[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スティーブン・リパード Stephen J. Lippard

[スポンサーリンク]

スティーブン・J・リパード(Stephen J. Lippard、1940年10月12日-)は、アメリカの無機化学者である。米マサチューセッツ工科大学教授。

経歴

1962 ハーバードカレッジ 卒業
1965 マサチューセッツ工科大学 博士号取得(F.A.Cotton教授)
1966 コロンビア大学 助教授
1969 コロンビア大学 准教授
1972 コロンビア大学 教授
1983 マサチューセッツ工科大学 教授

受賞歴

2016 ウェルチ化学賞
2015 Benjamin Franklin Medal in Chemistry
2014 プリーストリー賞
2012 Sacconi Medal
2010 トムソン・ロイター引用栄誉賞
2009 Linus Pauling Medal
2004 アメリカ国家科学賞

研究概要

Lippardグループはメタロインターカレーター、すなわちDNA塩基対の間に挿入し、二重鎖を複製阻害する白金錯体を世界で初めて開発した。

これはシスプラチンに代表される白金系抗癌剤の作用機序の解明、ひいてはより高活性な抗癌剤を開発していくための基礎的知見へと直結する研究成果となった。

cisplatin_1.gif

また他にもメタンモノオキシゲナーゼ(MMO)などの金属含有酵素の構造解析や、NO蛍光センサーの開発などについても、世界的な業績をあげている。

関連動画

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

関連リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. リチャード・シュロック Richard R. Schrock
  2. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake
  3. ベン・フェリンガ Ben L. Feringa
  4. マーティン・チャルフィー Martin Chalfie
  5. 吉良 満夫 Mitsuo Kira
  6. エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian
  7. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  8. ジョン・フェン John B. Fenn

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュガフ脱離 Chugaev Elimination
  2. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation
  3. 銀イオンクロマトグラフィー
  4. 医薬品のプロセス化学
  5. PL法 ? ものづくりの担い手として知っておきたい法律
  6. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  7. リチウムイオン電池の課題のはなし-1
  8. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑧:ネオジム磁石の巻
  9. ポットエコノミー Pot Economy
  10. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP