[スポンサーリンク]

会告

第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)

[スポンサーリンク]

ご案内

複素環は有機化合物の半数以上を占める, 極めて重要な構成単位です。 医薬や農薬などの生物活性化合物はもとより, 人工色素や防腐剤などの食品分野,液晶や電導性高分子といった有機機能性材料・電子材料分野,最近ではイメージングプローブや生体機能性ポリマーなどにも複素環化合物が利用され,きわめて広範囲で重要な役割を演じています。

本国際会議は,複素環に関わる様々な分野の研究者や学生が世界中から集い,特別講演・招待講演・一般口頭発表・ポスター発表を通して情報交換を行い,多種多様な科学分野の発展を図ることを主目的としています。また、「複素環化合物」というキーワードの下に分野横断的に各界の専門家が会し,学際的な新しい研究領域や産業の創生を促しています。毎回、数百名の参加者があり、特に、横浜・上海などアジア地区での開催時には約1,000名の参加者がありました。

1月1日より、Early registrationとoral and poster presentationsの受付を開始しております。優れたposter発表を表彰します。また、学生さんはflash presentationにも奮ってご応募いただければと思います。発表申込みは5月31日までです 6月24日までに延長されました。詳しくは下記URLをご覧下さい。
幅広い領域の方々のご参加をお待ち申し上げております。

開催概要

主催: 国際複素環化学会 (International Society of Heterocyclic Chemistry)、第27回国際複素環化学会議組織委員会
ホームページ:http://cdsympo.com/process2018w/index.html
ポスター:http://cdsympo.com/process2018w/2018WS.pdf

開催期間

2019年9月1日(日)~9月6日(金)

会場

ロームシアター京都(〒606-8342 京都市左京区岡崎最勝寺町13)
京都市勧業館みやこめっせ(〒606-8343 京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1)

※特別講演・受賞講演は「ロームシアター京都」のメインホールで実施します。招待講演・一般口頭発表・フラッシュプレゼンテーションは「ロームシアター京都」と「みやこめっせ」にて4会場で並行して実施します。ポスター発表は「みやこめっせ」で実施します。

会議の内容

(1) 会議の構成
27th ISHC会議は以下の5種類の講演・発表によって構成されます。
ア 特別講演
イ 受賞講演
ウ 招待講演
エ 一般口頭発表(討論を含めた15分間)
オ ポスター発表 (組織委員会が選出した優れた研究発表者はポスター発表に先立ちflash presentation(討論無しで6分間)を行います)

(2) 分科会主要題目
27th ISHC会議では,Heterocycles for the Future と題して
1. Heterocycles for Future Organic Chemistry(複素環を含む有機化合物や天然化合物の合成,変換,物性・機能解明に関する研究)
2. Heterocycles for Future Life Sciences(生物活性複素環化合物,並びに創薬・生命科学分野に於ける複素環化合物に関する研究)
3. Heterocycles for Future Material Sciences(材料科学分野に於ける複素環化合物に関する研究)
の3つの分科会にて発表と討論を行います。

会議使用言語

英語(同時通訳なし)

招聘講演者

Plenary Lectures

Takuzo Aida (University of Tokyo)
Mir Wais Hosseini (University of Strasbourg)
Paul Knochel (Universität München)
Dawei Ma (Shanghai Institute of Organic Chemistry)
Stefan Matile (University of Geneva)
Scott Miller (Yale University)
Masakatsu Shibasaki (Institute of Microbial Chemistry, Tokyo)
Hiroaki Suga (University of Tokyo)
Herbert Waldmann (Max Planck Institute of Molecular Physiology, Dortmund)

Invited lecturers

Aaron Aponick (University of Florida)
Brigitte Bibal (University of Bordeaux)
Rong-Jie Chein (Academia Sinica, Taiwan)
Chunyan Chi (National University of Singapore)
Darren J. Dixon (University of Oxford)
Koichi Fukase (Osaka University)
M. Ángeles Herranz (Complutense University of Madrid)
Sayuri Hirano (Spera Pharma, Inc.)
Yoshiharu Iwabuchi (Tohoku University)
Hideaki Kakeya (Kyoto University)
Motomu Kanai (University of Tokyo)
Sanghee Kim (Seoul National University)
Masato Kitamura (Nagoya University)
Bo Liu (Sichuan University)
Debabrata Maiti (IIT Bombay)
Seijiro Matsubara (Kyoto University)
Makoto Michida (Daiichi Sankyo Co.,Ltd.)
Thomas J. J. Müller (Heinrich-Heine-University Düsseldorf)
Sensuke Ogoshi (Osaka University)
Tomoki Ogoshi (Kanazawa University)
Junko Ohkanda (Shinshu University)
Tobias Ritter (Max Planck Institute for Coal Research)
Richmond Sarpong (UC Berkeley)
Michael S. Sherburn (Australian National University)
Norio Shibata (Nagoya Institute of Technology)
Toshikazu Takata (Tokyo Institute of Technology)
Hiromitsu Takayama (Chiba University)
Dirk Trauner (New York University)
Masayuki Wasa (Boston College)
Dan Yang (University of Hong Kong)
Ying Yeung Yeung (Chinese University of Hong Kong)
Andrei K. Yudin (University of Toronto)

問合先

会議についての問合先

27th ICHC事務局組織委員長 赤井周司
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘1-6
大阪大学大学院薬学研究科
薬品製造化学分野
Tel/fax: 06-6879-8210
e-mail: akai@phs.osaka-u.ac.jp, ishc27@phs.osaka-u.ac.jp

寄付金払込先,払込方法についての問合先

株式会社 化学工業日報社
営業本部 企画局 平川 弘樹
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL: 03-3663-7936
FAX: 03-3663-7861
e-mail: h_hirakawa@chemicaldaily.co.jp

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. オートファジーの化学的誘起で有害物質除去を行う新戦略「AUTAC…
  2. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  3. 一流化学者たちの最初の一歩
  4. 化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができる…
  5. プラスマイナスエーテル!?
  6. パラジウム錯体の酸化還元反応を利用した分子モーター
  7. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  8. フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  2. MUKAIYAMA AWARD講演会
  3. ペリ環状反応―第三の有機反応機構
  4. 化学研究ライフハック:情報収集の機会損失を減らす「Read It Later」
  5. 114番元素と116番元素が正式認可される
  6. 遺伝子工学ーゲノム編集と最新技術ーChemical Times特集より
  7. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  8. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  9. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 番外編 ~NEDOの成果について~
  10. カラムやって

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP