Chem-Station (ケムステ)

|Sponsored Advert|

H

ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydropyridine Synthesis

2014-10-28_14-05-13


7月 29
09:53 2009

 

概要

β-ケトエステルとアルデヒドにアンモニアを作用させると、ジヒドロピリジンが得られる。これは引き続く酸化によりピリジンへと変換できる。

 

基本文献

  • Hantzsch, A. Ber. 1881, 14, 1637. doi:10.1002/cber.18810140214
  • Hantzsch, A. Ann. 1882, 215, 1, 72.
  • Singer, A.; McElvain, S. M. Org. Synth. 193414, 30. [website]
  • Kellog, R. M. et al. J. Org. Chem. 198045, 2854. DOI: 10.1021/jo01302a020

 

反応機構

Knoevenagel縮合によって生じた電子不足アルケンに、アンモニアとの反応によって生じたエナミンMicheal付加し、引き続く脱水縮合を経て生成物を与える。
hantzsch_py_3.gif

反応例

Nifedipineの一段階合成
hantzsch_py_2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 2014-10-27_22-38-13ヒドロメタル化 Hydrometalation   概要 アルケン/アルキンを基質とする場合には、合成化学的観点からはとりわけM = […]
  • 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation 概要 アリルシランを用いるアリル化反応。アリルシランは、アリルスズよりも毒性が低く、アリルGrignardやアリルリチウム試薬に比べて安定な有用合成試薬である。 ルイス酸やフッ化物イオンなどがプロモータとしてよく用いられている。特に、ルイス酸による反応はアリルリチウムや […]
  • ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroaminationハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroamination アルケン→窒素化合物 概要 スチレン誘導体もしくはジエン化合物に二級アミンを付加させる反応。アトムエコノミーは100%であり、将来的に条件が温和になればきわめて実用性の高い反応になると目される。 Pd触媒を用いるとMarkovnikov付加が起きるが、Ru触媒ではan […]
  • 2014-10-26_19-49-59アルキンの水和反応 Hydration of Alkyne   概要 アルキンは適当なルイス酸触媒存在下に、水和反応を起こす。触媒金属としては特に多重結合と親和性の高い、水銀や貴金属が多用される傾向にある。ほとんどの場合、マルコフニコフ則に従う化学選択性にて化合物が得られる。   基本文献 […]
  • ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Reactionハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Reaction   概要 ベンジリデンアセタールをN-ブロモスクシンイミド(NBS)で処理することで酸化的に開環体を与える反応。立体的にすいている位置に臭素が導入される。   基本文献 Failla, D. L.; Hullar, T. L.; […]
  • 超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine超原子価ヨウ素 Hypervalent Iodine   概要 ヨウ素はハロゲン元素の中でも分極しやすく、電気陰性度が小さい。このため高い原子価状態を取る事ができる。 アピカル位の原子団が脱離するに伴い、安定なI価のヨウ素へと還元されるため、高い脱離能と酸化能を示す。 合成化学的に有用なIII価ヨウ素試薬 […]

0 Comments

No Comments Yet!

There are no comments at the moment, do you want to add one?

Write a comment

Write a Comment

Your email address will not be published.
Required fields are marked *

キャンペーン

PR