[スポンサーリンク]

一般的な話題

CV書いてみた:ポスドク編

“CV”ってご存知でしょうか。知ってる方には当たり前ですが、履歴書のことです。

海外でポスドクや就職する場合に必ず必要になるのですが、決まったフォーマットが無く日本人にとって若干とっかかにりにくい書類です。その一方で一定の作法のようなものがあり、これに則っていないと欧米人にとって読みづらいCVになってしまいます。

私はこれまでCVを何度か書いたことがありますが、今回初めて欧米人の友人や教授に意見を貰って色々参考になったのでまとめてみました。

CVの中身(ポスドク編)

まずCVに書く内容ですが、私は以下の順番で書きました。

名前、年齢、連絡先 (個人情報)

Education

Professional Training and Employment (博士号取得以降の略歴でポスドクも含む)

Awards/Scholarships

Publications (peer review)

Patents

Teaching experiences

 Scientific meetings

 Service

重視する点は人によって違うので、書けることは何でも書きつつ欲しい情報がすぐ見つかる様にすることが重要です。そのためにこれら見出しは太字の12Pt.でその他は11pt.に しました。各項目内も番号を振って箇条書きにし、番号だけ太字にしておくと見やすくなります。

 

略歴の書き方

略歴や業績等は年数が新しいものから書くので学歴は博士→修士→学部の順番に上から書きます。個人情報で重要なのは名前と連絡先、名前は目立つように14pt.くらいで、連絡先は念のため大学のアドレスとgmailの両方書いておきました。GPAは色々な計算法がありますが一般的に優(>80点)以上=4、良(>70点)=3、可(>60点)=2で計算した場合、3.5以上で平均以上です。ただし悪ければ書かなくてもOKです。学振は受賞歴(Fellowship)としてカウントし、その他の受賞歴も貰った額や採用(受賞)率(学年上位5%等)を書いておけば、その賞を知らない相手にとって判断材料になります。採用(受賞)率が分からなければ、賞の主催団体に聞いてみると教えてくれることもあるので聞いてみましょう。

 

研究業績の書き方

論文リストには出版されたもの以外(Just accepted, In review, In preparation)も書いておきましょう。

日本人の感覚だとIn reviewやIn preparationを書くのは気が引けますが、ヨーロッパ人の教授によれば「それを評価する人もいるし、評価しない人も読み飛ばすのでネガティブな評価にはならない」とのことでした。またメディアで紹介されたり表紙になった論文があれば、その論文の最後に “highlighted by **”(**にハイパーリンクで紹介されているページ)と書いてアピールしましょう。

教育経験は”Teaching assistant” “Supervision of studentsのように分けて書くと見やすいです。学生の指導は、自分の論文に共著者として入っている人数を卒論・修論と分けて書きました。TAの場合は学年、授業のタイプ、期間と大学名を”Organic chemistry A (BSc-level), Fall 2013-2014 and 2015 (Lead assistant),大学名”のように書きます。

最後のServiceは論文査読などで、査読したジャーナルごとに箇条書きにして回数を書いておきます。また、中高生向けのイベントやオープンキャンパスでの研究室紹介のアシスタントももServiceに含まれるのでやっていれば書いておきます。研究業績に比べてあまり重要でないように思われるかもしれませんが、有名教授ともなれば大量のCVを受け取るので、似たような業績の候補の中で社会貢献をしているというのは結構プラスの評価になったりします。

いかがでしょうか、ちなみに”CV” “academic”とGoogle imageで検索すると沢山のCVがヒットするのでそちらも参考にしてください。(*フォーマットが指定されている場合もあるのでその場合はそれに従ってください。)

関連書籍

 

The following two tabs change content below.

SHO

博士(工学)。現在の専門はナノ粒子の気相合成(特に触媒)ですが、無機ナノ材料全般に関心があります。

関連記事

  1. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  2. 窒素固定をめぐって-2
  3. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  4. 各ジャーナル誌、続々とリニューアル!
  5. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  6. ハウアミンAのラージスケール合成
  7. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  8. 「大津会議」参加体験レポート

コメント

    • Nick
    • 2016年 2月 18日

    > 論文リストには出版されたもの以外(Just accepted, In review, In preparation)も書いておきましょう

    in preparationに関して
    これの判断は、評価しない人は読み飛ばし、評価する人にとっては有用なので書くべし、とのことですが、個人的な意見としては疑問です。
    アジア諸国からポスドクの応募があるとき、しばしばin preparationとしていくつもの論文が書かれています。それも大したペースで論文を出しているわけでもないのにです(大したペースで論文が出ているなら、そうやって数を稼ぐ必要がそもそもありませんが)。そのため、in preparationとして適当に論文を水増ししている印象が強く、いい加減な人間に感じられ、印象が悪くなります。
    in review (submitted)は信用するなら少なくとも形にはしたことが分かるので良いですが、in preparationは応募先の先生の人柄を考えて書くかどうか決めたほうが良いように感じます。
    どうでしょう?

      • SHO
      • 2016年 2月 19日

      コメントありがとうございます。

      >応募先の先生の人柄を考えて書くかどうか決めたほうが良いように感じます。

      ご指摘の通りかと思います。少なくとも日本人の先生には逆効果でしょうし、1-2つのPublicationに対して5-10のIn preparationがあれば、水増しにしか見えないと思います。ただ1-2つ程度なら書いたところで意外と悪い印象を持たれないし、運が良ければプラスになるのかもしれません。
      私自身、In preparationは印象が悪くなると思って書かなかったのですが(In preparation は7本中2本)、ヨーロッパ人の教授に「なぜ書かなんだ」とかなり強く言われ驚きました。記事にも書きましたがその教授いわく、「それを評価するかどうかは相手が決めること。In preparationでも(マイナーな)判断材料の一つになり得る。」とのことでした。
      今回は博士課程修了後のポスドクの応募で、メール本文で“In preparation”の内容について触れ、先方の研究室に行ってプレゼンさせてもらえないかとお願いしました。In preparationの内容が先方の興味がありそうな場合には有効かと思います。(分野によっては未発表の内容を学会や外部のセミナーで出すのが難しいのかもしれませんが。)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  2. アスパルテーム /aspartame
  3. 1,2,3,4-シクロブタンテトラカルボン酸二無水物:1,2,3,4-Cyclobutanetetracarboxylic Dianhydride
  4. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  5. What’s Cooking in Chemistry?: How Leading Chemists Succeed in the Kitchen
  6. グレゴリー・フー Gregory C. Fu
  7. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  8. 米メルク、「バイオックス」回収で第2・四半期は減収減益
  9. 有機化学美術館が来てくれました
  10. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP