[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  2. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  3. ボロン酸MIDAエステル MIDA boronate
  4. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  5. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitah…
  6. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  7. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent…
  8. ブラン環化 Blanc Cyclization

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 結晶学分野に女性研究者が多いのは何故か?
  2. ケイ素半導体加工に使えるイガイな接着剤
  3. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益
  4. アミドをエステルに変化させる触媒
  5. なれない人たちの言い訳(?)-研究者版-
  6. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  7. アレン・バード Allen J. Bard
  8. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  9. シャピロ反応 Shapiro Reaction
  10. 基礎有機化学討論会開催中

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP