[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

ハイフン(-)の使い方

[スポンサーリンク]

yハイフンには主な用法が2つあります。ここでは、まずそれら2つの用法を個別に扱い、次に特殊な用法をいくつか示し、最後によく見られる誤用例を取り上げます。

1. 接頭辞との併用

接頭辞の後に語幹が組み合わさった語、つまり「[接頭辞]+[語根]」という構造を持つ語は多く存在します。その中でも接頭辞と語根の間にハイフンが挟まれる語は、決して一般的ではありませんが、多数存在します。英語の「センス」でハイフンの必要性の有無が理解できる場合もありますが、ハイフンを入れるか入れないかについては厳密な規定はなく、同類の語でもハイフンを使う場合と使わない場合があり、区別の基準が明らかでないことも多いのです。そうした場合、ハイフンは慣例的に用いられることとなり、その慣例が時間とともに変わることもよく見られます
したがって、それぞれの場合において確実にハイフンの正しい用法を判断するためには現代の辞書を調べるしか方法がありません。しかし、ハイフンがほぼ確実に必要なケースもいくつかあり、以下がその代表的な例となります。

[1] 接頭辞の最後の文字と語根の最初の文字が同じ母音
例:「re-examine」、「anti-intellectual」、「ultra-advanced」、「semi-infinite」

[2] 使用頻度が低い言葉(特に辞書に載っていない語)
例:「semi-colonial」、「non-descending」、「post-interdisciplinary」、「quasi-differentiable」

[3] 語根が大文字から始まる
例:「non-Japanese」、「pseudo-Keynesian」、「inter-European」、「post-Einstein」

[4] ハイフンがないと別の言葉と混同される
例:「re-charge」(再請求する)、「pre-sent」(事前に発送した)、「set-up」(組み立て)、「pre-occupation」(占領前)

[5] 接頭辞が「self-」の語
例:「self-appointed」、「self-explanatory」、「self-analysis」

[6] 接頭辞が「ill-」の語
例:「ill-founded」、「ill-conceived」、「ill-equipped」、「ill-defined」

2. 2語を結ぶ用法

英語では複数の単語がひとつのまとまった意味の単位として用いられることがよくあります。そのような語句が文法的かつ意味的な単位として機能していることを明確に示すため、ハイフンによって構成単語どうしをつなぐのが原則です。

この用法においては2つのパターンが挙げられます。文法的にどのような役割を果たしていても構成単語がひとつのまとまった意味の単位として機能する語句、そして構成単語がセットとして名詞を修飾する場合にのみひとつのまとまった意味の単位として機能する語句があります。前者のタイプを代表するものとしては以下の複合語が挙げられます。

[形容詞]
well-defined、self-evident、user-driven、mind-expanding、computer-aided、old-fashioned

[名詞]
no-hitter、editor-in-chief、run-up、set-up、run-around、Irish-American、passer-by

[動詞]
second-guess、double-check、window-shop、peer-review、force-feed、fine-tune

なお、後者の場合はさまざまなケースが想定されます。以下の例文中の表現はその典型例です。

(1) Next we consider the large-scale structure.
(2) The so-called L-L conjecture is investigated below.
(3) Here, the time-dependent terms have been ignored.
(4) But the situation regarding the long-range interaction is much different.
(5) This is a third-order calculation.
(6) In this case, the signal-to-noise ratio is too small.
(7) These are five-nation talks carried out biannually.
(8) They walked down the six-mile path.
(9) Under normal conditions, their scales have a light blue-green tint.
(10) These are the first- and second-order solutions.
(11) This system exhibits low-frequency pressure oscillations.

上記の例文に関してもっとも留意していただきたい点は、ハイフンによって複合語となるものは必ず文法的な単位として機能するということです。それゆえ、たとえば形容詞とそれに修飾される名詞がハイフンで結ばれることはありません。よって、(2)では「so-called-L-L」ではなく「so-called L-L」、(11)では「low-frequency-pressure」ではなく「low-frequency pressure」、となるのです。

3. その他の用法

ここまで述べてきたのはハイフンの主な用法です。それらに加えて特殊な用法がいくつかあり、以下にもっともよく見られる例を示します。

(i) 1つの文字と単語を組み合わせるため
X-ray、U-turn、three-D

(ii) 数字と単語、数字と文字を組み合わせるため
2-fold、10-fold、100-fold(twofold、tenfold、hundredfoldと比較せよ)
4-plex、3-D、1-dodecanol、2,3-diphosphoglycerate、pre-1920

(ii) 曖昧さの回避のため
great-grandmother

(ii) 21〜99までの数字を文字によって表示するため
sixty-eight(eighteen、six hundred、ten thousandなどとの違いに注意)

(iii) 分数を表すため
two-thirds, three-fourths

4. よく見られる誤り
ハイフンの用法に関する典型的な誤用例を以下に挙げます。

(i) [誤] We treat highly-complex structure.
理由:副詞と形容詞は一般的にハイフンで結ばないから。
修正法:ハイフンを削除する。

(ii) [誤] They prove a very well-known theorem.
理由:ハイフンを入れると「very」が「well-known」全体を修飾してしまうが、本来は「well」のみを修飾すべきであるから。
修正法:ハイフンを削除する。

(iii) [誤] This structure is two-dimensional.
理由:ここで「two-dimensional」は名詞の前に位置していないから。
修正法:ハイフンを削除する。

(iv) [誤] This is a long term project.
理由:「long term」が「project」の直前に位置しているから。
修正法:ハイフンを加え「long-term」にする。

(v) [誤] These figures are up-to-date.
理由:ここで「up-to-date」は名詞の前に位置していないから。
修正法:ハイフンを削除する。

(vi) [誤] The values drop-off rapidly just beyond the critical point.
理由:句動詞はハイフンを含まないから。
修正法:ハイフンを削除する。

(vii) [誤] There is a sharp drop off just beyond the critical point.
理由:句動詞から形成される名詞の場合はハイフンを含むから。
修正法:ハイフンを加え「drop-off」にする。

出典元:エナゴ学術英語アカデミー

化学論文でよくつかわれる「ハイフン-」を含む用語の利用例

  • Suzuki cross-coupling reactions, nickel-catalyzed Suzuki–Miyaura cross-coupling (SuzukiとMiyauraの間は(–)エンダッシュ), phosphite-mediated Cadogen cyclization
  • transition-metal catalysts, chelation-assisted decarbonylative coupling
  • electron-neutral, electron-donating, and electron-withdrawing substituents, other electron-deficient arylboranes, electron-poor guest molecules, electron-rich dienophiles
  • rate-determining step, nitrogen-containing heterocycles
  • non-polar solvent, non-concerted 1,2-H shifts, non-enzymatic hydration, non-luminescent
  • Target-oriented synthesis (TOS), diversity-oriented synthesis (DOS)
  • retro-hydrocyanation, retro-aldol reaction, Diels−Alder/retro-Diels−Alder sequence (DielsとAlderのの間は(–)エンダッシュ)
  • stereoselective late-stage incorporation, long-standing problem
  •  thiazole-based ligands, complex sugar-containing alcohol, boron-based reagents, a classic acylation-based (Yamaguchi) macrolactonization
  • five- to nine-fold increase in σ1 affinity, more than 1000-fold less active
  • palladium-catalyzed arylation,  silver-catalyzed oxidative trifluoromethylation, gold(I)-catalyzed cyclization, iron-catalyzed [2+2] cycloaddition
  • solid-phase syntheses, solution-phase methods, liquid-crystalline polymers
  • low-energy pathways, low-energy conformational models, High-Resolution NMR, High-performance liquid chromatography
  • four-membered carbocycles, six-membered rings, five-membered nitrogen aromatic heterocycles
  • self-assembled, thermodynamically-controlled arene addition, substrate-induced stereoselective reaction
  • well-defined host–guest complexes (hostとguestの間は(–)エンダッシュ)
  • C–O(alkyl) bond-cleavage
  • yeast two-hybrid-based assay
  • manganese–porphyrin complexes, copper-amide complex
  • site-selective oxidations, site-specific recognition, site-specific modifications
  • atom-economy
  • fine-tuning of the ligand
  • by-products, co-workers

%e8%8b%b1%e6%96%87%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%b4

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2つのアシロイン縮合
  2. 「オプジーボ」の特許とおカネ
  3. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  4. 乾燥剤の脱水能は?
  5. 有機色素の自己集合を利用したナノ粒子の配列
  6. 創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究…
  7. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  8. 第3回ITbM国際シンポジウム(ISTbM-3)、第11回平田ア…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次元芳香族性の発現~
  2. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー
  3. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  4. 中嶋直敏 Nakashima Naotoshi
  5. 超一流誌による論文選定は恣意的なのか?
  6. 合成化学発・企業とアカデミアの新たな共同研究モデル
  7. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る
  8. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane
  9. 中国産ウナギから合成抗菌剤、厚労省が検査義務づけ
  10. エステルをアルデヒドに変換する新手法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP