Chem-Station

|Sponsored Advert|

odos 有機反応データベース

スワーン酸化 Swern Oxidation

スワーン酸化 Swern Oxidation
6月 09
14:49 2009
LINEで送る
Pocket

スワーン酸化 Swern Oxidation 

概要

ジメチルスルホキシド(DMSO)-塩化オキサリル系によるアルコールの酸化。

DCC(Pfitzner-Moffatt酸化)、TFAA(Swern変法)、無水酢酸(Albright-Goldmann酸化)、SO3-ピリジン(Parrikh-Doering酸化)などもDMSOの活性化剤として用いられるが、塩化オキサリル法は副反応が起こりにくい点で優れている。TFAAを用いる方法は活性が非常に高いが、副反応もやや多めとなる。

試薬由来の副産物が低沸点で除去容易であり、大量スケールでのアルデヒド合成によく用いられる。 ただし、当量のジメチルスルフィドが生成するため、その悪臭が問題となる。

基本文献

  • Huang, S.-L.; Omura, K.; Swern, D. J. Org. Chem. 197641, 3329. DOI: 10.1021/jo00882a030
  • Mancuso, A. J.; Huang, S.-L.; Swern, D. J. Org. Chem. 1978, 43, 2489. doi:10.1021/jo00406a041
  • Omura, K.; Swern, D. Tetrahedron 197834, 1651. doi:10.1016/0040-4020(78)80197-5
  • Review: Mancuso, A. J.; Swern, D. Synthesis 1981, 165. doi:10.1055/s-1981-29377
  • Marx, M.; Tidwell, T. T. J. Org. Chem. 198449, 788. DOI: 10.1021/jo00179a009
  • Review: Tidwell, T. T. Org. React. 199039, 297.
  • Review: Tidwell, T. T. Synthesis 1990, 857. doi:10.1055/s-1990-27036
  • Review: Lee, T. V. Comprehensive Organic Synthesis 19917, 291.

 

反応機構

DMSOと塩化オキザリルが反応して、クロロスルホニウム塩が生じ、これが酸化活性種として働く。この活性種は水に弱く、また-60℃で速やかに分解する。このため、本反応は低温(-78℃)・無水条件で行う必要がある。また有毒気体(CO)および悪臭(Me2S)を発するため、ドラフト内での作業が要請される。このため、実験操作・手順の煩雑さがやや欠点である。
ol-al-6.gif

副反応としてもっとも有名なものはメチルチオメチルエーテル化(MTM化)である。高温で反応を行うとクロロスルホニウム塩がPummerer転位を起こしたものがアルコールと反応し、MTM保護された生成物が得られる。
swern_3.gif

反応例

穏和な条件下で進行し、不安定なアルデヒドの合成にも使える。数ある酸化反応の中でも、最も頻用される一つであり、あらゆる適用例が見うけられる。以下に一例((+)-Thiazinotrienomycin
Eの合成[1])を示す。
swern_4.gif
TFAA条件の例[2]
swern_5.gif

実験手順

swern_6.gif
塩化オキザリル(2.1mL, 24mmol)のジクロロメタン溶液(30mL)を-78℃に冷却し、ジメチルスルホキシド(3.3mL, 21mmol)のジクロロメタン溶液(32mL)を滴下する。激しいガスの発生が見られる。5分後、アルコール(4.0g, 20mmol)のジクロロメタン溶液(26mL)を加え、-78℃で15分撹拌する。トリエチルアミン(14.0mL, 100mmol)を一度に加え、-78℃で10分間撹拌した後、徐々に室温に昇温させる。ジクロロメタンで希釈後、飽和塩化アンモニウム水溶液、食塩水(x2)で洗浄し、無水硫酸マグネシウムで乾燥する。濾過後溶媒をドラフト内で減圧留去(悪臭のため)し、フラッシュカラムクロマトグラフィ(石油エーテル/酢酸エチル=9/1)で精製。目的のアルデヒドを無色液体として得る(3.88g, 収率96%)。[3]

 

実験のコツ・テクニック

※溶媒は通常ジクロロメタンを用いる。THF・ジエチルエーテルも使用可能。
※特に精密さを必要としない限り、基質:塩化オキサリル:DMSO:トリエチルアミン=1:2:3:6 のモル比で行うのがスタンダード。
※ジメチルスルフィド由来の悪臭が問題なので、全ての操作はドラフト内で行うこと。使用後のガラス器具は次亜塩素酸水溶液(bleach)に浸すことで、悪臭を除くことが可能。

 

参考文献

[1] Smith, A. B., III; Wan, Z. J. J. Org. Chem. 200065, 3738. DOI: 10.1021/jo991958j

[2] Braish, T. F.; Saddler, J. C.; Fuchs, P. L. J. Org. Chem. 1988, 53, 3647. DOI: 10.1021/jo00251a001

[3] Taillier, C.; Gille, B.; Bellosta, V.; Cossy, J. J. Org. Chem. 2005, 70, 2097. DOI: 10.1021/jo048115z

 

関連反応

 

関連書籍

 

関連リンク

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane1,3-ジチアン 1,3-Dithiane   概要 1,3-ジチアンの2位メチレン水素は酸性度が高く(pKa31.1)、アルキルリチウムなどの強塩基を作用させることでアルキルアニオン種を生成させることができる。チオアセタールは脱保護によりカルボニルへと変換されるので、1,3-ジチアンはアシルアニオンの等価 […]
  • シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reactionシモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction   概要 CH2I2-Zn系を用いるオレフィンのシクロプロパン化反応。 […]
  • 付設展示会へ行こう!ーWiley編付設展示会へ行こう!ーWiley編  毎年数万人が集まる日本化学会年会、今年は第91回目で神奈川大学で行われます。学会賞の講演をはじめ、多くの特別講演や一般講演が行われ、今回学会デビュー!の方も多いのではないでしょうか。そんな中密かに楽しみなのが、ポスター会場で行われる付設展示会(ブース会場)。数多くの […]
  • 菅沢反応 Sugasawa Reaction菅沢反応 Sugasawa Reaction 概要 ニトリルを用いるアニリン誘導体のo-アシル化反応。アニリンを保護することなく行うことができる。 アニリンのFriedel-Craftsアシル化は、窒素原子がルイス酸に配位することで芳香環の電子密度が下がり進行しないことが知られている。本反応はルイス酸を二種類用いる […]
  • 不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction不斉ストレッカー反応 Asymmetric Strecker Reaction   概要 光学活性α-アミノ酸を得るための重要方法論の一つ。医薬品探索へと直接的に展開できるため、数ある不斉合成法の中でも格別に有用性が高い。 大別して、キラルなイミン(例えばEllman'sImineなど)を用いるジアステレオ選択的合成、不斉触媒を用いる触 […]
  • 薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling薗頭・萩原クロスカップリング Sonogashira-Hagihara Cross Coupling アルキン、ハロゲン化合物→アルキン 概要 ハロゲン化アリールまたはハロアルカンと、末端アルキンのクロスカップリング反応。触媒量のPd(0)+ヨウ化銅+アミンのコンビネーションが促進させる。 近年ではパラジウムや銅などがなくても進行する系が見いだされつつある。 基本文 […]
  • スティーヴンス転位 Stevens Rearrangementスティーヴンス転位 Stevens Rearrangement 窒素化合物 → 窒素化合物 概要 窒素に隣接した炭素原子に電子求引基をもつ第4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイリドを経て第3級アミンへの転位が起こる。硫黄(スルホニウム塩)でも類似の反応が起こりうる。 基本文献 Stevens, T. […]
  • シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagentシュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent 概要 Schwartz試薬(Cp2ZrHCl)は合成的有用性の高いヒドロメタル化試薬として知られている。 内部オレフィンはSchwartz試薬と反応して可逆的ヒドロジルコネーションを繰り返し、末端アルキルジルコニウムへと変換される。アルキンと反応して生成するアルケニ […]
  • ゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangementゾムレ・ハウザー転位 Sommelet-Hauser Rearrangement 窒素化合物→窒素化合物 概要 ベンジル置換4級アンモニウム塩を強塩基で処理すると、アンモニウムイリドを経由して、o-(3級アミノメチル)トルエンが得られる。Stevens転位と競争的に起こる。 基本文献 Sommelet, M. Compt. Rend. […]
  • サレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidationサレット・コリンズ酸化 Sarett-Collins Oxidation   概要 1953年、Sarettらは、無水クロム酸のピリジン溶液をアルコールの酸化に用いる方法を報告し、その後1968年にCollinsらが、赤色のCrO3・2Pyを結晶として単離し、ジクロロメタン中で反応を行う改良法を見いだした。 酸に不安定なアルデヒド […]
LINEで送る
Pocket

About Author

Hiro

Hiro

0 Comments

No Comments Yet!

There are no comments at the moment, do you want to add one?

Write a comment

Only registered users can comment.

キャンペーン

PR