[スポンサーリンク]

archives

PdCl2(dppf)

【東京化成工業】
PdCl2(dppf): Dichloro[1,1′-bis(diphenylphosphino)ferrocene]palladium
CAS: 72287-26-4
製品コード: B2064
値段: 1g, 8100円 (2008.10.18 現在)
用途:有機金属触媒
説明: Buchwald-Hartwigクロスカップリングに一般的によく用いられる触媒です。
その他のPd触媒:Pd触媒 / Catalyst for Cross-coupling Reactions(TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケムステ国際版・中国語版始動!
  2. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  3. りん酸2-(メタクリロイルオキシ)エチル2-(トリメチルアンモニ…
  4. トルキセン : Truxene
  5. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3…
  6. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  7. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ゲームプレイヤーがNatureの論文をゲット!?
  2. 鈴木 章 Akira Suzuki
  3. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  4. ChemTile GameとSpectral Game
  5. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  6. 神経細胞の伸長方向を光で操る
  7. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  8. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  9. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  10. ニュースタッフ参加

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

アビー・ドイル Abigail G. Doyle

アビゲイル・グットマン・ドイル (Abigail Gutmann Doyle、1980年xx月xx日…

金属キラル中心をもつ可視光レドックス不斉触媒

2014年、マールブルク大学・Eric Meggersらは、可視光レドックス触媒および金属キラル中心…

井上 将行 Masayuki Inoue

井上 将行 (いのうえ まさゆき、1971年2月14日-)は、日本の有機化学者である。東京大学大学院…

EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン

新たに設立された、EU(欧州連合)のナノマテリアルを取り扱う機関が公式サイトをオープンしました。(ア…

近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する

2016年、プリンストン大学・Robert Knowlesらは、 可視光レドックス触媒を用いることで…

アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-

Gakushiです。これまでもケムステではアルミニウムについて様々な視点から取り上げてきました。1.…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP