[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

[スポンサーリンク]

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学教授。(写真:Princeton Unversity)

経歴

2003 ウィリアム&メアリー カレッジ 卒業
2008 カリフォルニア工科大学  博士号取得 (D. W. C. MacMillan教授)
2008–2011 ハーバード大学 博士研究員 (E. N. Jacobsen教授)
2011-2017 プリンストン大学 助教授
2017- プリンストン大学教授

受賞歴

2018 Arthur C. Cope Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize
2017 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize (Swiss Chemical Society)
2016 Amgen Young Investigator Award
2016 Eli Lilly Grantee Award
2015 Bristol Myers Squibb Innovation Grant
2014 Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship
2012 Thieme Journal Prize

研究概要

光触媒によるPCET過程を活用した有機合成法の開拓

アミジルラジカル[2]・オキシルラジカル[3]など通常では生成困難なラジカル種を、光触媒反応によるプロトン結合型電子移動(PCET)過程から生じさせ、結合解離エンタルピー(BDE)の大きなC-H結合を切断したり、多重結合変換を可能とする新規触媒系を多数実現している。

関連動画

Rob Knowles: Princeton – Incredibly Aspirational from Princeton Chemistry on Vimeo.

関連文献

  1. Gentry, E. C.; Knowles, R. R. Acc. Chem. Res. 2016, 49, 1546. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00272
  2. Choi, G. J.; Zhu, Q.; Miller, D. C.; Gu, C. J.; Knowles, R. R. Nature. 2016, 539, 268. doi:10.1038/nature19811
  3. Yayla, H. G.; Wang, H.; Tarantino, K. T.; Orbe, H. S.; Knowles, R. R. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 10794. DOI: 10.1021/jacs.6b06517

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シューミン・リー Shu-Ming Li
  2. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  3. 辻 二郎 Jiro Tsuji
  4. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  5. スコット・ミラー Scott J. Miller
  6. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  7. エリック・ソレンセン Eric J. Sorensen
  8. レイモンド・ドウェク Raymond A. Dwek

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(2)
  2. 化学エンターテイメント小説第2弾!『猫色ケミストリー』 
  3. 脈動がほとんどない小型精密ポンプ:スムーズフローポンプQシリーズ
  4. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  5. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide
  6. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis
  7. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  8. 天然階段状分子の人工合成に成功
  9. ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ
  10. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

第60回―「エネルギー・環境化学に貢献する金属-有機構造体」Martin Schröder教授

第60回の海外化学者インタビューは、マーティン・シュレーダー教授です。ノッティンガム大学化学科(訳注…

炭素置換Alアニオンの合成と性質の解明

第249回のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科(山下研究室)・車田 怜史 さんにお…

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP