[スポンサーリンク]

ディスカッション

オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

Project of the Chem-Station staffs, by the Chem-Station staffs, for the Chem-Station staffs!?

GREEN2013kataroze2.png

ケムステスタッフの、ケムステスタッフによる、ケムステスタッフのための、もしかしたら誰得企画、オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』の開催をここに宣言してしまいます。何をしているかというと、ひとつのテーマについてスタッフメンバーがディスカッションして、情報発信したり、ただ駄弁ったりしようという企画です。はたせるかな、ウェブとリアルの融合

記事執筆をはじめケムステの活動は、代表以下、数十人のスタッフによって支えられています。化学の広い各分野から専門家が集まって、学生から若手研究員から、企業ありアカデミックありで、いろいろなキャリアのスタッフが揃っているケムステのコミュニティー。せっかくだから、もっと手軽に交流できたらおもしろそう。 そう考えて、オンライン座談会を企画しました。対談の様子を、化学者のつぶやきにも転載していきます。

 GREEN2013kataroze4.png

ちょっと分野の違う人を隣にしてディスカッションする、というのが、たぶん楽しいし、ケムステでないとできないことだと思います。意外と、分野が違うと基本になる考え方も違うもので、そういったものに触れられる機会を作っておくというのは、毎日のほとんどを研究室で過ごす身としては、わりと貴重なものであったりもします。

GREEN2013kataroze1.png

基本はフェイスブックの機能を利用させていただいています。

そして、わいわいがやがやディスカッションして、そのやりとりをまとめて「化学者のつぶやき」記事のネタにし、充実したケムステからの情報発信・意見発信を目指します。自分もケムステスタッフになったらあれこれできて面白そう、読者がそんなふうに思ってしまいそうなほど、活発なケムステメンバー交流をご覧ください。

第1回のテーマはズバリ「なぜケムステスタッフになったのか?」GREEN2013nazekemusutesutahhu.pngそれでは近日中に続きをまた。

The following two tabs change content below.
Green

Green

静岡で化学を教えています。よろしくお願いします。
Green

最新記事 by Green (全て見る)

関連記事

  1. 大学院生のつぶやき:UCEEネット、ご存知ですか?
  2. 新風を巻き起こそう!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞201…
  3. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (5/最終回)
  4. CRISPRの謎
  5. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  6. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  7. 不安定炭化水素化合物[5]ラジアレンの合成と性質
  8. 有機の王冠

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation
  2. 研究室での英語【Part 3】
  3. ザンドマイヤー反応 Sandmeyer Reaction
  4. 239th ACS National Meeting に行ってきた
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  6. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  7. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  8. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  9. 最新有機合成法: 設計と戦略
  10. 甘草は虫歯を予防する?!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP