[スポンサーリンク]

H

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

概要

イ-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引き続く酸化により対称型多置換ピリジンへと変換できる。エステル部は加水分解ののち脱炭酸によって除去することも可能。

ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジンは特にHantzsch Esterと呼称され、穏和な還元剤として用いることができる。詳しくは別項を参照のこと。

hantzsch_py_4

 

基本文献

<review>

歴史

1881年にドイツの化学者アルトゥル・ルドルフ・ハンチュによって開発される。

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

反応機構

Knoevenagel縮合によって生じた電子不足アルケンに、アンモニアとの反応によって生じたエナミンMicheal付加し、引き続く脱水縮合を経て生成物を与える。

hantzsch_py_3

反応例

Nifedipineの一段階合成[1] 

hantzsch_py_2

非対称なジヒドロピリジンを合成するには、予めKnoevenagel縮合にて合成した不飽和ケトンと、エナミンを縮合させる(Knoevenagel-Fries変法)。

hantzsch_py_5

ターピリジン誘導体の合成:系中で芳香化が起こる。[2]

hantzsch_py_6

参考文献

  1. Review: Bossert, F.; Meyer, H.; Wehinger, E. Angew. Chem. Int. Ed. 1981, 20, 762. DOI: 10.1002/anie.198107621
  2. Kelly, T. R.; Lebedev, R. L. J. Org. Chem. 2002, 67, 2197. DOI: 10.1021/jo016250v

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  2. マイヤース・斉藤環化 Myers-Saito Cyclizati…
  3. ヨードラクトン化反応 Iodolactonization
  4. パール・クノール フラン合成 Paal-Knorr Furan …
  5. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction
  6. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation
  7. シュミット転位 Schmidt Rearrangement
  8. ガッターマン・コッホ反応 Gattermann-Koch Rea…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「ペプチドリーム」東証マザーズ上場
  2. プラトー反応 Prato Reaction
  3. メルドラム酸 Meldrum’s Acid
  4. Reaxys PhD Prize 2016ファイナリスト発表!
  5. 飯島澄男 Sumio Iijima
  6. as well asの使い方
  7. フライデーハーバー研究所
  8. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  9. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  10. MUKAIYAMA AWARD講演会

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

Imaging MS イメージングマス

質量分析計 (MS) は化合物の同定手段として一般に用いられ有機小分子だけでなく、現在ではMS-MS…

リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応

第81回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学大学院工学研究科小川研究室博士1年の佐藤悠樹さんにお…

alreadyの使い方

副詞「already」は日本人が最もよく誤用する語の一つです。私が読んできた日本人学者による論文では…

「アニオン–π触媒の開発」–ジュネーブ大学・Matile研より

「ケムステ海外研究記」は節目となる第10回目を迎えました!記念すべき本寄稿は、第6回目の志村さんから…

最近の有機化学論文2

前回に引き続き、注目の有機化学に関する論文を紹介いたします。【有機反応】δ位選択的なsp3C–H…

Evonikとはどんな会社?

Tshozoです。こないだ紹介したAkzonobelつながりで今回はドイツ特殊化学品の雄 Evoni…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP