[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【ジーシー】新卒採用情報(2022卒)

[スポンサーリンク]

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存在意義があると私たちは考えています。社員である“なかま”にも施無畏のもと、先輩・後輩かかわらず助け合い、励み合えるような人にお会いしたいです。
「施無畏」の意味はとても深く簡単に実践できるものではありませんが、まずはこの様な社是を持つ会社であることに共感して下さる皆様をお待ちしております。

また、弊社は世界No.1の歯科企業になることをVisionとして目指して掲げています。このVisionを達成するには個人レベルの努力が欠かせません。弊社はグローバル企業として海外とのやり取りも多くあります。そのため、高い志をもち、ジーシーという器の中で周囲と関わり合いながら自分の能力を発揮できるプロアクティブな方も大歓迎です。

開発職を志望される方は、何よりも「ものづくり」に興味を持って欲しいと思っています。弊社は歯科のトップメーカーとして製品を供給することによって社会貢献しています。自ら開発した製品をユーザーである歯科医院で使用してもらって初めて、患者様の歯とお口の健康を守ることができます。それが健康長寿社会の実現へ寄与できるということを理解してより良い製品開発を目指す、そんな人材を求めています。

【開発職】
モノづくりの趣味にハマッている方
自分はとことん研究・実験に打ち込んだ、という自負のある方
ものづくりに対してこだわりのある方

募集内容

募集職種 材料開発職・総合職
仕事内容【材料開発職】 有機・無機・金属・バイオなど様々な分野で新製品開発を行っています。非常にフラットな組織で、こんな製品をつくりたいというアイデアがあれば、キャリアに関係なく自由に発案。採用されたテーマに対して、テーマ分担制で研究を展開します。研究員は研究だけでなく、プロダクトリーダーとして企画、生産、初期販売まで関わります。
応募資格 材料開発職:化学工学、応用化学、物質工学 など
総合職:学部学科不問
勤務地 【技術職】東京都、静岡県
【総合職】北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、福岡県
勤務時間 08:50~17:05(7.5時間)
給与 大卒:月給20万8600円
修士卒:月給22万5100円
福利厚生 社会保険完備、財形住宅融資、社内預金、慶弔金、リフレッシュ休暇制度、賃貸住宅制度、
中尾勤労報奨金など
昇給・賞与 昇給:年1回(4月) 賞与:年2回(7月/12月)
諸手当 家族手当、通勤手当、休日出勤手当 ほか
休日休暇 完全週休二日制(土・日)、祝日、夏季、年末年始
※年間休日125日(2018年度実績) 有給休暇、特別休暇
採用スケジュール エントリー受付
⇒エントリーシート提出
⇒リクルーター訪問(兼一次選考)
⇒二次選考(面接・英語・適性検査・筆記試験)
⇒最終選考(役員面接)
応募方法 採用HPよりエントリーをお願いします。
エントリーされた方に選考応募に関する情報を提供いたします。
連絡先 株式会社ジーシー
人事部 人事課
TEL:03-3815-1815
担当:松原・間中・早川
E-Mail gcrecruit@gc.dental

現場で働く先輩たちの声

【現在の仕事】
BioUnionフィラー配合材料,グラスアイオノマーセメント材料の研究・開発に携わっています。歯の治療にはその症例や治療方法に合わせた特性を持つ材料が必要となるため,多くの材料が使われています。また,細かな作業を伴うことも多いため,製品の使い易さも重要であり,先生に試作品を手に取っていただき,評価していただくことも多いです。材料の使用用途,必要とされる特性や操作性,どのような技術をベースにして作り上げるか等の様々なことを考慮し,他部署と密に連携しながら,新製品開発を行っています。
【仕事の魅力】
日々試行錯誤,実験を繰り返しながら製品を作っていく仕事は,やはりやりがいを感じます。しかし,確認を怠ってしまうと,ラボスケールではうまくいっていたことが工場で試作し,スケールを大きくした途端に別の挙動を示したり,他部署とのコミュニケーションミスにより進捗が遅れるなどの失敗してしまうことがあります。そんな中でも他部署とのやり取りは活発であるため,協力してもらい発売が遅れないよう製品開発を行っています。また,ユーザーから材料についてよい意見をいただいたときは非常にうれしいものです。このあたりはユーザーとの距離が近いということもジーシーにおける仕事の魅力として挙げられると思います。社内外の様々な方々とのコミュニケーションを通じて製品開発のヒントが得られることもあり,自身のモチベーションアップにも繋がっています。
【最後に】
私は大学時代に微生物学,細胞生物学などを学び,iPS細胞の研究を行っていたため,化学の知識に自信はありません。実際,入社してから苦労することも多々ありましたが,いつか良い製品を開発してみせる,と励んできました。今振り返ってみると自分自身,意外と負けん気が強いものだなと少し驚きを感じました。また,仕事を進めていくと,細菌を扱い始め,学生時代に学んだことが役立つこともありました。逆に化学系専攻だった研究員が細菌を扱うこともあります。このように,ジーシーには一つのことにとらわれず,様々な面から柔軟に見れる人,前向きな気持ちを持てる人が多い会社であるように思います。

(研究員:2013年度入社)

株式会社ジーシーの基本情報

会社名 株式会社ジーシー
本社所在地 東京都文京区本郷3-2-14
事業所 北海道、宮城県、東京都、静岡県、愛知県、大阪府、福岡県
事業内容 弊社は歯科医療器材のトップメーカーとして,歯科界ではなくてはならない存在。高品質な歯科材料・関連機器の開発・製造・販売を行い,「生きる力を支える医療」である歯科医療を支えています。世界中の人々の Quality of Life(生活の質)の向上に必要な歯の健康を守り,元気で長生きできる「健康長寿社会」の実現に貢献していきます。
 設立/創立 1921年2月11日
 資本金 9億5000万円
 売上高 連結 1,156億円  /  単体 706億円(2019年9月期)
 従業員数 1,070名
 ホームページ http://www.gcdental.co.jp

関連情報

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  2. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  3. SlideShareで見る美麗な化学プレゼンテーション
  4. 人工DNAから医薬をつくる!
  5. 高分子を”見る” その2
  6. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子…
  7. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)
  8. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2017年9月号:キラルケイ素・触媒反応・生体模倣反応・色素・開殻π造形
  2. 天然物化学
  3. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman
  4. 二酸化炭素をはきだして♪
  5. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  6. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  7. 沈 建仁 Jian-Ren Shen
  8. ねじれがあるアミド
  9. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  10. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 1 (Wittig 型シン脱離)ー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP