[スポンサーリンク]

G

ガッターマン アルデヒド合成 Gattermann Aldehyde Synthesis

 

概要

 

基本文献

  • Gattermann, L. Ber. 1898, 31, 1149.
  • Gattermann, L. Ann. 1907, 313.
  • Truce, W.E. Org. React. 1957, 9, 37.
  • Sato, Y.; Yato, M.; Ohwada, T.; Saito, S.; Shudo, K. J. Am. Chem. Soc. 1995, 117, 3037. DOI: 10.1021/ja00116a009

 

反応機構

gattermann_al_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. カルバメート系保護基 Carbamate Protection
  2. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction
  3. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  4. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for B…
  5. アルキンの環化三量化反応 Cyclotrimerization …
  6. ワーグナー・メーヤワイン転位 Wagner-Meerwein R…
  7. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reacti…
  8. 市川アリルシアナート転位 Ichikawa Allylcyana…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サリンを検出可能な有機化合物
  2. 窒素固定をめぐって-1
  3. エド・ボイデン Edward Boyden
  4. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  5. 研究室での英語【Part1】
  6. マンニッヒ反応 Mannich Reaction
  7. 第46回藤原賞、岡本佳男氏と大隅良典氏に
  8. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  9. タンニンでさび防ぐ効果 八王子の会社
  10. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP