[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

クリストフ・レーダー Christoph Rader

[スポンサーリンク]

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分子生物学者である。スクリプス研究所フロリダ 准教授。

経歴

1988 Bayreuth大学 卒業
1991 チューリヒ大学 修士号取得
1995 チューリヒ大学 博士号取得
1996-1999 スクリプス研究所 博士研究員 (Carlos F. Barbas教授)
1999-2003 スクリプス研究所 助教授
2003-2012 NIH, NCI, Center for Cancer Research Senior Scientist
2012- スクリプス研究所フロリダ 准教授

受賞歴

2013 Mentorship Award from the Scripps Florida
2011 Federal Technology Transfer Award, NCI, NIH
2007 NCI Director’s Intramural Innovation Award for Principal Investigators
2000 Investigator Award from the Cancer Research Institute

研究概要

抗ガン作用を示す抗体医薬に関する研究

抗体を生成するためのファージディスプレイ技術、抗体療法のための標的の同定などに取り組んでいる。

抗体工学技術を用いる抗体―薬物複合体(ADC)の開発

セレノシステインを組み込んだ抗体(Selenomab)を活用したADC作成法[1]や、二重可変領域(DVD)フォーマットによるADC作成法[2]などの開発を行なっている。

画像:論文[2]より引用

関連動画


関連論文

  1. Li, X.; Nelson, C. G.; Nair, R. R.; Hazlehurst, L.; Moroni, T.; Martinez-Acedo, P.; Nanna, A. R.; Hymel, D.; Burke, T. R., Jr.; Rader, C. Cell Chem. Biol. 2017, 24, 433. doi:10.1016/j.chembiol.2017.02.012
  2. Nanna, A. R.; Li, X.; Walseng, E.; Pedzisa, L.; Goydel, R. S.; Hymel, D.; Burke, T. R. Jr., Roush, W. R.; Rader, C. Nat. Commun. 2017, 8, 1112. doi:10.1038/s41467-017-01257-1

関連リンク

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。国立大学教員→国研研究員にクラスチェンジ。専門は有機合成化学、触媒化学、医薬化学、ペプチド/タンパク質化学。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 渡辺芳人 Yoshihito Watanabe
  2. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  3. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  4. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  5. 吉田善一 Zen-ichi Yoshida
  6. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  7. ジョン・スティル John K. Stille
  8. 中村 修二 Shuji Nakamura

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新形式の芳香族化合物を目指して~反芳香族シクロファンにおける三次元芳香族性の発現~
  2. 環状ビナフチルオリゴマーの大きさが円偏光の向きを変える
  3. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  4. p-メトキシベンジル保護基 p-Methoxybenzyl (PMB) Protective Group
  5. ⽔を嫌う CH₃-基が⽔をトラップする︖⽣体浸透圧調整物質 TMAO の機能溶液化学を、分⼦間相互作⽤の時空間精細解析で解明
  6. 【ケムステSlackに訊いてみた①】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!
  7. 米メルク、業績低迷長期化へ
  8. えっ!そうなの?! 私たちを包み込む化学物質
  9. おっさんマウスが小学生マウスを襲う?待ったの決め手はフェロモンにあり
  10. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年8月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

最新記事

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

分子は基板表面で「寝返り」をうつ!「一時停止」蒸着法で自発分極の制御自在

第613回のスポットライトリサーチは、千葉大学 石井久夫研究室の大原 正裕(おおはら まさひろ)さん…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP