[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ムスカリン muscarine

ムスカリン(muscarine)は、ベニテングタケ(Amanita muscaria)をはじめとする毒キノコに含まれるアルカロイドである。

歴史・用途

歴史は古く、150年以上も前から存在は知られていた。比較的簡単な構造だがその精製は困難であり、化学構造は1957年になるまで明らかとされなかった。化学構造が決定されると同時に化学合成も達成された。

ムスカリンは毒性だけでなく、自律神経(副交感神経)刺激作用を持っている。ムスカリン性アセチルコリン受容体に結合し、アゴニスト作用を示すことに起因する。

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. シスプラチン しすぷらちん cisplatin
  2. シアノスター Cyanostar
  3. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…
  4. 酢酸ビニル (vinyl acetate)
  5. カリオフィレン /caryophyllene
  6. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  7. シガトキシン /ciguatoxin
  8. ミック因子 (Myc factor)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ナトリウムの酸化反応をブロガー・読者がこぞって追試!?
  2. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  3. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylation
  4. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  5. EUのナノマテリアル監視機関が公式サイトをオープン
  6. JSRとはどんな会社?-2
  7. 3色に変化する熱活性化遅延蛍光材料の開発
  8. 人前ではとても呼べない名前の化合物
  9. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement
  10. 水と塩とリチウム電池 ~リチウムイオン電池のはなし2にかえて~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP