[スポンサーリンク]

K

コルベ電解 Kolbe Electrolysis

 

概要

電解条件にてカルボン酸の脱炭酸を伴いつつ、二量化を進行させる方法。

 

基本文献

 

反応機構

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. [6π]光環化 [6π]Photocyclization
  2. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloa…
  3. 溝呂木・ヘック反応 Mizoroki-Heck Reaction…
  4. エルマンイミン Ellman’s Imine
  5. スワーン酸化 Swern Oxidation
  6. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation
  7. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  8. 求電子的トリフルオロメチル化 Electrophilic Tri…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第4回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  3. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part2】
  4. フィリップ・イートン Phillip E. Eaton
  5. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  6. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  7. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  8. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  10. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-ホルミルサッカリン

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP