[スポンサーリンク]

chemglossary

不斉触媒 ふせいしょくばい asymmetric catalyst

 

光学活性化合物を不斉合成するにあたって、触媒量(量論量以下)のキラル源をプロモーター(反応促進剤)とすることができるとき、そのプロモーターを不斉触媒(asymmetric catalyst)と呼びます。

光学活性化合物は、医薬品や農薬を始めとした生物活性化合物への利用目的で特に需要があり、これを効率よく合成できる不斉触媒は、精密有機合成におけるもっとも強力なツールの一つと見なされています。不斉触媒開発は現在でも有機合成化学研究の中心的分野であり、日本の化学者が世界的リーダーとなって活躍している研究領域でもあります。

 

人工不斉触媒は、金属を含むもの(金属不斉触媒)と含まないもの(有機分子不斉触媒)に大別されます。後者の方が前者に比べて安価・取り扱い容易・構造チューニング容易というメリットが在る一方で、前者の方は高活性・通常条件ではまず不可能な反応を促進させたりと、バラエティに富んだ変換を可能としています。

 

2001年度ノーベル化学賞が不斉触媒開発研究に対して与えられたことは記憶に新しいかと思います。受賞した野依・Knowles・Sharplessらの研究テーマは、不斉水素化・酸化反応を対象としていましたが、現在ではさらに開発が難しいとされる、炭素-炭素結合形成反応をターゲットとする研究が主流となっています。

 

関連文献

 

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 色素増感型太陽電池 / Dye-sensitized Solar…
  2. グリーンケミストリー / Green Chemistry
  3. ノーベル化学賞 のーべるかがくしょう Nobel Prize i…
  4. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthes…
  5. 振動円二色性(VCD)スペクトル しんどうえんにしょくせいすぺく…
  6. FBDD Fragment Based Drug Discove…
  7. 材料適合性 Material compatibility
  8. ポットエコノミー Pot Economy

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 色素増感太陽電池用部材の開発・高効率化と製品開発動向【終了】
  2. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  3. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』
  4. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  5. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  6. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric Alkylation
  7. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  8. バトフェナントロリン : Bathophenanthroline
  9. バイオマス燃料・化学品の合成と触媒の技術動向【終了】
  10. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP