Chem-Station

|Sponsored Advert|

H

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis
7月 29
09:53 2009
LINEで送る
Pocket

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis 

概要

β-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引き続く酸化によりピリジンへと変換できる。

 

基本文献

  • Hantzsch, A. Ber. 1881, 14, 1637. doi:10.1002/cber.18810140214
  • Hantzsch, A. Ann. 1882, 215, 1, 72.
  • Singer, A.; McElvain, S. M. Org. Synth. 193414, 30. [website]
  • Kellog, R. M. et al. J. Org. Chem. 198045, 2854. DOI: 10.1021/jo01302a020

 

反応機構

Knoevenagel縮合によって生じた電子不足アルケンに、アンモニアとの反応によって生じたエナミンMicheal付加し、引き続く脱水縮合を経て生成物を与える。
hantzsch_py_3.gif

反応例

Nifedipineの一段階合成
hantzsch_py_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation 概要 アリルシランを用いるアリル化反応。アリルシランは、アリルスズよりも毒性が低く、アリルGrignardやアリルリチウム試薬に比べて安定な有用合成試薬である。 ルイス酸やフッ化物イオンなどがプロモータとしてよく用いられている。特に、ルイス酸による反応はアリルリチウムや […]
  • ヒドロメタル化 Hydrometalationヒドロメタル化 Hydrometalation   概要 アルケン/アルキンを基質とする場合には、合成化学的観点からはとりわけM = […]
  • ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroaminationハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination アルケン→窒素化合物 概要 スチレン誘導体もしくはジエン化合物に二級アミンを付加させる反応。アトムエコノミーは100%であり、将来的に条件が温和になればきわめて実用性の高い反応になると目される。 Pd触媒を用いるとMarkovnikov付加が起きるが、Ru触媒ではan […]
  • ホフマン転位 Hofmann Rearrangementホフマン転位 Hofmann Rearrangement   概要 一級アミドをハロゲンと塩基で処理すると、イソシアナート経由の転位反応によって、一炭素減炭した一級アミンが生成する。オリジナルの条件は強アルカリ性条件が必要であり、合成化学的には少々デメリットが多い。 四酢酸鉛や高原子価ヨウ素試薬を用いる改良法も知ら […]
  • 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling ハロゲン化合物、有機金属化合物 → […]
  • ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysisハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis   概要 アルケンをオゾンによって開裂させ、カルボニル化合物へと変換する方法。 ジクロロメタン、メタノールなどに溶解した基質に、酸素ガスの無声放電によって発生させたオゾンガスを吹き込むことによって反応を行う。プロトン性溶媒で行うと反応は加速される傾向にある。 […]
  • ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesisハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis   概要 β-ケトエステル、α-ハロケトン、アンモニアの三成分反応によるピロール合成。アンモニアの代わりに三級アミンを用いればフランが合成できる(Feist-Benaryフラン合成)。 基本文献 Hantzch, A. Ber. 1890, […]
  • ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reactionホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction   概要 ホスホン酸のイリドとアルデヒドが付加することにより、Wittig反応類似の機構を経てα、β-不飽和エステルが得られる。 基質はホスファイトとα-ハロエステルからMichaelis-Arbuzov反応によって合成できる。エステルの他に、ニトリル、アリ […]
  • ホフマン脱離 Hofmann Eliminationホフマン脱離 Hofmann Elimination   概要 四級アンモニウム塩を塩基で処理すると、E1cB様機構で脱離が起こり、置換基の数が少ないオレフィンが優先的に生成する。炭素骨格の転位が起こらないので、アルカロイドの骨格構造の証明に用いられることも多かった。 基本文献 Hofmann, […]
  • ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesisヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis   概要 1,2-ジカルボニル化合物とチオジ酢酸エステルの脱水縮合によりチオフェンを得る方法。 基本文献 Hinsberg, O. Ber. 1910,43, 901. Wolf, D. E.; Folkers, K. Org. […]
LINEで送る
Pocket

About Author

Hiro

Hiro

0 Comments

No Comments Yet!

There are no comments at the moment, do you want to add one?

Write a comment

Only registered users can comment.

キャンペーン

PR