[スポンサーリンク]

一般的な話題

分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

[スポンサーリンク]

2017年の日本化学会春の年会が慶応義塾大学で開催されていたそのとき、筆者は京都女子大学で開催されていた日本農芸化学会の大会に参加していました。

これくらいの大きな学会ではお馴染みになっている、企業の展示会や即売会がありましたが、そこで気になるブースを発見。化学に関係あるグッズを扱っている一角に学生さんたちが群がっておりました。

引き寄せられて物色していると、一際目を引くグッズがありました。それはシルバーで作られた化合物をモチーフとしたアクセサリーたちでした。というわけで、今回のポストではその化合物シルバーアクセサリーを自腹で購入してみましたのでレビューをお届けいたします。

年度末は化学会や薬学会の大会がほぼ日程をかぶせてきますよね。特に筆者が所属する農芸化学会は毎年日本化学会と完全に重なっていることが多いです。実は化学会の年会には数十年(言い過ぎかもしれませんが)行っておりません。農芸化学会にも化学関係の研究者はちゃんといるので、結構講演数は多いんですよ。

さて、その農芸化学会の展示会コーナーですが、その多くがバイオ関係です。なので今回お世話になった「サイエンティフィックアイデア」という見慣れないブースは逆に目立っており、扱っている商品が手頃なお値段で購入可能なものを多く扱っていることから、学生さんにはよいコーナーとなっていたようです。グッズは化学限定ではありませんが、実験道具をモチーフにした小物やガラス器具の実物を使った商品など、くすぐられるものが盛りだくさんでした。後日調べたところwebでの販売もあるようです(サイトはこちら)。

サイズ感分かりますか?

そんなグッズの中で文字通り輝いていたのがご紹介する、「化学式アクセサリー」と銘打たれたシルバーアクセサリーです。みたことがある様々な分子構造が丁寧に仕上げられており、こういった化学グッズにありがちな、構造式の間違いや、結合角度の不自然さ、立体化学の不正確さなどを全く感じさせない、大変素晴らしいクオリティで仕上がっているではありませんか。これはぜひとも欲しい!となりましたが、アクセサリーだけに、ピアスやネックレスが多く筆者には無縁・・・これならイケる!というのはネクタイピンですが学生さんには少し冒険なお値段設定でもあり、どの分子にしようか迷うところです。

タイピンの見本たち

どうせなら筆者自身の研究に関係がある分子がいいなと思ったのですが、展示品以外のカタログを拝見しても、いまひとつピン(タイピンだけに)ときません。まあ一般的な分子がラインナップされていますのでそれは仕方ないでしょうね。そこで目をつけたのがオーダーメイド可能の文字。どの程度の分子がデザイン可能か探りを入れたところ、希望の分子が可能そうな好感触。サイトのアドレスをいただいて後日改めて注文することにしました。

 

そのサイトは主にハンドメイドのアクセサリーなどを販売しているサイトで、そこにアンクラールスさんが出店されております(リンク)。サイトには出来合いの作品も多数あり、それをみていただければどれ位のクオリティかはお分かりいただけると思います。

アンクラールスさんのサイトより転載 ベンゼン環は直径8mm程度

そこからオーダーメイドを注文し、自分が作って欲しい分子構造の画像を送ります。個人でやってらっしゃるようで、納期はタイミングにもよるでしょうが少々長めでした。それでも全く構わないのでお願いすることに。

 

しばらくして、無事完成の連絡があり、程なく手元に届きました。開けてびっくり、感動的な出来栄えです!お願いした分子がタイピンとしては細長く、少し調整が必要とのことでしたが、全く感じさせない素晴らしい逸品です。

早速着用してニヤニヤしました。

 

一品モノのシルバーアクセサリーですからお値段はそれなりです。しかし大変満足度の高い買い物になりました。例えば恩師への贈り物なんかにはいいんじゃないかなと思います。また、ピアスなどはリーズナブルなお値段ですので、化学系女子の方々にはオススメなマストアイテムかも。ここで紹介してしまったことで注文が殺到なんてことになるかもしれませんが、デザイナーさんが細々とやられていると思いますので、オーダーメイドの場合は納期などは覚悟したほうがいいかもしれません。

化学式アクセサリーはUNCLARUS'<アンクラ―ルス>さんの登録商標となっております。

 

関連書籍

 

ペリプラノン

ペリプラノン

投稿者の記事一覧

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. その反応を冠する者の名は
  2. 砂糖水からモルヒネ?
  3. Reaxys Prize 2011募集中!
  4. 第8回平田メモリアルレクチャー
  5. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  6. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー2
  7. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  8. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  2. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  3. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑪:どっちもクリップの巻
  4. 水蒸気侵入によるデバイス劣化を防ぐ封止フィルム: AFTINNOVA™ -EF
  5. 第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授
  6. クラベ アレン合成 Crabbe Allene Synthesis
  7. フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ
  8. プラトー反応 Prato Reaction
  9. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  10. フラーレンが水素化触媒に???

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

吉岡里帆さん演じる「化学大好きDIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」シリーズ、第2弾公開!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2021年1月より、数々のヒット作に出演し、…

第14回ケムステVシンポ「スーパー超分子ワールド」を開催します!

ケムステーションをご覧の方々、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます…

【日産化学】新卒採用情報(2022卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造|オンライン R2

詳細・お申込みはこちら日時令和3年 2月18日、25日(木) 基礎編        …

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解で起こる現象編~

化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレクトロ…

Machine learning-driven optimization in powder manufacturing of Ni-Co based superalloy

NIMS は、機械学習を適用することで、航空機エンジン用材料として有望な Ni-Co 基超合金の高性…

実験白衣を10種類試してみた

化学実験関連商品紹介動画シリーズ第二弾です。前回は実験メガネを紹介しました。今回は実験メガネ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP