[スポンサーリンク]

K

クノール ピロール合成 Knorr Pyrrole Synthesis

 

概要

α-アミノケトンと活性メチレン化合物を縮合させてピロールを得る手法。

基本文献

  • Knorr, L. Ber. 1884, 17, 1635.
  • Knorr, L. Ann. 1886, 236, 290.

 

反応機構

knorr_pyrrole_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  2. ワインレブケトン合成 Weinreb ketone synthe…
  3. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  4. ノッシェル・ハウザー塩基 Knochel-Hauser Base…
  5. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman…
  6. TPAP(レイ・グリフィス)酸化 TPAP (Ley-Griff…
  7. MSH試薬 MSH reagent
  8. 向山縮合試薬 Mukaiyama Condensation Re…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 5月 15日

注目情報

ピックアップ記事

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  2. 有機化学美術館が来てくれました
  3. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  4. ジョン・フェン John B. Fenn
  5. 個性あるTOC
  6. メリークリスマス☆
  7. ミッドランド還元 Midland Reduction
  8. ヒドロホルミル化反応 Hydroformylation
  9. ダルツェンス縮合反応 Darzens Condensation
  10. クロロ[(1,3-ジメシチルイミダゾール-2-イリデン)(N,N-ジメチルベンジルアミン)パラジウム(II)]:Chloro[(1,3-dimesitylimidazol-2-ylidene)(N,N-dimethylbenzylamine)palladium(II)]

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP