[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

スティーブン・リパード Stephen J. Lippard

[スポンサーリンク]

スティーブン・J・リパード(Stephen J. Lippard、1940年10月12日-)は、アメリカの無機化学者である。米マサチューセッツ工科大学教授。

経歴

1962 ハーバードカレッジ 卒業
1965 マサチューセッツ工科大学 博士号取得(F.A.Cotton教授)
1966 コロンビア大学 助教授
1969 コロンビア大学 准教授
1972 コロンビア大学 教授
1983 マサチューセッツ工科大学 教授

受賞歴

2016 ウェルチ化学賞
2015 Benjamin Franklin Medal in Chemistry
2014 プリーストリー賞
2012 Sacconi Medal
2010 トムソン・ロイター引用栄誉賞
2009 Linus Pauling Medal
2004 アメリカ国家科学賞

研究概要

Lippardグループはメタロインターカレーター、すなわちDNA塩基対の間に挿入し、二重鎖を複製阻害する白金錯体を世界で初めて開発した。

これはシスプラチンに代表される白金系抗癌剤の作用機序の解明、ひいてはより高活性な抗癌剤を開発していくための基礎的知見へと直結する研究成果となった。

cisplatin_1.gif

また他にもメタンモノオキシゲナーゼ(MMO)などの金属含有酵素の構造解析や、NO蛍光センサーの開発などについても、世界的な業績をあげている。

関連動画

 

名言集

 

コメント&その他

 

関連文献

 

関連書籍

関連リンク

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi
  2. ダグ・ステファン Douglas W. Stephan
  3. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  4. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  5. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb …
  6. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  7. 楊井 伸浩 Nobuhiro Yanai
  8. ジャン=ルック・ブレダス Jean-Luc Bredas

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルドルフ・クラウジウスのこと② エントロピー150周年を祝って
  2. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex
  3. 2005年8月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」
  5. iBooksで有機合成化学を学ぶ:The Portable Chemist’s Consultant
  6. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  7. スワーン酸化 Swern Oxidation
  8. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  9. 高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」
  10. 化学研究特化型アプリまとめ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜

新参スタッフの DAICHAN です。前回の記事「その化合物、信じて大丈夫ですか…

第130回―「無機薄膜成長法を指向した有機金属化学」Lisa McElwee-White教授

第130回の海外化学者インタビューはリサ・マックエルウィー=ホワイト教授です。フロリダ大学化学科に所…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP