[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シュミット グリコシル化反応 Schmidt Glycosylation

概要

トリクロロアセトイミデートをBF3などのルイス酸で活性化し、オキソニウムカチオンを発生させてグリコシル化を行う方法。複製するトリクロロアセトアミドが中性であるため、反応液の酸性度が大きく変化しないという特長がある。

 

基本文献

<review>

 

反応機構


schmidt_glycosidation_2.gif

反応例

Woodrosin Iの全合成[1]

schmidt_glycosidation_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

※水が存在すると加水分解が併発する。予めトルエン共沸などで残存水分を除いて置くと収率が良い。もしくは、ルイス酸とともに活性化したMS4Aなどを共存させておく。

 

参考文献

[1] Furstner, A.; Jeanjean, F.; Razon, P. Angew. Chem. Int. Ed. 2002, 41, 2097. [abstract]

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knor…
  2. カティヴァ 酢酸合成プロセス Cativa Process fo…
  3. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocie…
  4. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis…
  5. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald…
  6. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction
  7. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  8. クリーギー グリコール酸化開裂 Criegee Glycol O…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー
  2. 天野 浩 Hiroshi Amano
  3. 本当の天然物はどれ?
  4. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」③(解答編)
  6. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  7. リアル『ドライ・ライト』? ナノチューブを用いた新しい蓄熱分子の設計-前編
  8. カセロネス鉱山
  9. 韮山反射炉
  10. Nsアミン誘導体

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP