[スポンサーリンク]

ケムステニュース

田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し

 

 厚生労働省の薬食審医薬品第一部会は4月27日、テネリア錠 (テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物、田辺三菱製薬の承認を了承した。国内5番目のDPP-4阻害薬となる。田辺三菱製薬は5月8日決算会見で「番手が遅い分、パワーで圧倒していきたい」と語った。同社は6月の製造販売承認、8月の薬価収載を見込み、第一三共と共同販売契約を締結している。

 

DPP-4阻害剤は近年最も成功を収めた薬剤の1つであり、既に世界で5剤が製品化されている。国内ではシタグリプチン (ジャヌビア / グラクティブ)ビルダグリプチン (エクア)、アログリプチン (ネシーナ)、リナグリプチン (トラゼンタ)の4剤が販売中 (Saxagliptinは国内臨床試験中、未承認)。

シタグリプチン世界/国内ともに好調であり、近い将来「世界で最も売れてる薬剤」になると予測されている。 DPP4all.gif

 

リナグリプチン、テネリグリプチンの2剤は胆汁排泄型であり、腎障害を伴う患者に使用できる特徴がある。他4剤は腎排泄型。

 

関連書籍

関連記事

  1. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  2. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  3. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  4. 東芝やキヤノンが優位、微細加工技術の「ナノインプリント」
  5. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  6. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  7. 界面活性剤のWEB検索サービスがスタート
  8. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  2. MFCA -環境調和の指標、負のコストの見える化-
  3. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  4. ピンナ酸の不斉全合成
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」②(解答編)
  6. 計算化学:DFTって何? PartIII
  7. E値 Environmental(E)-factor
  8. 大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ
  9. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  10. 田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP