[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学 助教授。(写真:Princeton Unversity)

経歴

2003 ウィリアム&メアリー カレッジ 卒業
2008 カリフォルニア工科大学  博士号取得 (D. W. C. MacMillan教授)
2008–2011 ハーバード大学 博士研究員 (E. N. Jacobsen教授)
2011-2017 プリンストン大学 助教授
2017- プリンストン大学教授

受賞歴

2018 Arthur C. Cope Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize
2017 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize (Swiss Chemical Society)
2016 Amgen Young Investigator Award
2016 Eli Lilly Grantee Award
2015 Bristol Myers Squibb Innovation Grant
2014 Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship
2012 Thieme Journal Prize

研究概要

光触媒によるPCET過程を活用した有機合成法の開拓

アミジルラジカル[2]・オキシルラジカル[3]など通常では生成困難なラジカル種を、光触媒反応によるプロトン結合型電子移動(PCET)過程から生じさせ、結合解離エンタルピー(BDE)の大きなC-H結合を切断したり、多重結合変換を可能とする新規触媒系を多数実現している。

関連動画

Rob Knowles: Princeton – Incredibly Aspirational from Princeton Chemistry on Vimeo.

関連文献

  1. Gentry, E. C.; Knowles, R. R. Acc. Chem. Res. 2016, 49, 1546. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00272
  2. Choi, G. J.; Zhu, Q.; Miller, D. C.; Gu, C. J.; Knowles, R. R. Nature. 2016, 539, 268. doi:10.1038/nature19811
  3. Yayla, H. G.; Wang, H.; Tarantino, K. T.; Orbe, H. S.; Knowles, R. R. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 10794. DOI: 10.1021/jacs.6b06517

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. グァンビン・ドン Guangbin Dong
  2. アルバート・コットン Frank Albert Cotton
  3. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  4. リチャード・スモーリー Richard E. Smalley
  5. ネイサン・ネルソン Nathan Nelson
  6. チャオ=ジュン・リー Chao-Jun Li
  7. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  8. ジョン・グッドイナフ John B. Goodenough

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  2. The Sol-Gel Handbook: Synthesis, Characterization and Applications
  3. 論文執筆ABC
  4. 振動結合:新しい化学結合
  5. 未来のノーベル化学賞候補者
  6. 旭化成の今期、営業利益15%増の1250億円に
  7. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  8. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidation
  9. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horner-Emmons Reagents
  10. 化学の力で迷路を解く!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP