[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

英文読解の負担を減らすマウスオーバー辞書

今回は、フリーで使えるマウスオーバー辞書ソフト『Lingoes』『キングソフト辞書』を紹介します。

分からない英単語をクリックするだけで、即座に意味をポップアップ表示してくれるという有難いソフトです。 日々の論文読解・英語サイトチェックに悩む方々にとっては、この上なく便利!

日本語対応の無料ソフトでありながら、商用ソフトに全く引けを取らない優れものです。

(※Windows専用ソフトです。Macユーザの方は残念ですが読み飛ばし置きを・・・)

 

Webブラウジングだけでなく、ローカルファイル(PDF・Word文書etc)や、インスタントメッセンジャー・メールを読むときにも使えるのがこのソフトの最大の特徴。

PCに保存した論文PDFを開いて、英辞郞を導入したLingoesを実際に使ってみました。

論文に似つかわしくない、凝った単語が出てきてもOK。

 

lingos_1.png

こんな単語まで認識して訳してくれる。

lingoes_2.png

テキストとして選択できる限り、図(figure)に付随する単語でもOK。

lingoes_3.png

英語を読む苦労を、かなり減じてくれるソフトです。もちろん普通の辞書としても使えます。「分からない単語が出てくる度に、WEB辞書に飛んでで調べる」といった面倒をやっていた身にとっては、まさに待ちに待ったソフト!もはや手放せません!
英語はどうにも苦手という方は多いでしょうから、導入しておくに損はないソフトだと思えます。

 ところで、Lingoesとキング辞書、どちらを使えば良いのでしょうか。 基本的にできることはほぼ同じです。軽快さ・安定性も問題ありません。(詳細な違いについては、下記関連リンクの記事を見ていただきいです。)機能や拡張性・辞書の充実度という面では、Lingoesに軍配が上がるようです。
Lingoes搭載のデフォルト辞書は、英英辞書のみです。しかし、ありとあらゆる辞書定義ファイルが公式サイトで無料公開されており、自分に適した辞書を選んで使えるようです。その数は半端無く、英語以外の辞書や百科事典などまであるという凄まじさ。

 

ただ一見して、「こんなものまで無料で公開してしまって大丈夫なのか?」と感じざるを得ないラインナップになっています。その辺りがいかにも中国的というか、ライセンス的グレーがそこはかとなく漂っています。いくつかの無料辞書ファイルについては、慎重な取扱いをするのが無難に思えます。もちろん、辞書ファイルを自前で用意可能、もしくはデフォルトの英英辞典しか使わない、というスタンスであれば何の問題もなく使用できると思えますが。

キングソフト辞書の場合は、自前でいちいち辞書ファイルを設定する必要が無く、導入がとても簡単です。ただし使えるのは内蔵の辞書に限られます。もちろん日常用途にとっては必要十分ですが、専門性の高い単語には弱くなります。Googleと共同開発したという経緯もあるようなので、ライセンス的グレーは薄そうです。安心・信頼性を求めるのであればこちらでしょうか。

余談ですが、こういったアイテムを使っていると、『論文読むときはそんなもの使わず、毎回辞書を引いて読め!じゃないと英語力が身につかないぞ!』・・・という”体育会系ヴォイス”がどこからか聞こえてきそうです。

しかし、実のところ【深く理解すべきは化学】ではないでしょうか。化学者にとって英語は必要ではあれど、本質ではないはずです。同じ内容を学ぶのであれば、楽してやれる方が良いですし、英語のせいで化学知識の習得が遅れるのは勿体ないかと。

こういう便利ソフトはどんどん取り入れて、情報処理速度を上げていく姿勢こそが善なのだ、と筆者なんかは思います。

ソフトの具体的なインストール方法、詳細については下記の関連リンクをご参照ください。

 

関連商品

 

関連リンク

<Lingoesについて>

<キングソフト辞書について>

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 剛直な環状ペプチドを与える「オキサゾールグラフト法」
  2. リンダウ会議に行ってきた④
  3. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  4. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  5. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  6. ニコラウ祭り
  7. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  8. 食べず嫌いを直し始めた酵素たち。食べさせれば分かる酵素の可能性!…

コメント

  1. googleさんが最近ダメなので、あきらめて専用のマウスオーバー辞書を入れてみる。仕事にならん。それくらい英語ができぬ私orz

    • toshi.takeuci
    • 2016年 10月 14日

    そもそも、MAC、iosは標準装備なので。。。辞書が楽に使いたかったらappleが吉です。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2005年3月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  2. クレイグ・ホーカー Craig J. Hawker
  3. オマー・ヤギー Omar M. Yaghi
  4. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  5. 理系の海外大学院・研究留学記
  6. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  7. Wiiで育てる科学の心
  8. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  9. フェティゾン試薬 Fetizon’s Reagent
  10. 持田製薬、創薬研究所を新設

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP