[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  2. 不斉アリルホウ素化 Asymmetric Allylborati…
  3. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts A…
  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  5. コープ脱離 Cope Elimination
  6. 根岸クロスカップリング Negishi Cross Coupli…
  7. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyem…
  8. シリル系保護基 Silyl Protective Group

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  2. ハメット則
  3. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  4. 科学的発見を加速する新研究ツール「SciFinder n」を発表
  5. ヘリウム不足再び?
  6. リベロマイシンA /Reveromycin A
  7. 銀イオンクロマトグラフィー
  8. エナンチオ選択的付加反応による光学活性ピペリジン誘導体の合成
  9. タミフルの新規合成法・その2
  10. マイルの寄付:東北地方太平洋沖地震

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP