[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

[スポンサーリンク]

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学教授。(写真:Princeton Unversity)

経歴

2003 ウィリアム&メアリー カレッジ 卒業
2008 カリフォルニア工科大学  博士号取得 (D. W. C. MacMillan教授)
2008–2011 ハーバード大学 博士研究員 (E. N. Jacobsen教授)
2011-2017 プリンストン大学 助教授
2017- プリンストン大学教授

受賞歴

2018 Arthur C. Cope Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize
2017 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize (Swiss Chemical Society)
2016 Amgen Young Investigator Award
2016 Eli Lilly Grantee Award
2015 Bristol Myers Squibb Innovation Grant
2014 Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship
2012 Thieme Journal Prize

研究概要

光触媒によるPCET過程を活用した有機合成法の開拓

アミジルラジカル[2]・オキシルラジカル[3]など通常では生成困難なラジカル種を、光触媒反応によるプロトン結合型電子移動(PCET)過程から生じさせ、結合解離エンタルピー(BDE)の大きなC-H結合を切断したり、多重結合変換を可能とする新規触媒系を多数実現している。

関連動画

Rob Knowles: Princeton – Incredibly Aspirational from Princeton Chemistry on Vimeo.

関連文献

  1. Gentry, E. C.; Knowles, R. R. Acc. Chem. Res. 2016, 49, 1546. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00272
  2. Choi, G. J.; Zhu, Q.; Miller, D. C.; Gu, C. J.; Knowles, R. R. Nature. 2016, 539, 268. doi:10.1038/nature19811
  3. Yayla, H. G.; Wang, H.; Tarantino, K. T.; Orbe, H. S.; Knowles, R. R. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 10794. DOI: 10.1021/jacs.6b06517

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 京都賞―受賞化学者一覧
  2. ヨン・ピエール Jorn Piel
  3. 山本明夫 Akio Yamamoto
  4. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr…
  5. 紫綬褒章化学者一覧 Medal with Purple Ribb…
  6. リヒャルト・エルンスト Richard R. Ernst
  7. 森謙治 Kenji Mori
  8. ポール・ウェンダー Paul A. Wender

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 交互に配列制御された高分子合成法の開発と機能開拓
  2. マイケル・クリシェー Michael J. Krische
  3. 向山 光昭 Teruaki Mukaiyama
  4. パーデュー大、10秒で爆薬を検知する新システムを開発
  5. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  6. 春季ACSMeetingに行ってきました
  7. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  8. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  9. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  10. 「世界の最先端で研究する」という夢と実際 ーカリフォルニア大学バークレー校 Long 研究室より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

中高生・高専生でも研究が学べる!サイエンスメンタープログラム

研究室に入って本格的な研究を始めるのは、大学4年生からが一般的。でも最近は、中高生が研究に取り組める…

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP