[スポンサーリンク]

archives

第2回「Matlantis User Conference」

[スポンサーリンク]

株式会社Preferred Computational Chemistryは、4月21日(金)に第2回「Matlantis User Conference」(ウェビナー)を開催します。今回は、2名のMatlantisユーザー様にご登壇いただき、具体的なMatlantis活用事例をお話しいただきます。

本ウェビナーは、Matlantisユーザーではない方のお申込も可能です。ただし、コンテンツにMatlantisの基本機能のご紹介は含まれておりませんので、Matlantisの概要(Atomistic simulation tutorial 第1章 Introduction)をご確認いただいた上でご参加いただくと、より一層楽しめる内容となっております。

お申し込みはこちら

 

こんな方におすすめ

・計算化学・シミュレーションに興味のある方

・マテリアルズ・インフォマティクスに興味のある方

開催概要

・開催日時:2023年4月21日(金) 13:00-14:40

・場所:オンライン(Zoom)

・申し込み締切日:2023年4月17日(月)

・参加費:無料(事前登録制)

・定員:500名

・申込フォーム:https://pfcc.connpass.com/event/276618/

 

タイムテーブル

・13:00-13:05 オープニング               株式会社Preferred Computational Chemistry 柴田 ラビ

・13:05-13:55   ユーザー事例①          東京工業大学 畠山 歓 先生

・13:55-14:35   ユーザー事例②  信州大学  久間 馨 先生

・14:35-14:40   クロージング   株式会社Preferred Computational Chemistry 柴田 ラビ

コンテンツ紹介

ユーザー事例①

タイトル

有機材料を専門とする実験研究者によるMatlantisの活用事例

講演者

東京工業大学 物質理工学院 材料コース 早川研究室 助教 畠山 歓 先生

略歴:2018年早稲田大学先進理工学専攻一貫制博士課程修了。博士(工学)。同年同大学応用化学科講師(任期付)を経て、2023年4月より現職。

2022年よりJST創発的研究支援事業に従事。機能性高分子、有機電気化学、マテリアルズ・インフォマティクスを専門とする。

講演概要

機能性高分子の合成と計測を専門とする実験研究者が、どのような期待と課題意識を持ちながらAI分子シミュレータMatlantisを利用しているかについて発表する。DFT、MD計算、更にはオープンソースのAIシミュレータ等と比較も交えながら、Matlantisの特徴を実験屋の視点で考察する。実例として、分子集合体の構造計算に加え、本ソフトウェアによって推定可能な諸物性(密度・拡散係数・粘度・熱伝導度等)を、実材料で計算した際の精度や処理速度について示す。また、Matlantisでも計算が困難な構造や物性を推定するための機械学習との連携状況についても報告する。

ユーザー事例②

タイトル

PFPの部分電荷を利用した電場下ダイナミクスシミュレーション

講演者

信州大学 先鋭材料研究所 助教 久間 馨 先生

略歴:東京大学 工学部 機械工学科卒業(2012年)後、同大学 工学系研究科 機械工学専攻修了(2014年)。株式会社東芝/東芝エネルギーシステムズ勤務ののち、東京大学 工学系研究科 機械工学専攻にて博士課程修了。筑波大学 数理物質系での研究員を経て、2021年10月より現職。

講演概要

電場下のイオン伝導や電極界面における電気二重層の形成など、外部電場に対する材料の挙動は物理化学的に興味深く、また二次電池やキャパシタなどへの応用上も重要である。これらは分子動力学シミュレーションによって解析することが可能だが、分子間相互作用に密度汎関数理論(DFT)などの第一原理計算を用いるのでは計算コストが高すぎて十分な時間スケールの計算が困難である。また従来の経験的ポテンシャルを用いるのではパラメータの汎用性が低く適用できる材料系が限られることや、化学反応を含むモデル化が難しいことが課題であった。そこで、汎用ニューラルネットワークポテンシャルであるPFPを適用し、計算速度と汎用性・精度のバランスを高めつつ、外部電場との相互作用をその部分電荷推定に基づいて与えることで問題の解決を企図した。本講演ではそのような、Matlantisの電場下ダイナミクスへの拡張について紹介する。

注意事項

同業者様からのお申込みなど、 当社の判断によりMatlantis User Conference参加をお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承いただけますと幸いです。

Avatar photo

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  2. 「mihub」を活用したマテリアルズインフォマティクスの実践 -…
  3. 『Ph.D.』の起源をちょっと調べてみました① 概要編
  4. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨ (解答…
  5. 有機化学を俯瞰する -有機化学の誕生から21世紀まで–【後編】
  6. スポンジシリーズがアップデートされました。
  7. N-オキシドの性質と創薬における活用
  8. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

注目情報

ピックアップ記事

  1. 湿度によって色が変わる分子性多孔質結晶を発見
  2. 国際宇宙ステーション「きぼう」日本実験棟でのColloidal Clusters 宇宙実験
  3. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  4. 河崎 悠也 Yuuya Kawasaki
  5. 648個の誘導体を合成!ペプチド創薬の新手法を開発
  6. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  7. 【日産化学 25卒/Zoomウェビナー配信!】START your chemi-story あなたの化学をさがす 研究職限定 キャリアマッチングLIVE
  8. Utilization of Spectral Data for Materials Informatics ー Feature Extraction and Analysis ー(スペクトルデータのマテリアルズ・インフォマティクスへの活用 ー 特徴量抽出と解析 ー)
  9. 角田試薬
  10. ローゼンムント還元 Rosenmund Reduction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年3月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP