[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. プラトー反応 Prato Reaction
  2. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…
  3. ジアゾカップリング diazocoupling
  4. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…
  5. 硫黄-フッ素交換反応 Sulfur(VI)-Fluoride E…
  6. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  7. リード反応 Reed Reaction
  8. シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosyla…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  2. 安定な環状ケトンのC–C結合を組み替える
  3. 液クロ虎の巻シリーズ
  4. 「人工知能時代」と人間の仕事
  5. ディスコデルモライド /Discodermolide
  6. Bergfriendhof (山の墓地)
  7. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  8. トーマス・トーレス Tomas Torres
  9. 2012年イグノーベル賞発表!
  10. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(pentafluorophenyl)borane

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP