[スポンサーリンク]

ケムステニュース

田辺三菱 国内5番目のDPP-4阻害薬承認見通し

 

 厚生労働省の薬食審医薬品第一部会は4月27日、テネリア錠 (テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物、田辺三菱製薬の承認を了承した。国内5番目のDPP-4阻害薬となる。田辺三菱製薬は5月8日決算会見で「番手が遅い分、パワーで圧倒していきたい」と語った。同社は6月の製造販売承認、8月の薬価収載を見込み、第一三共と共同販売契約を締結している。

 

DPP-4阻害剤は近年最も成功を収めた薬剤の1つであり、既に世界で5剤が製品化されている。国内ではシタグリプチン (ジャヌビア / グラクティブ)ビルダグリプチン (エクア)、アログリプチン (ネシーナ)、リナグリプチン (トラゼンタ)の4剤が販売中 (Saxagliptinは国内臨床試験中、未承認)。

シタグリプチン世界/国内ともに好調であり、近い将来「世界で最も売れてる薬剤」になると予測されている。 DPP4all.gif

 

リナグリプチン、テネリグリプチンの2剤は胆汁排泄型であり、腎障害を伴う患者に使用できる特徴がある。他4剤は腎排泄型。

 

関連書籍

関連記事

  1. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  2. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発
  3. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  4. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  5. 米ファイザー、コレステロール薬の開発中止
  6. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  7. 三井化学と日産化学が肥料事業を統合
  8. 死海付近で臭素が漏洩

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  2. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  3. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  4. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  5. 汝ペーハーと読むなかれ
  6. アルカリ金属でメトキシアレーンを求核的にアミノ化する
  7. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
  8. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ
  9. カルボニル-エン反応(プリンス反応) Carbonyl-Ene Reaction (Prins Reaction)
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑤(解答編)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~

動物や臓器に代わる画期的な実験ツールとして注目される生体機能チップ、原薬(API)合成に不可欠なプロ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP