[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ロバート・ノールズ Robert R. Knowles

[スポンサーリンク]

ロバート・R・ノールズ(Robert R. Knowles, 19xx年x月x日(ニューヨーク生)-)は、アメリカの有機化学者である。 プリンストン大学教授。(写真:Princeton Unversity)

経歴

2003 ウィリアム&メアリー カレッジ 卒業
2008 カリフォルニア工科大学  博士号取得 (D. W. C. MacMillan教授)
2008–2011 ハーバード大学 博士研究員 (E. N. Jacobsen教授)
2011-2017 プリンストン大学 助教授
2017- プリンストン大学教授

受賞歴

2018 Arthur C. Cope Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize
2017 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2017 Grammaticakis-Neumann Prize (Swiss Chemical Society)
2016 Amgen Young Investigator Award
2016 Eli Lilly Grantee Award
2015 Bristol Myers Squibb Innovation Grant
2014 Alfred P. Sloan Foundation Research Fellowship
2012 Thieme Journal Prize

研究概要

光触媒によるPCET過程を活用した有機合成法の開拓

アミジルラジカル[2]・オキシルラジカル[3]など通常では生成困難なラジカル種を、光触媒反応によるプロトン結合型電子移動(PCET)過程から生じさせ、結合解離エンタルピー(BDE)の大きなC-H結合を切断したり、多重結合変換を可能とする新規触媒系を多数実現している。

関連動画

Rob Knowles: Princeton – Incredibly Aspirational from Princeton Chemistry on Vimeo.

関連文献

  1. Gentry, E. C.; Knowles, R. R. Acc. Chem. Res. 2016, 49, 1546. DOI: 10.1021/acs.accounts.6b00272
  2. Choi, G. J.; Zhu, Q.; Miller, D. C.; Gu, C. J.; Knowles, R. R. Nature. 2016, 539, 268. doi:10.1038/nature19811
  3. Yayla, H. G.; Wang, H.; Tarantino, K. T.; Orbe, H. S.; Knowles, R. R. J. Am. Chem. Soc. 2016, 138, 10794. DOI: 10.1021/jacs.6b06517

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic …
  2. デイヴィッド・リウ David R. Liu
  3. 城戸 淳二 Junji Kido
  4. アンディ・マイヤース Andrew G. Myers
  5. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  6. 原田 明 Akira Harada
  7. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  8. ロバート・クラブトリー Robert H. Crabtree

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  2. 学生に化学論文の書き方をどうやって教えるか?
  3. ビンゲル反応 Bingel Reaction
  4. 有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号
  5. 私が思う化学史上最大の成果-1
  6. マーティン・カープラス Martin Karplus
  7. 第73回―「Nature Chemistryの編集者として」Gavin Armstrong博士
  8. 塩にまつわるよもやま話
  9. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  10. 服用で意識不明6件、抗生剤に厚労省が注意呼びかけ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

キムワイプをつくった会社 ~キンバリー・クラーク社について~

Tshozoです。本件先日掲載されたこちらのArticleの追っかけでネタ色が強いですが書いてみるこ…

Advanced Real‐Time Process Analytics for Multistep Synthesis in Continuous Flow

In multistep continuous flow chemistry, studying c…

三角形ラジカルを使って発光性2次元ハニカムスピン格子構造を組み立てる!

第309回のスポットライトリサーチは、木村舜 博士にお願いしました。金属と有機配位子がネット…

第148回―「フッ素に関わる遷移金属錯体の研究」Graham Saunders准教授

第148回の海外化学者インタビューは、グラハム・サウンダース准教授です。ニュージーランドのハミルトン…

ケムステチャンネルをチャンネル登録しませんか?

5月11日で化学の情報サイトケムステは開設21周年を迎えます。これまで記事中心の活動を行ってきました…

化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の活用を広げる編

前回の化学研究で役に立つデータ解析入門:回帰分析の応用編では、Rを使ってエクセルにはできない回帰分析…

いろんなカタチの撹拌子を試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第5弾。今回は様々な化合物を反応させる際に必須な撹拌子(回転…

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP