[スポンサーリンク]

ケムステニュース

田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し

 

 厚生労働省の薬食審医薬品第一部会は4月27日、テネリア錠 (テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物、田辺三菱製薬の承認を了承した。国内5番目のDPP-4阻害薬となる。田辺三菱製薬は5月8日決算会見で「番手が遅い分、パワーで圧倒していきたい」と語った。同社は6月の製造販売承認、8月の薬価収載を見込み、第一三共と共同販売契約を締結している。

 

DPP-4阻害剤は近年最も成功を収めた薬剤の1つであり、既に世界で5剤が製品化されている。国内ではシタグリプチン (ジャヌビア / グラクティブ)ビルダグリプチン (エクア)、アログリプチン (ネシーナ)、リナグリプチン (トラゼンタ)の4剤が販売中 (Saxagliptinは国内臨床試験中、未承認)。

シタグリプチン世界/国内ともに好調であり、近い将来「世界で最も売れてる薬剤」になると予測されている。 DPP4all.gif

 

リナグリプチン、テネリグリプチンの2剤は胆汁排泄型であり、腎障害を伴う患者に使用できる特徴がある。他4剤は腎排泄型。

 

関連書籍

関連記事

  1. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開
  2. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  3. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  4. Arena/エーザイ 抗肥満薬ロルカセリンがFDA承認取得
  5. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  6. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  7. 高峰譲吉の「アドレナリン」107年目”名誉回復…
  8. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. ACD/ChemSketch Freeware 12.0
  3. 細野 秀雄 Hideo Hosono
  4. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  5. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  6. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  7. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  8. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  9. 計算化学記事まとめ
  10. (-)-Calycanthine, (+)-Chimonanthine,(+)-Folicanthineの全合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP