついったー化学部」をご紹介します。


公式Webページによるとこの活動のコンセプトは

化学屋さん or 化学屋さんワナビー or 自称化学関係者は酸化……じゃなくて参加するといいと思いますww

Timeline上で実験ネタなどをpostして周りが理解出来ない話をしませんか?

活動内容
* Timeline上に自分の専門の話を流す
* 実験の話を流す
* 学会時にオフでも……

とのこと。
そして@chap_pyさんによれば

 ぁ、化学部作った人です。別に自称他称化学関係者なら誰でも勝手に入ってもらっていいので、全く問題ないです

とのことですので、基本的に参加自由だそうです。

「ついったー化学部」公式ページ自体は、Wiki(ビジターが誰でも編集可能なサイト)で出来ています。「化学部」の文字の横にある[編集]リンクをクリックして、自分のTwitterアカウントとひとことコメントを書き加えれば、参加したことになるようです。(はてなのアカウントが必要(?)かもしれないですが)

特に努力義務など勿論ないので、化学やってる人は適当にゆるく関わってみよう、ってな感じのスタンスでしょうかね。ともあれこんな感じで各方面にてまとめサイトのようなものが充実してくると、化学に関わる皆にとって有益に思います。自発的な草の根活動は有り難いものです。

筆者個人も、日本の化学ついったらーはもっと増えて欲しいと思ってるので、宣伝も兼ねてこの場で取り上げておきます。Twitterアカウントをお持ちでありながら未参加、しかし化学をつぶやきたくて仕方ない方(笑)、この機会に是非参加表明を!

  • 関連書籍
コグレ マサト いしたに まさき
毎日コミュニケーションズ
売り上げランキング: 48
おすすめ度の平均: 4.5

3 新しい情報はほとんど無い
4 ツイッター初心者の私にぴったりの本でした
5 Twitter入門書としては最適かも
5 ツイッターを使い続けてみよう!という気にさせる本
5 情報発信で、人生は楽しくなる♪

仕事で使える!「Twitter」超入門 (青春新書INTELLIGENCE)
小川 浩
青春出版社
売り上げランキング: 1415
おすすめ度の平均: 2.5

2 サービスの内容については分かったが、将来性については疑問が残った
4 「10億人のユーザ数があれば、ツイッターは地球の鼓動になれる」
3 Twitterについて概観したい人向けの本?
2 twitterのよさがわからない…
3 超初心者向け

Twitter活用ガイド
Twitter活用ガイド

posted with amazlet at 09.10.23
藤本 壱
河出書房新社
売り上げランキング: 30148
twitterコミュニケーション・バイブル
菊地 芳枝
秀和システム
売り上げランキング: 184836
おすすめ度の平均: 5.0

5 Twitterに興味があるすべての人に最適
5 twitter の入門書として最高の一冊

  • 関連リンク

ついったー化学部 公式サイト

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ノーベル化学賞解説 on Twitter
  2. elements~メンデレーエフの奇妙な棚~
  3. 英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書
  4. Reaxys Prize 2012受賞者決定!
  5. テストには書けない? カルボキシル化反応の話
  6. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  7. 元素占いはいかが?
  8. 核酸塩基は4つだけではない

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  2. カイニン酸 kainic acid
  3. α-トコフェロールの立体選択的合成
  4. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  5. 日本化学会 平成17年度各賞受賞者決まる
  6. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  7. オープンアクセス論文が半数突破か
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻
  9. チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧
  10. 素粒子と遊ぼう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP