[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. 脱離反応 Elimination Reaction
  2. カテラニ反応 Catellani Reaction
  3. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangem…
  4. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  5. ブラン環化 Blanc Cyclization
  6. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  7. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Syn…
  8. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenat…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ2014総括
  2. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  3. 春田 正毅 Masatake Haruta
  4. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  5. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Salt
  6. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告
  7. 【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ
  8. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  9. 林・ヨルゲンセン触媒 Hayashi-Jorgensen Catalyst
  10. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP