[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ムスカリン muscarine

ムスカリン(muscarine)は、ベニテングタケ(Amanita muscaria)をはじめとする毒キノコに含まれるアルカロイドである。

歴史・用途

歴史は古く、150年以上も前から存在は知られていた。比較的簡単な構造だがその精製は困難であり、化学構造は1957年になるまで明らかとされなかった。化学構造が決定されると同時に化学合成も達成された。

ムスカリンは毒性だけでなく、自律神経(副交感神経)刺激作用を持っている。ムスカリン性アセチルコリン受容体に結合し、アゴニスト作用を示すことに起因する。

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アクリルアミド /acrylamide
  2. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate…
  3. カイニン酸 kainic acid
  4. オリンピセン (olympicene)
  5. A-ファクター A-factor
  6. コルチスタチン /Cortistatin
  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  8. アルファリポ酸 /α-lipoic acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素水業界、国民生活センターと全面対決 「断じて納得できません」
  2. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  3. メラトニン melatonin
  4. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績
  5. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  6. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証
  7. テオ・グレイ Theodore Gray
  8. 有望ヘリウム田を発見!? ヘリウム不足解消への希望
  9. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  10. 2012年ケムステ人気記事ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP