[スポンサーリンク]

化学地球儀

フィリピン海溝

フィリピン諸島の東部、フィリピン海の南西部にある海溝。大量の重水素を含む堆積物が埋蔵されている可能性がある。

マップ

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

解説

フィリピン諸島のルソン島(首都マニラがある島)南東からミンダナオ島(ドゥテルテ大統領が長年市長をしていたダバオがある島)の東を経て、インドネシアのハルマヘラ島の北東沖に達する海溝である。最深10,497 メートルという深さが記録されていて、現在世界で二番目に深い所がある海溝である。

この海溝には大量の重水素を含む堆積物が埋蔵されているという情報があり、調査が続けられている。いくつかのサイトでは、海溝内の高圧下では酸素原子が勝手に脱離して重水素ガス(D2)を生成したり、高圧下の重水を地上に取り出すと自己反応して重水素ガス(D2)が生成するので水素ビジネスとして一獲千金に成りうると謳っているが、そんなことは考えにくいので、何かしらの重水素を含む化合物がこの海溝に多く含まれているか、単に重水の濃度が高いと考えられる。

関連書籍

関連リンク

Deuterium deposits make Philippines “The Richest Country in the world”:Newsgru

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. フライデーハーバー研究所
  2. 官営八幡製鐵所関連施設
  3. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  4. 大塚国際美術館
  5. Bergfriendhof (山の墓地)
  6. 史跡 佐渡金山
  7. メンデレーエフ空港
  8. 住友化学歴史資料館

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 軸不斉のRとS
  2. リード指向型合成 / Lead-Oriented Synthesis
  3. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  4. ニッケル-可視光レドックス協働触媒系によるC(sp3)-Hチオカルボニル化
  5. 熱分析 Thermal analysis
  6. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  7. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  8. 化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発
  9. 辻・トロスト反応 Tsuji-Trost Reaction
  10. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

香りの化学4

前回香りの化学3では香料業界のことについてお話ししましたが、今回は香料業界の今後についてのお話です。…

積水化学工業、屋外の使用に特化した養生テープ販売 実証実験で耐熱・対候性を訴求

積水化学工業機能テープ事業部は、道路舗装用など屋外での使用に特化した養生テープ「フィットライトテープ…

【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】

皆さまこんにちは。以前ケムステにてフランスでの研究生活を紹介させて頂いた者です。さてそのフラ…

スケールアップで失敗しないために

化学を長年やっている助教や博士課程の学生にとっては当たり前のことでも、学部生や修士の学生がやってみる…

アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!

読者の皆さんの中には、既にご覧になった方もいらっしゃるかも知れません。有機化学アカデミック研…

1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる

先日、ある大手メーカーの役員で、面接官もされている方とお話をした際、「1次面接を通る人って、どの会社…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP