[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ムスカリン muscarine

[スポンサーリンク]

ムスカリン(muscarine)は、ベニテングタケ(Amanita muscaria)をはじめとする毒キノコに含まれるアルカロイドである。

歴史・用途

歴史は古く、150年以上も前から存在は知られていた。比較的簡単な構造だがその精製は困難であり、化学構造は1957年になるまで明らかとされなかった。化学構造が決定されると同時に化学合成も達成された。

ムスカリンは毒性だけでなく、自律神経(副交感神経)刺激作用を持っている。ムスカリン性アセチルコリン受容体に結合し、アゴニスト作用を示すことに起因する。

 

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. カスガマイシン (kasugamycin)
  2. ダイヤモンドライクカーボン
  3. ペルフルオロデカリン (perfluorodecalin)
  4. スピノシン spinosyn
  5. サラシノール/Salacinol
  6. 緑色蛍光タンパク /Green Fluorescent Prot…
  7. 白リン / white phosphorus
  8. ビタミンB12 /vitamin B12

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リガンド革命
  2. Keith Fagnou Organic Chemistry Symposium
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑨:トラックボールの巻
  4. マラリア治療の新薬の登場を歓迎する
  5. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  6. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  7. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム
  8. 和製マスコミの科学報道へ不平不満が絶えないのはなぜか
  9. 可視光エネルギーを使って単純アルケンを有用分子に変換するハイブリッド触媒系の開発
  10. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

有機合成化学協会誌2021年2月号:デオキシプロピオナート構造・遠隔不斉誘導反応・還元的化学変換・海洋シアノバクテリア・光学活性キニーネ

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年2月号がオンライン公開されました。大…

軽くて強いだけじゃないナノマテリアル —セルロースナノファイバーの真価

詳細・お申し込みはこちら開講期間2021年3月17日(水)10:30~15:50 <1日…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP