[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ムスカリン muscarine

ムスカリン(muscarine)は、ベニテングタケ(Amanita muscaria)をはじめとする毒キノコに含まれるアルカロイドである。

歴史・用途

歴史は古く、150年以上も前から存在は知られていた。比較的簡単な構造だがその精製は困難であり、化学構造は1957年になるまで明らかとされなかった。化学構造が決定されると同時に化学合成も達成された。

ムスカリンは毒性だけでなく、自律神経(副交感神経)刺激作用を持っている。ムスカリン性アセチルコリン受容体に結合し、アゴニスト作用を示すことに起因する。

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トリメチルアルミニウム trimethylalminum
  2. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  3. カリオフィレン /caryophyllene
  4. オーラノフィン (auranofin)
  5. コランニュレン corannulene
  6. ビタミンB12 /vitamin B12
  7. 二酸化炭素 (carbon dioxide)
  8. チアミン (thiamin)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グルコース (glucose)
  2. ホフマン脱離 Hofmann Elimination
  3. ビス(ピナコラト)ジボロン:Bis(pinacolato)diboron
  4. [2+2]光環化反応 [2+2] Photocyclization
  5. “マイクロプラスチック”が海をただよう その2
  6. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成
  7. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表
  8. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  9. 高井・ロンバード反応 Takai-Lombardo Reaction
  10. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

第172回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー…

PAGE TOP