[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【Spiber】新卒・中途採用情報

[スポンサーリンク]

 

【会社が求める人物像】
私たちの理念や取り組みに共感し、「人を大切にする」という気持ちがベースにあり、柔軟性を持って多様なステークホルダーと協力して新しいことに果敢に挑戦できる方のご応募をお待ちしています。

例えば以下の要素を持った方はSpiberに向いています!
・ 自身の幸福(well-being)を大切にできる方
・ チームの利益、組織全体の利益、社会全体の利益を考え、行動できる方
・ セルフマネジメント(メンタル・フィジカル)が得意な方
・ 変化を楽しめるマインドセットがある方
・ 多様性や変化を受け入れられる寛容さ、柔軟さがある方
・ 開拓者精神を持っている方

【研究員にほしい要素】
・ チームワークが得意な方
・ 自身の専門性にとらわれず、新しいビジネスを作り上げる事に熱意を持ち続けられる方
・ 技術営業などにも対応可能な高いコミュニケーションスキルをお持ちな方
・ 勉強熱心であること(最先端の知識、専門領域外の知識を積極的にインプットできる方)
・ 論理的思考能力、批判的思考能力、知的体力(考えぬく力)

採用情報

募集職種 【新卒・中途/正社員】 研究員
仕事内容 素材開発、有機合成/高分子合成 研究業務
応募資格 有機合成化学/高分子合成のバックグラウンド

※新卒可

勤務地 〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
勤務時間 フレックスタイム制
給与 最低給与18万円からの自己申告制。試用期間の3ヶ月後、その後年に1〜2回の給与改定の機会あり。
*限りある資源を分け合うこと、また個人の成長度や幸福度など様々な観点から考えて自己決定します
福利厚生 選択制確定拠出年⾦制度、個⼈の健康に係る費⽤の補助、社内語学教室、保育園
昇給・賞与 自己申告制の給与制度のため自身で加味して給与を設定
諸手当 休日、残業/深夜勤務手当
休日休暇 土日祝日、会社指定休日 *年間休日125日
採用スケジュール ①HPからのエントリー

②書類選考 *結果はエントリーから14日程度で通知

③一次面接 *結果は面接から7日以内に通知

④最終面接 *結果は面接から7日以内に通知

⑤内定 *入社日は月に2回

応募方法 https://www.spiber.inc/join/
① 上記URLに接続
② 下部の「→応募フォーム」をクリック
③ 必要項目を記入、履歴書、応募理由書、自己PR書類を添付いただきエントリーをお願いいたします。
連絡先 経営管理部門 人事チーム 採用担当 recruiting@spiber.inc

先輩社員情報

■ Material 部門 2017年度入社(中途採用) *京都大学大学院 理学研究科 化学専攻

「目の前のお客様だけでなく、社会全体にとって真に価値があるものづくりがしたい」その思いと共に私はSpiberに入社しました。

有機合成化学分野で大学院博士課程を修了した後、総合化学企業で素材の研究開発に携わりました。その経験の中で、自らで設計した商品をお客様の手にお届けし、生活を豊かにすることができる素材産業の虜になりました。一方、歴史が長い石油化学を前提としたものづくりでは、中長期的には、環境負荷および化学構造の視点から、高付加価値かつ「おもろい*」素材を生み出すことが難しくなっているのではないか、と感じました。(*関西の方言で’’おもしろい’’、’’独創的’’、’’創造的’’という意味を含みます。)その中で、Spiberのタンパク質素材事業に出会いました。

当社は微生物発酵で生産したタンパク質素材の商業化を進めています。タンパク質はバイオマス由来かつ環境分解性を有する素材であり、同時に、化学目線でも非常に「おもろい」化合物です。タンパク質は、20種類の多様な反応性官能基を含むアミノ酸モノマーの精密重合体です。環境負荷が低い、構造設計の自由度が高い、かつ、素材利用の目線で未開拓領域が広いなど、様々な特長があります。それらが私の探究心・冒険心を掴んで離しません。

Spiberでは、タンパク質素材を使用した種々の成形品の開発に携わっています。お取引先から頂戴したニーズに基づき、タンパク質素材の加工・成形条件の最適化を行います。その中で、上流の工程であるアミノ酸配列設計チームや培養精製チームとの連携も密に行います。その業務では、有機合成化学で培った「分子を官能基レベルで捉える力」が非常に役に立っています。素材ニーズを分子設計に落とし込む力や、それを実際に調製する力、さらに、トラブル時に作業仮説を打ち立てる力などは、有機合成で養われた化学の基礎が土台となっています。現在当社では素材開発力を増強するため、有機化学・高分子化学系の実験環境の増築を進めています。今後ますます有機化学者の活躍の場が広がっていきます。

当社の研究開発は極めて分野横断的です。加えて、対象が先行研究の少ない材料のため、開発途中で思わぬ障壁にぶつかることも少なくありません。その時、自身の専門分野の殻に籠るのではなく、分からない中でも「やってみる」、そして周りの仲間と情報を共有して「議論する」、そしてチームとして課題を解決する。そんな研究員が生き生きと働くことができる文化が、当社には醸成されています。

タンパク質素材という未開の荒野で、一緒に道を切り開いてみませんか。

Spiber 本社外観、及び、Spiber での業務風景(著者:ドラフト前作業者)

Spiber株式会社の基本情報

会社名 Spiber株式会社
本社所在地 〒997-0052 山形県鶴岡市覚岸寺字水上234番地1
事業所 タイ
Spiber (Thailand) Ltd.
Eastern Seaboard Industrial Estate
300/155  M.1  T.Tasit,  A.Pluakdaeng,  Rayong、21140, THAILAND米国
Spiber Holdings America Inc.
1209 Orange Street, Wilmington, Delaware 19801, USASpiber America LLC
1209 Orange Street, Wilmington, Delaware 19801, USA
事業内容 新世代バイオ素材開発
創業 2007年9月26日
 資本金 354億円(資本剰余金含む)
 売上高 2億円(2019年12月期)
 従業員数 237名(2021年4月1日現在)
 ホームページ https://www.spiber.inc/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン…
  2. 富士フイルム和光純薬がケムステVプレミアレクチャーに協賛しました…
  3. 第二回ケムステVプレミアレクチャー「重水素標識法の進歩と未来」を…
  4. 論文コレクター必見!WindowsでPDFを全文検索する方法
  5. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  6. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  7. 日本薬学会第138年会 付設展示会ケムステキャンペーン
  8. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ビタミンB12 /vitamin B12
  2. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  3. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  4. 第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授
  5. イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」
  6. Lectureship Award MBLA 10周年記念特別講演会
  7. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
  8. ルィセンコ騒動のはなし(前編)
  9. 投票!2019年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  10. 第88回―「新規なメソポーラス材料の創製と応用」Dongyuan Zhao教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

蛍光と光増感能がコントロールできる有機ビスマス化合物

第312回のスポットライトリサーチは、岐阜薬科大学(永澤研究室)・向峯あかり 博士にお願いしました。…

三井化学が進める異業種との協業

三井化学と丹青社は、三井化学の最先端のテクノロジーと丹青社の空間づくりのノウハウを組み合わせ、感性に…

第150回―「触媒反応機構を解明する計算化学」Jeremy Harvey教授

第150回の海外化学者インタビューは、ジェレミー・ハーヴェイ教授です。ブリストル大学化学科(訳注:現…

オスミウム活性炭素 –ニトロ基選択的還元触媒–

接触還元は有機合成で汎用する反応の一つです。ニトロ基、オレフィン、アジドなどの還…

【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

第149回―「ガスの貯蔵・分離・触媒変換に役立つ金属-有機構造体の開発」Banglin Chen教授

第149回の海外化学者インタビューは、バングリン・チェン教授です。テキサス大学サンアントニオ校化学科…

作った分子もペコペコだけど作ったヤツもペコペコした話 –お椀型分子を利用した強誘電体メモリ–

第311回のスポットライトリサーチは、埼玉大学大学院 理工学研究科 基礎化学コー…

【マイクロ波化学(株)環境/化学分野向けウェビナー】 #CO2削減 #リサイクル #液体 #固体 #薄膜 #乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントでは、環境/化学分野の事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波をご紹介…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP