[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリストフ・レーダー Christoph Rader

[スポンサーリンク]

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分子生物学者である。スクリプス研究所フロリダ 准教授。

経歴

1988 Bayreuth大学 卒業
1991 チューリヒ大学 修士号取得
1995 チューリヒ大学 博士号取得
1996-1999 スクリプス研究所 博士研究員 (Carlos F. Barbas教授)
1999-2003 スクリプス研究所 助教授
2003-2012 NIH, NCI, Center for Cancer Research Senior Scientist
2012- スクリプス研究所フロリダ 准教授

受賞歴

2013 Mentorship Award from the Scripps Florida
2011 Federal Technology Transfer Award, NCI, NIH
2007 NCI Director’s Intramural Innovation Award for Principal Investigators
2000 Investigator Award from the Cancer Research Institute

研究概要

抗ガン作用を示す抗体医薬に関する研究

抗体を生成するためのファージディスプレイ技術、抗体療法のための標的の同定などに取り組んでいる。

抗体工学技術を用いる抗体―薬物複合体(ADC)の開発

セレノシステインを組み込んだ抗体(Selenomab)を活用したADC作成法[1]や、二重可変領域(DVD)フォーマットによるADC作成法[2]などの開発を行なっている。

画像:論文[2]より引用

関連動画


関連論文

  1. Li, X.; Nelson, C. G.; Nair, R. R.; Hazlehurst, L.; Moroni, T.; Martinez-Acedo, P.; Nanna, A. R.; Hymel, D.; Burke, T. R., Jr.; Rader, C. Cell Chem. Biol. 2017, 24, 433. doi:10.1016/j.chembiol.2017.02.012
  2. Nanna, A. R.; Li, X.; Walseng, E.; Pedzisa, L.; Goydel, R. S.; Hymel, D.; Burke, T. R. Jr., Roush, W. R.; Rader, C. Nat. Commun. 2017, 8, 1112. doi:10.1038/s41467-017-01257-1

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  2. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  3. 中西香爾 Koji Nakanishi
  4. 齊藤 尚平 Shohei Saito
  5. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  6. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  7. エイダ・ヨナス Ada E. Yonath
  8. 鈴木 章 Akira Suzuki

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 女性科学者の卵を支援―「ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞」 募集中
  2. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  3. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応
  4. 極性表面積 polar surface area
  5. リベロマイシンA /Reveromycin A
  6. ローランド・フィッシャー Roland A. Fischer
  7. 新たな青色発光素子 京大化学研教授ら発見
  8. アクリルアミド /acrylamide
  9. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成
  10. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第93回―「発光金属錯体と分子センサーの研究」Cristina Lagunas教授

第93回の海外化学者インタビューは、クリスティーナ・ラグナス教授です。クイーンズ大学ベルファスト校 …

高機能性金属錯体が拓く触媒科学:革新的分子変換反応の創出をめざして

(さらに…)…

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP