[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ムスカリン muscarine

[スポンサーリンク]

ムスカリン(muscarine)は、ベニテングタケ(Amanita muscaria)をはじめとする毒キノコに含まれるアルカロイドである。

歴史・用途

歴史は古く、150年以上も前から存在は知られていた。比較的簡単な構造だがその精製は困難であり、化学構造は1957年になるまで明らかとされなかった。化学構造が決定されると同時に化学合成も達成された。

ムスカリンは毒性だけでなく、自律神経(副交感神経)刺激作用を持っている。ムスカリン性アセチルコリン受容体に結合し、アゴニスト作用を示すことに起因する。

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate…
  2. 嗚呼、美しい高分子の世界
  3. カルボラン carborane
  4. カリックスアレーン /calixarene
  5. 酒石酸/Tartaric acid
  6. キニーネ きにーね quinine
  7. アデノシン /adenosine
  8. 2,5-ジ-(N-(­­­­–)-プロイル)-パラ-ベンゾキノン…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  2. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  3. リサーチ・アドミニストレーター (URA) という職業を知っていますか?
  4. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  5. ケムステが化学コミュニケーション賞2012を受賞しました
  6. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  7. クリストフ・レーダー Christoph Rader
  8. 不正の告発??
  9. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  10. 新人化学者の失敗ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話

総合職であれば、本社以外の勤務や転勤を職務の一貫として、身近なものとして考えられる方は多いのではない…

決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~

投資家でなければ関係ないと思われがちな決算短信ですが、実は企業のいろいろな情報が正直に書いてある書類…

複雑にインターロックした自己集合体の形成機構の解明

第199回のスポットライトリサーチは、東京大学総合文化研究科(平岡研究室)博士課程・立石友紀さんにお…

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP