[スポンサーリンク]

会告

Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー

[スポンサーリンク]

 

企画 :  Reaxys lecture and the 9th Yoshimasa Hirata Memorial Lecture

主 催: エルゼビアジャパン

名古屋大学博士課程教育リーディングプログラム   「グリーン自然科学国際教育研究プログラム」

平田義正先生追悼記念事業会

会 期: 2013年1月9日 (水)

会 場: 名古屋大学東山キャンパス 野依記念学術交流館

 

Reaxysレクチャー: Craig Stivala (米国スタンフォード大学 博士研究員)

Debashis Mandal (米国スクリプス研究所 博士研究員)

宮村 浩之  (東京大学 理学系研究科 化学科 特任助教)

平田記念レクチャー: Tobias Ritter (Harvard Univ., USA)

招待講演: Ruben Martin (ICIQ, Spain)

Takashi Ooi (Nagoya Univ., Japan)

Tehshik P. Yoon (Univ. of Wisconsin, Madison, USA)

Yoshiaki Nishibayashi (Univ. of Tokyo, Japan)

 

来年1月9日に第9回平田メモリアルレクチャーが行われます。今年の受賞者はハーバード大のTobias Ritter教授でケムステでも3年前に取り上げました(記事はこちら)。Pd酸化還元触媒を用いた新しい反応のメカニズムの提唱やLate-Stage Fluorinationをキーワードとし、最近では温和な条件でフェノールを直接フッ素に変換できる試薬を開発しています(PhenoFluor)。その反応を用いて分子イメージングにも応用している、37歳、新進気鋭の化学者です。ドイツ国籍を持つ事からドイツ最大の研究所マックス・プランク研究所からのオファーもあるとかないとか、最近の動きが気になるところですが、そんな彼のメモリアルレクチャーに加えて、スペインのICIQからRuben Martin教授、名大から大井教授、米国ウィスコンシン大からTehshik P. Yoon教授、東大から西林教授と比較的若い研究者が招待講演者として講演致します。さらに、この平田記念レクチャーは午後からですが、午前中には過去のReaxys Prizeの3人の受賞者を呼び、講演を行う、Reaxysレクチャーの開催も予定されています。懇親会も含めてすべて無料で参加できますのでぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「引っ張って」光学分割
  2. クリック反応の反応機構が覆される
  3. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  4. 化学反応を起こせる?インタラクティブな元素周期表
  5. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  6. ビニル位炭素-水素結合への形式的分子内カルベン挿入
  7. 添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化
  8. 磁力で生体触媒反応を制御する

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. マット・シェア Matthew D. Shair
  2. 【ワイリー】日本プロセス化学会シンポジウム特典!
  3. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  4. 小松紘一 Koichi Komatsu
  5. シャンカー・バラスブラマニアン Shankar Balasubramanian
  6. 光学分割 / optical resolution
  7. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  8. ブレビコミン /Brevicomin
  9. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  10. プロリン ぷろりん proline

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

書店で気づいたこと ~電気化学の棚の衰退?~

Tshozoです。少し短いですが以前から気になっていたので書いておきます。また少々電気化学系…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP