[スポンサーリンク]


H

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

hantzsch_py_1

概要

イ-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引き続く酸化により対称型多置換ピリジンへと変換できる。エステル部は加水分解ののち脱炭酸によって除去することも可能。

ホルムアルデヒドとアセト酢酸エチルを用いて合成されるジヒドロピリジンは特にHantzsch Esterと呼称され、穏和な還元剤として用いることができる。詳しくは別項を参照のこと。

hantzsch_py_4

 

基本文献

<review>

歴史

1881年にドイツの化学者アルトゥル・ルドルフ・ハンチュによって開発される。

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

Arthur Rudolf Hantzsch (1857-1935)

反応機構

Knoevenagel縮合によって生じた電子不足アルケンに、アンモニアとの反応によって生じたエナミンMicheal付加し、引き続く脱水縮合を経て生成物を与える。

hantzsch_py_3

反応例

Nifedipineの一段階合成[1] 

hantzsch_py_2

非対称なジヒドロピリジンを合成するには、予めKnoevenagel縮合にて合成した不飽和ケトンと、エナミンを縮合させる(Knoevenagel-Fries変法)。

hantzsch_py_5

ターピリジン誘導体の合成:系中で芳香化が起こる。[2]

hantzsch_py_6

参考文献

  1. Review: Bossert, F.; Meyer, H.; Wehinger, E. Angew. Chem. Int. Ed. 1981, 20, 762. DOI: 10.1002/anie.198107621
  2. Kelly, T. R.; Lebedev, R. L. J. Org. Chem. 2002, 67, 2197. DOI: 10.1021/jo016250v

関連反応

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 2014-08-24_01-34-53 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic …
  2. 2014-10-30_01-10-32 フィッシャーカルベン錯体 Fischer Carbene Com…
  3. 2014-10-23_22-27-42 シリル系保護基 Silyl Protective Group
  4. 2014-10-27_08-13-50 コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation
  5. 2014-09-01_19-50-45 バートン反応 Barton Reaction
  6. 2014-10-28_15-40-23 エンインメタセシス Enyne Metathesis
  7. 2014-10-30_00-15-21 フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  8. 2014-10-27_22-12-10 スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

.
.

ピックアップ記事

  1. ChemDrawの使い方【作図編②:触媒サイクル】 ChemDraw_HowTo_1
  2. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  3. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  4. 重いキノン
  5. 有機合成のナビゲーター
  6. 化学系学生のための企業合同説明会 2016-11-17_00-40-10
  7. 仏サノフィ・アベンティス、第2・四半期は6.5%増収
  8. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement 2014-10-29_22-42-11
  9. pH応答性硫化水素ドナー分子の開発 2016-08-06_21-36-54
  10. ゴジラ級のエルニーニョに…出会った! 2016-01-08_02-54-35

注目記事

関連商品

注目情報

.
.
.
.

試薬検索:東京化成工業



最新記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-15-00-20 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

内容有機分子触媒は,取扱いの容易さだけでなく,環境負荷の軽減やレアメタルの枯渇・高騰といった…

border-security-380x260 オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

シドニー国際空港では税関職員が一人の怪しい男に目を付けた。(中略)彼の持ち物の付着物からなんとコカイ…

【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!

「日ノ本合成樹脂製作所」の廃業にともない入手困難になっていた、「HGS分子構造模型」がなんと再販され…

2016-11-26_21-52-18 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

aaeaaqaaaaaaaayoaaaajgfhm2u1ody4ltjkyjatndi4zc05odjhltcxnjm2nzyzodnmnw 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

Prof. Ryotaro Matsuda, the Graduate School of Engi…

2016-11-28_14-29-56 気になるあの会社~東京エレクトロン~

ケムステでは、民間企業についての記事をたくさん取り扱ってきました。今回は、ちょっと前に新聞に周期表の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP