[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事

  1. 還元的アルドール反応 Reductive Aldol React…
  2. ピナー反応 Pinner Reaction
  3. チチバビン反応 Chichibabin Reaction
  4. フェルキン・アーン モデル Felkin-Anh Model
  5. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  6. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  7. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  8. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. 学術論文を書くときは句動詞に注意
  3. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  4. 植物性油の再加熱によって毒物が発生
  5. 有機硫黄ラジカル触媒で不斉反応に挑戦
  6. 多孔性材料の動的核偏極化【生体分子の高感度MRI観測への一歩】
  7. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  8. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  9. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  10. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP